日常生活・愛犬・漫画・ゲーム・小説・映画などハマリモノの紹介&感想

2017/101234567891011121314151617181920212223242526272829302017/12

ハイペースで本が読めなくなった( 11/20)






とうとう最終回を迎えました。

前回は何だか中途半端で終わりそうな気がして、
大丈夫か~?と思ってましたが、
やっぱり‘のだめ’らしい終わり方だった気がします。

本編の際にも思ったけど。
続きが書けそうな雰囲気のまま終わるんですよね~。



<のだめカンタービレ/AKT10>

「今度こそダメかも・・・」
初オペラを前に自信がない千秋。

そんな気持ちを知らず、観客達は千秋のオペラを楽しみにしていた。

魔笛ーーー

音楽もいいけど、演出もいい。
それがオペラ関係者の感想だった。

ここまでの序盤は何とかやり過ごしたが、
ここから失敗を繰り返した山場へ。

魔法の鈴、それは‘世界ののだめ’が奏でていた。
吹っ切れた千秋、どうせ守るものはないと勢い十分。
そこで菅沼の出番がくるが、見事に引き立ててみせるのであった。

その引き立て具合に周囲の歌い手もノリが良くなり、
小さな奇跡を起こして、無事終了する。


それぞれ活躍し、人生の分岐だったことに気付いた舞台。

飲み会が終わり、のだめは、千秋との初共演が夢みたいだったと話す。
大学の頃から、Sオケから、ずっとオケに入るのが夢だった、と。

「嬉しいから、これをおかずに1年ご飯を美味しく食べられる」
と言うのだめに、千秋は‘約束’と言ってハートの指輪を薬指に・・・

「このルビー、ベトナムに採りに行ったんですか?」(byエビ様)

2人仲良く帰路につくのであった。




えぇー?ってぐらい普通の終わり方でした(笑)。
結婚はなかったけど、婚約があったってことで、
番外編くらいは描かれる可能性大ですねぇ。

表紙が2人のキスシーンだったのが、印象的でした。

思えば、ずっと立ち読みしてたkissを、
千秋とのだめの初キスに動揺しまくって、
思わず買ってしまったのが、始まりで・・・
あの頃は、この2人がキスすること自体ビックリ衝撃映像だったので、
あまりに自然なキスシーンに、物語の流れを感じました。

そこからかれこれ、5年くらいかな・・・
(前ブログと合わせて、Lesson67くらいから感想書いてるらしい)


萌え度の浮き沈みが激しく、簡単更新も少なくなかったのですが、
今までこのブログに足を運んで下さり、
私の拙い感想&紹介文章をご愛読してくれた皆様に、心から感謝を!

現在、萌え作品がほとんどありません。
漫画で読んでるのは、薔薇嬢のキスZONE-00くらいで。
小説も新たに発掘しておらず、閑散期に突入してます。

新潟来て、レンタルコミックしてないせいなんだけどw


また、新しく好きな作品に会えたら、こういう紹介をするかもしれません。
その時また同じ作品が好きな方々と巡り合えますように。



のだめ最終巻は、12/13発売です。




通常ブログは継続しますよv
コメント
この記事へのコメント
>熊猫さん
こんにちは。
コメ&ご来訪有難うございますv

ここ1年くらいはかなり簡素な紹介で申し訳ないです。
コミックで‘面白さ’は楽しんでほしくて、
でも、先が気になる方へ‘あらすじ’をお伝えする、
というのはなかなか難しく勉強になりました。

これも読んで下さる方がいてこそ!でした。
有難うございました。

私のハマリモノを集めたブログなので、
ワンコ(ボンズ)はサブ的になってるんですが・・・
実生活は80%ワンコにかかりっきりですv
2010/08/25(水) 22:24 | URL | 緑荻 #-[ 編集]
こんにちは
ひそかにずっと「のだめ」レポ読ませていただいていました。
紹介の仕方がとっても上手なのでいつも楽しかったです。「のだめ」終わっちゃってつまらないですね。 
最後なのでお礼が言いたくてコメントさせていただきました。

今まで有難う御座いました! ブログにたまに登場するワンチャンも可愛いですね。
2010/08/25(水) 21:18 | URL | 熊猫 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する