日常生活・愛犬・漫画・ゲーム・小説・映画などハマリモノの紹介&感想

2017/101234567891011121314151617181920212223242526272829302017/12

ハイペースで本が読めなくなった( 11/20)






今まで、「○○編」とかってあったと思うんだけど・・・
どこにも書いてない~。

ってことで、Vol.11です。

<ふしぎ遊戯ー玄武開伝ー/Vol.11>
ソルエンを亡くし、傷心のうえに、身体もボロボロの女宿。
彼を心配して、移動しようとした時、‘フィルカ’という女の子が現れ、
‘ナサルの森’に連れてこられる。
そこは、‘星護族(オド族)’と呼ばれる人達の隠れ家だった。

歓待を受ける虚宿、室宿、壁宿、多喜子。
女宿は養生するためフィルカの家へ。

女宿を心配する多喜子は、晩餐を抜け出し、女宿の元へ行くと、
フィルカに名を呼ばれ、自分を責めてる最中だった。
自分も母を亡くしたから分かるーーー
そう言って、抱きしめる多喜子。

一方、別行動していた、斗宿と牛宿は、生き残りの北甲国の民を見つける。
その中には、斗宿(エムタト)が幼少時を過ごした村の人達がいた。
‘玄武七星士’としての力を否まれ、汗族の災いと言われた昔・・・
去ろうとした斗宿を、かつて、ひどい仕打ちをした人達が呼びとめる。
そして、命を助けてくれたことに感謝し、昔の事を詫びるのだった。


心身ともに、なかなか快復しない女宿。
多喜子は、ソルエンの‘星還り’の儀式をしてくれるよう、
こっそりフィルカに頼む。
‘星を見よう’と無理矢理女宿を連れ出し、儀式を行ってもらい、
無事のソルエンを送り出す。


*****************

心は快復し、あとは身体の傷が癒えるのを待つだけになった女宿を心配し、
多喜子は台所を借り、手料理を運ぶ。
だが、そこにはフィルカがべったりくっついて介護していて、
ちょっと面白くない。

部屋から出てくると、虚宿が、斗宿達の様子を1人で見に行くという。
そばにいた族長は、テグとハーガスのことを知っているようなそぶりを見せる。


進軍していた倶東国の軍と戦闘になった斗宿と牛宿は、
紫義と緋鉛に押され、絶体絶命だった。
テグの歌が聞こえ、またしても、七星士の力が無効化されてしまい、
反撃に出ることが出来ない。
そこに、様子見に来た虚宿が黄竜に乗って現れ、2人を連れ去る。

仕留め損ねた紫義と緋鉛は、主君の元へ。
そこには、ハーガスも一緒におり、テムダン王から、
七星士に邪魔することなく行けるという‘風穴の地図’を渡される。


族長と向き合った多喜子は、なぜハーガスのことを知っているか訊ねる。
長年、王から‘巫女と七星士は不吉の象徴’という情報を聞かされてた民族の中で、
秘かに伝説を信じるものが集まり、ひとつの‘族’となった。
それが、テグとハーガスの生まれた‘ウルタイ族’だと。

2人の子供は、双子だったため母を難産で亡くし、
父も人喰い獣に襲われ、失ってしまう。
残されたテグは、ハーガスを抱きしめ、歌を歌っていた。
七星士の力に目覚め、ウルタイ族を守ってくれるようになったテグに感謝していたが、
皇族に見つかり、テグだけ連れ去られてしまう。
‘逆らえば弟を殺す’と言われ、離れ離れになった2人。
その後、ハーガスも姿を消してしまう。

テグを見つけられるのは巫女だけ。
そう聞かされた多喜子・・・その時、虚宿が斗宿達を連れて戻ってくる。

倶東軍は、‘哭きの谷’のような風穴の場所を把握してると知り、
その情報を流したのは、女宿の父であるテムダン。


斗宿も牛宿も・・・女宿もまだ養生しなくてはならない。
だけど、テグを探しに行かなくてはいけない。
そう思った多喜子は単独で特烏蘭へ向い始める。

ソルエンが最後に残してくれた‘トカの実’によって、
多喜子の居場所が分かるようになった女宿は、それを察し、
‘力’を使って、多喜子の元へ向う。

絆を確かめ合い、口付けを交わす2人・・・
そこに、ハーガス・紫義・緋鉛が現れてしまう。
まだ力を十分に使い切れない女宿。

だが、フィルカ率いる部隊が背後の森に現れ、弓を構える。
巫女と七星士の敵でいるテグのために、敵対するハーガス・・・




2話分、長っ(笑)。
フィルカは、女宿が好きっぽい素振りだったけど・・・
何か思惑があるのかな?とも思いますねぇ。

物語自体は劇的に進んでるわけじゃないから、
そんなに感想もないかな。
ってか、1年に4回の刊行で、玄武が終わるのはいつになるやら・・・?
以前、白虎まで書きたいみたいなことを作者が言ってたけど、
別の作品と同時進行じゃ、何年経つか分かりませんね。

作者自選の複製原画10枚セット:600円という全サありました。


7巻は発売中。
次回は、12/26です。
年末だ・・・書く時間あるかしら・・・?



巻頭についてた、‘翼宿のぼちぼち玄武調査書’が面白かったv

コメント
この記事へのコメント
>pepperさん
まいど!

個人的なツボは相当ありますね~。
イラストの好き嫌いは、内容以前に読むか読まないかという判断にもなるし。

著作権の問題もあると思うので、
密林さんからとか、どうでしょう?
でも今はYouTubeとかあるから、氾濫してるしなぁ・・・
2007/10/03(水) 11:29 | URL | 緑荻 #-[ 編集]
まいど!

>それが何かというのは内緒ですがv
うわぁ~、それが何か知りたくなりますよぉ☆個人的なツボがあるわけですね。

漫画のイラストとかって、表紙くらいですよね。著作権の関係なのかなぁ?そんな中、こんな事書いちゃいますがおいらのトコに好きなページをスキャンしてUPするのでまた見てくださいな☆

おい!ピータンは是非一度見てみます♪
2007/10/03(水) 06:01 | URL | pepper #mQop/nM.[ 編集]
>pepperさん
まいど!

ハンサム~な方の絵が分からず、密林で調べたけど、小さくて分からず・・・
ごめんなさい。

ここは、のだめやNANA、彩雲国(ライトノベル)辺りの検索が多いです。
無双系ももちろんありますけど(笑)。
のだめは前のブログからやってたけど、
ドラマ効果で増えましたね~。
MSNじゃなくFCだからってのもあるのかな?

漫画は、うーん・・・読みやすいコマ割、見やすいイラストが条件なんです。
誰、というのは特にないかな。
なので、人気あるけどイラストが苦手で読みが続かないとかもあるんですよ。
それが何かというのは内緒ですがv

のだめが連載中の‘Kiss’に掲載してる
「おいピータン!」という漫画が結構好きです。
イラストが綺麗とかじゃないんですが、
いいトコに目をつけてるな~って漫画で。
読みきりが多いので、機会があったらぜひv
男の人も読めると思います。

2007/10/02(火) 21:02 | URL | 緑荻 #-[ 編集]
まいど!

なるほど、漫画ネタがあると来訪者が増える傾向なんですね。勉強になります!!!

昔の漫画のイラストについてですが、個人的には吉住渉氏のイラストが好きですね~♪”ハンサムな彼女”に出てくる未央とかツボです(笑)緑萩さんはどんな感じのイラストが好きなんでしょうか?
2007/10/02(火) 19:32 | URL | pepper #mQop/nM.[ 編集]
>pepperさん
まいど!

うーん・・・漫画ネタが多いせいじゃないでしょうか~?
私生活とかボンズネタより、そっち目当ての方が多いみたいですv

昔の漫画って、イラストの古さを除けば、楽しいですよね!
イラストも流行りがあるから、ちょっと見づらいかなと思ったりもするんですが・・・
それがオタクなのか(笑)?
2007/10/02(火) 15:31 | URL | 緑荻 #-[ 編集]
まいどです☆

既に8万!?一ヶ月で1万HITとは凄くないですか?隠れた繁盛HPなのかな、ココ(笑)

真壁君は確か最初不良でしたよね?「あー、こういうタイプがもてるのか!」と思ったものですよ(爆)小学生だった頃の漫画って、今読み返してもメチャ面白い作品多いですよね♪あの頃は少女漫画は大好きです~
2007/10/01(月) 22:10 | URL | pepper #mQop/nM.[ 編集]
>pepperさん
こんにちは~。
いつの間にか8万も超えてた・・・
こんなオタブログに有難いことです。


ふしぎ遊戯は、数年前に玄武で再開してるので、
以前のとイラストも違います。
もちろん内容も。

ときめき~は小学校の時流行ましたねぇ。
真壁くんだっけ?好きでしたv
今読んだらどうなんだろう?
2007/10/01(月) 15:32 | URL | 緑荻 #-[ 編集]
緑萩さん、こんにちは☆

遅くなりましたが、7万HITおめでとーございます♪その中の100HITくらいはおいらかな(笑)

ふしぎ遊戯はここ最近全然読んでないので、話についていけないです(汗)最初の頃なら十分会話できるんですけどね・・・実は今、ヤフオクでときめきトゥナイト落とそうかな?なんて狙ってるんですよ。
2007/10/01(月) 12:50 | URL | pepper #mQop/nM.[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する