日常生活・愛犬・漫画・ゲーム・小説・映画などハマリモノの紹介&感想

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

まだ閑散期・・・( 8/19)






何だか今回はあまり紹介する部分がありません。

場面が大きく切り替わらなかった上に、
状況が変化することもなかったから・・・



<のだめカンタービレ/Lesson125>


所見のデュマ先生に‘病欠’と連絡し、学校を休むのだめ。
リュカからその事態を聞いた一同は、のだめを探すことに。

部屋にもいない。
千秋のトコかと電話しても、彼はイタリア。
学校を3日も休んでると聞いて、少し心配する千秋・・・

合間に、日本にいる峰や真澄、
そして実家にも連絡してみるが、誰も知らないことに、不安を隠せない。


一方、のだめは、ミルヒーと特訓していた。
その様子を眺めるエリーゼとオリバー。
「どっかで見たことない?」とのだめの事を気にするエリーゼ。

曲は、ショパン:ピアノ協奏曲 第一番ホ短調

所見で弾いてみた感想を求めると、「昔の恋」と言うのだめ。
ふとミルヒーは、学校で誰に教わってるのか聞いてみると、
「オクレール先生」」と返答され、衝撃を受ける。


オクレール先生にも、のだめ病欠でしばらく休むと情報が入る。
若干、心当たりがある様子だが、
だったらなぜ、ここに来ないのか、と不思議に思ってしまう。


ミルヒー、エリーゼ、のだめはプライベートジェットでロンドンへ。
73歳ミルヒーのオケメンバーに、
「3年寝かしたのだめ」を紹介する。

若いソリストにオケメンバーは、ちょっと動揺。
「弾けば分かる」
と、リハが始まる。

オケの音を聞いたのだめは、ミルヒーに、
「打ち合わせと違うけど・・・」と曲の雰囲気の変更を求め、
「はいはい」と素直に従うミルヒーだった。



短いですけど・・・・(苦笑)
本当にこんな感じだったので。

のだめ、結構真剣にオケに取り組んでますね。
みなに内緒にして、コンサートで一気にババーンと登場するつもりでしょうか。

千秋や他の面々の驚きの顔が浮かびますなー。

その前に、エリーゼから千秋に洩れそうな気もするけど。

大丈夫かな?のだめは。



次回は、8/9です。
また1ヶ月・・・しかもお盆休み入りの土曜日。
更新できるかちょっと微妙です。


10月から、フジテレビ系/夜24:45から、
アニメの巴里編が始まるらしい。



コメント
この記事へのコメント
>承認コメント
どうなっちゃうんでしょうね~。
のだめファンは、わりと、最終的に、
‘千秋とオケデビューで万々歳’を希望してる気がしますが、
ひょっとしたら相当難しいのかもしれないと思いました。
ミルヒーと先にデビューしそうだし・・・

‘最終的に’だから、千秋と一緒に舞台に立てればそれでOKだけど、
すれ違ってきてますもんね。

今後、楽しみでもあり、不安でもあったりします。
2008/07/13(日) 17:21 | URL | 緑荻 #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/07/12(土) 09:31 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する