日常生活・愛犬・漫画・ゲーム・小説・映画などハマリモノの紹介&感想

2020/06123456789101112131415161718192021222324252627282930312020/08

暁のヨナ休載時は遅れまくりな夕飯ネタを追加更新します






2020年1~3月です。
今回は全然なかった・・・




応天の門 12
IMG_6948.jpg



道真が少し成長してたような気がする・・・
体型的にも子供ぽさがなくなってきたというか?
藤原の魔の手が近づいてきて不穏が続いてます。

まだ政の表舞台には登場すらしないけど、ちょっとずつ・・・

史実では、藤原基経と道真ってかなり交流あるんですよね。
仲が悪いとも言い切れない部分がある。

道真の兄と接していた、基経の兄2人と違って、弟組は頭もキレるし、
状況も変化しているので、これからが楽しみなところ。
歩み寄っていくのか、このままつかず離れずなままか・・・


応天門の変は866年。作中ではあと何年あるんだ?
今は860年くらい??
どこまで描くんでしょうね~。


今回は謎解きメイン。








赤髪の白雪姫 22
IMG_6996.jpg


継続してました!

オビの単独表紙!!
胸がキュンキュンします。
いやー、かっこいい~。好きすぎて辛いです。
8巻の時より男前に見えます。

大好きなオビ&リュウのコンビに白雪の3人メインの新章で楽しすぎました。
しかし・・・髪を切ったリュウとオビが同じ黒髪&短髪で似てきた。
でもって新キャラも似たような人がいて、少し区別しづらい感じです。
絵のタッチも軽く薄くなってるので、なおさらなのかな・・・

研究室員としての肩書の仕事で訪れたはずが、宮廷薬剤師として利用されることに
憤りを感じる白雪と、それを理解するリュウの師弟コンビはやはりいいですね。

そして、何気に木々とヒサメもいい雰囲気になってて、婚約者というより、
理解あるパートナーみたいでした。
ヒサメが木々に一途なのがにじみ出てるせいかな~。
木々のミツヒデやオビに対する同僚として信頼する気持ちや、
ゼンへの忠誠や尊敬も、白雪を大事に思うことも、
全部まるっと含めて包み込んで支えてくれてる感じがした。
好感度かなりUPですよ。
木々が自分の手には入らないと思ってた時期はスネスネで偏屈で意地悪腹黒丸出しでしたからねぇ。
敵に回すと厄介だけど、味方となってくれた今は心強い限り。


ゼン&オビ&白雪の3人も好きなので、見られてよかった。

オビ、今回は役得な巻ですねー。
ホント、大好きだー!
次も楽しみなんだけど、半年後かー。






コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する