日常生活・愛犬・漫画・ゲーム・小説・映画などハマリモノの紹介&感想

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

まだ閑散期・・・( 8/19)






NANA2の映画公開が12/9と近づいてるけど、まだ1も見てない・・・



本編の方は、‘悲劇へのクライマックス’らしいですよ。
ハチにとっての‘悲劇’は、ナナの失踪なのか、ブラストの崩壊なのか、ナナとレンの関係が途切れることなのか、それはよく分からないけど。
まぁ、タクミとの不仲じゃないよなー、今更だし?


<NANA/第64話>
ナナを心配して、部屋を訪れたノブ。
サーチの記事を黙々と読むナナに、いろいろと励ましの言葉を伝える。
みんなが自分を心配して大騒ぎしてるということが分かったナナは、思ってたより全然元気だった。

そこに、来訪を告げるベルが・・・
モニターに映った顔を見て驚くノブは、玄関ホールのドアを解除する。
勝手に通したノブに、怒るナナ。
だが、来訪者がハチだと知って、驚きを隠せない。
なぜなら、ハチは実家にいたはずだったから。
このために、わざわざ帰って来た・・・?

ドアから出ようとするノブに、「逃げるな」と声をかけるナナ。
ノブは逃げようとしてたのではなく、迎えに降りようとしてただけだった。

一方、応答の声がノブだったので、慌てるハチ。
ノーメークだし、服も適当だし・・・なんてことが頭をよぎるが、そんな事を気にしてる場合じゃない!と、玄関ドアの前に。
そこへノブが・・・久々の再会に思わず顔をそらしてしまう。
だが、ノブは、ハチの手を取り、「来てくれてよかった」と安堵する。
自分1人じゃどうしようも出来なかった・・・
ハチの荷物を持ち、そう言ってくれたノブの心に、ずっと重かったハチの心が軽くなったのだった。

ーー自分はやるべき事を間違えた
記事を潰すのではなく、ナナを支えるーーー

「このくらいのことでいちいち帰って来るな」
と嬉しさを誤魔化すナナに、ハチは、正月も一緒に過ごすし、レンが帰ってくるまでここで暮らす、という。

スタジオに向うヤス&シン。
タバコに逆に火をつけたりするヤスに、自分で行けばよかったのに、とシンはつぶやく。
レンとの友情が大事か?ミューに気を遣ってるのか?
そう問われたヤスは、レンとの関係はどうでもよくて、レン自身が大事だ、と返す。
「ナナにも美雨にも同じように思ってるし、誰に対してもそう。
関係性が重要なんじゃない」
そう聞いたシンは、レイラの‘人と人は信頼で結ばれてる’という言葉を思い出すのだった。


そこに明るく登場したナナ&ノブ&都筑。
あまりの明るさにビックリする2人。
都筑から、「ハチが駆けつけてくれた」と聞き、シンは納得してしまう。

買出しに出かけたハチは、お正月用の食材がたくさんあることに、胸をときめかせ、ブラストメンバーに御節を作ってあげよう!と思い立つ。
お重箱も買わなくちゃーvvと買い込んで部屋に戻り、ナナに呆れられてしまう。
そこにレンから国際電話が入る。

毎日ラブコールをもらえるナナを羨ましく思うハチ。
タクミの傍にいない時の自分の存在価値ってなんだろう?と考えてしまうのだった。


「サーチのおかげでハチと暮らせるようになって良かったな」
とレンに言われ、素直に嬉しいと喜ぶナナ。
記事のことを心配していたレンだが、ナナは気にしてないと言う。
「1番触れてほしくないとこを公けにされたのはイヤだけど、みんなの心配が分かるから頑張る」


電話を切ったレンは、レイラと公園にいた。
「ナナちゃん元気だった?」
と聞かれ、
「遠くの恋人より近くの他人?」
と意味深なことを言う。
「それなら遠くの親戚でしょ」とレイラに突っ込まれるが、いずれにしても名言、というレンに、同意するレイラ。

「なぜ今更スウェーデンに来たんだろう?」
その理由を知らないレンは、レイラに問いただす。
「シンちゃんが生まれ育った街を見てみたかった」
会わないって言ったのはレイラ自身。
もう何もしてあげられないけど、そうしてらもっと分かり合える気がして・・・
そう言って泣き崩れるレイラを優しく抱きとめるシン。


トラネスは毎年賞レースを辞退してるため、ブラストは年末大忙し。
ヤスはちょっと前に詩音に頼みごとがあると連絡していたのだが、移動中の車の中でその返信が届く。
‘上原家は呼び鈴を鳴らしても応答がなく、美里(異父妹)の携帯もつながらない’

部屋では、一生懸命御節を作るハチの姿があった・・・



‘ナナとハチが知り合った年が終わる’
書いてあって、まだ1年経ってなかったのか!とビックリした~。
長い時間軸での話っぽいけど、短期にいろんな事があったんだよねぇ。
<ハチ>
ナナと列車で知り合う→上京→章司との恋&破局→ノブとの恋→タクミとの3角関係→妊娠、タクミと婚約
<ナナ>
ハチと列車で知り合う→上京→レンと再会→レンとの恋→ブラストデビュー
ってか、1年未満でこれだけ起こるってあり得ないだろー(笑)!
激動すぎる・・・
ここまでで16-17巻。
もう終盤かな?と思ってたけど、まだまだ続くのかしら・・・


本編では、レンの「遠くの恋人より近くの他人」という言葉が気にかかかった。
1回目読んだ時には、自分のことかと思ったけど(ナナvsレイラ)、2回目は、ナナの事を言ってるのか~、と思い直した(ハチvs自分)。
どちらとも取れるので、まだ微妙な判断だけど。

ノブがすごく成長して、ハチと再会できたのは良かったな。
むしろ、ハチの方が後ろめたさもあるせいか、そのまま進めてなかった気がする。

タクミ派の私としては、今回も登場がなく・・・寂しい・・・


12/7には、コミックス4巻分の総集編‘NANA the First’が発売。
B5版、756P、720円。
NANA2撮り下ろしカラーページ、監督インタビュー、応募者全サ、など盛りだくさんらしい。


次回は、12/26です。
年の瀬だね~。
コメント
この記事へのコメント
>Margereatさん
それはうれしい言葉、ありがとう!
私はここのブログにいるので、いつでもあそびに来てくださいね。
2006/12/01(金) 08:32 | URL | 緑荻 #-[ 編集]
緑荻 さん
あなたと知り合いになるなんてほんとうりうれしいですわね。
友達になれたいと思っています。
2006/11/30(木) 15:07 | URL | Margereat #-[ 編集]
>Margereatさん
日本語、お上手ですから自信もって下さい!
桜蘭は掲載雑誌(LaLa)で読んでました。
ドラマCDなども多く出てるし、アニメも放映されてますね。

‘遙かなる時空の中で’を読んでたので、ついでに(笑)。
あとは、‘金色のコルダ’もアニメ化されてます。

彩雲はもう・・・アニメはもちろん小説も人気で、私も大好きです。

こちらでは、中国系ファンタジーは大人気です。
私もこれからたくさん読む予定でいます。
2006/11/27(月) 23:55 | URL | 緑荻 #-[ 編集]
ありがう ございます。
おはよう ございます。わたしは
日本語が 大好きです。でも あまり 上手では ありません。わたしも BLEACHと 彩雲国物語と 桜蘭高校ホスト部が 好きです。
2006/11/27(月) 17:48 | URL | margereat #-[ 編集]
>はいしーさん
おぉ~、それは仕事絡みで?
中国語って、漢字だから簡単かと思ったけど、難しいんだよね・・・
読むのはいいけど、絶対話せない(四声が無理)。
2006/11/26(日) 23:53 | URL | 緑荻 #-[ 編集]
そしてあたくしは
中国語検定の
監督官をしてきましたw
2006/11/26(日) 20:04 | URL | はいしー #-[ 編集]
>Margereatさん
こんにちは。
コメント有難うございます。

日本語、上手ですよー。
私は学生時代中国語選択してましたが、難しかったです。
中国の方にもNANAは人気ありますね。

また来て下さいv
謝謝v
2006/11/26(日) 14:10 | URL | 緑荻 #-[ 編集]
I like NANA too.
こんばんは。私は 中国人です。日本語は 難しいです。大学の学生です。よろしく お願いします。
2006/11/26(日) 00:11 | URL | Margereat #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する