日常生活・愛犬・漫画・ゲーム・小説・映画などハマリモノの紹介&感想

2020/0112345678910111213141516171819202122232425262728292020/03

月日が流れるのが早いような、ゆっくりのような日々(10/3)






前回は嵐の前の静けさだったみたい?

レンは本当に死んじゃったんでしょうか。
「重傷なだけで実は生きてた」
なんてオチがつく漫画じゃないとは思うんだけど・・・

レンが死んだことによって、ナナはブラストを離れ、
1人で生活していくことになるのかしら?



<NANA/第78話>

レンの車が建物に突っ込んだのを見た2人(菅原、三宅)。
警察に電話しようと菅原(女)が言うが、
追いかけてた自分達のせいにされてしまうと、三宅は言う。
そして、雪のせいで見失ったということに。

一方、倉田は、ナナの地元にいた。
編集長からレンがこっちに来たから自宅で張れ、と言われて、
レンタカーを借り、向う。
その途中、レンの車が事故をしてることに気付く。

タクミと自宅にいたハチ。
明日レンと一緒に大阪へ行くことになったと報告。
「レイラを連れ戻してもトラネスは終わり」
そういうタクミを励ますが、逆キレされてしまう。

そこへ成田社長から電話が鳴り、
レンの事故を知る。
そしてハチを連れて、最終便で向う準備を始める。
戸惑うハチ・・・

部屋でうたた寝してたノブは、爆音を聞く。
ステレオにディスクも入ってないのに、聞いた曲・・・
不思議に思ってると、シンがやってきて、
美雨とヤスと麻雀をしようと誘われ、雑談室へ。

ヤスの元へ、タクミから電話が・・・

ナナは公開ラジオの最中。
そばで銀平がヤスからの電話で事情を知る。
もう電車も最終便もない。

この後の予定を全てキャンセルし、ホテルに戻って、
マスコミに先越されないよう、TVもつけるな、と指示。
「ナナにはオレが言う」と。
ヤスはナナのいる大阪へ向うつもりでいた。

同じ車の中で、静かに涙を流すシン、
動揺を隠せないノブ、
冷静なヤスと美雨。


ナナは何も知らないまま、銀平に連れられ、ホテルへ向う。
ひょっとしたら、おせっかいなハチが、レンを連れ戻してくれてるんじゃないか
という淡い期待をしながら・・・





かなーり気になる展開ですね。
まだナナだけ知らされてないってのが何とも・・・
あ、レイラも知らなかったか。
今回登場してないので、次回知らされるんでしょうけど、
ナナとレイラと、2人はどう反応するのか、
その後どういう行動になるのか、
その辺も注目したいと思います。

すっかり冷めかかってたNANA熱ですけど、ちょっと再燃かな。




次回は、10/25(土)です。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する