日常生活・愛犬・漫画・ゲーム・小説・映画などハマリモノの紹介&感想

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

老眼鏡作った。それでも眼精疲労がひどい( 9/20)






前回は1時間かけて打った記事が消えちゃって、
萎えまくり~だったので・・・

今回はきちんとコピペします(笑)。

でも、話は現代ばかりで、七星士の出番はほとんどなし。
ちょっと予想外な方向へいったので、
次回が楽しみでもあるんだけど、
ちょっと気持ちが薄れてきてしまったという事実もあったり・・・


<玄武開伝ーVol.13>

星士の言葉に傷つき、現代に戻ってきてしまった多喜子。
ちょうど本を読んでいた父親の前に姿を現す。
「本には二度と入らない」
きっぱり告げ、翌日の母の葬儀に備える。

葬儀が終わり、普通に学校へ通い始めた多喜子。
その頃、父親は四神天地書を燃やそうと火に入れるが、燃えない。
破ろうとしたが、弾き飛ばされてしまう。

学校の帰り道、多喜子は具合が悪くて座り込んでた所に話しかけられる。
それは、母親を看病してくれた医師の当時助手だった、
‘及川’という青年だった。

家で手を合わせる及川。
そこへ、母親の妹である叔母がやってきて、
‘例の話’のことをしようとする。
それは、及川が、多喜子をお嫁にほしいということだった。

一晩考え、話を受けることに決める。
送りがてら抱きしめられた多喜子は、
自分の知ってる腕(女宿の感触)とは違うことを痛感し、
思い出して泣いてしまう。
それを母のことを思い出して・・・と誤魔化し、
忘れようと努力をしなくちゃ、と思った時、
咳き込んでしまう。
その咳に混じって、出血・・・・



********

母と同じ肺病を患ったことを知り、及川は、
療養所に入ることを父親にすすめる。
治療も進んでおり、薬で症状も抑えられる。
つきっきりで看病する!という及川は、
多喜子への気持ちは変わらないと断言。


父親は、多喜子の元へ行き、ここを引き払うから、
療養所に入ろう、と言うが、
「母様がどうしようもなかったから、父様は四神天地書に
願いをかけようとした!
私が玄武を呼び出せたら願いが叶うのかしら」
と多喜子に言われ、ハッとする。

本を処分したと思い込んでる多喜子は、
それももう無理ーーと諦め、療養所に入ることに。

学校をやめ、帰りに、また血を吐いて、座り込んでしまう。
胸が苦しいーーー
木陰で休む多喜子に風が吹き、思わず、
「女宿ーうるきー」と叫んでしまう。
だが、目の前にいたのは及川。

「結婚できません」
好きな人がいて、遠くて一緒になることは出来なかった。
だけど、死ぬと思った時、必要とされなくても、
そばにいて欲しい人は1人だけーーー

薬を持ってきていた及川は、それを渡し、
ひとまず療養所へ行って、治してその人と幸せになってほしい、
と去っていく。


父、奥田は、山奥へ本を封印しに来ていた。
二度と多喜子を本に入れるわけにいかない。

車の中で、ばーやから、父親が本を抱えてた、ということを聞き、
慌てて家に戻る。
父親は、<大岩屋ー玄武洞ー>へ向ったと知り、追いかける。

本を埋める直前、多喜子は、本を手に取り、抱きしめる。
だが、本に入れば確実に多喜子が死ぬ、という結論に至った父親は、
何が何でも、本を封印しようと、水の中へ投げ入れてしまう。

北甲国は氷河期に入ろうとしているーー
<国が滅びる時、巫女が現れる>という意味ーーー
倶東国と争って、ではなく、大地が凍り付いて民が死ぬ。

本を追って水へ入ろうとする多喜子を、父親は、
多喜子を帰らせた七星士の気持ちを考えろ!と言って、止める。

父親が本を読んでいて知ってたこと、
それは、女宿が太一君から聞いたこと。

「巫女が神獣を呼び出す時、生贄となって食われる。
神通力を得て、3つ願いを叶える代わりに、巫女は死ぬ」

生きていてくれれば、憎まれたっていい。
その女宿の気持ち、わざと憎まれ口を叩いた他の七星士の気持ち。

初めてその意味を知った多喜子。

父親も、また愛しいわが子を死なせたくないあまり、
必死に向こうへ行く事を止める。

だが、多喜子の気持ちは、愛しい人達の命が大事、と言って、
また向こうへ行ってしまうのだった。




こっちで随分日にちが経ってるんだけど、あっちはもう何十年って
経ってるんじゃないのかしら??
現代で、母親が亡くなって、葬儀までの数時間が、
向こうでは、すごい日数になってたんですよねー。
その辺の時間軸をどうするか、ちょっと気になるんですけど!!
多喜子がこっちにいる間は、時間があまり変わってなかったことが
前にもあったんだけど、今回は数日単位(2日ぐらい?)だからなー。


次回は、6/26です。
新潟でも当日買えるのかな?






玄武開伝ー外伝小説<絆>」は、5月末発売らしい。
ソルエンとリムドの逃亡時の話みたいで、
20分のドラマCDつきでクライマックスを再現とのこと。
これは買うかビミョーだな~。


「絶対彼氏。」がドラマ化。
4/8(火)21時からフジテレビ系です。
キャストは・・・まぁ、いいんじゃないのかしら?
原作を超えるドラマはないと思ってるので、
見るか分からないですが。

ふしぎ遊戯 朱雀異聞/PS2」は、5/29発売。
こちらは買いません。



コメント
この記事へのコメント
>承認コメント
大変レスが遅くなってしまい、申し訳ありません。
承認コメントは、コメント欄(→)に反映されないので、
気付くのが遅れやすいのですが、
ここはあまりログインもしてなくて、
すっかり遅くなってしまいました。


巫女検定、やってないのです~。
引越し作業が忙しくて、あまりゆっくり満喫できてません。

多喜子、すごい愛情ですよね。
最後は死んじゃうんだと思うけど、
それまでは相思相愛で頑張ってほしいです。
2008/04/17(木) 17:10 | URL | 緑荻 #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/04/02(水) 14:42 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する