日常生活・愛犬・漫画・ゲーム・小説・映画などハマリモノの紹介&感想

2017/06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/08

まだ閑散期・・・( 7/5)






新しく出た文庫を買って、彩雲が再燃~。


もう最終回を迎え、悲しいばかりで、
新たにハマったモノもなく、現在ハマってるモノもなく、
12月に買ったゲーム3本のうち1本、
‘無双OROCHI2’をせっせとプレイして過ごしてたけど・・・


新刊発売情報とともに、文庫の方を買って読んで、
おぉーって感じです。


どこが違うかと言われたら、大人向けっぽくなったというか・・・
挿絵がないせいかもしれないけど、薄い本に「あれ?」って感じなのに、
流れは変わらないし、大きな変化は見当たらない。


随所随所に加筆修正があって、読んだ印象はわりとすっきり、かな。

上手くまとめてあるというか、補足もきちんとあったりして、
んん?と思う部分が減ってる気がしました。



たとえば、3巻、黄金の約束の最後の方。
秀麗が妨害されながら宮城に向かう際、
町の人や柳晋に助けられながら入っていく辺り。

その後、柳晋がそのまま秀麗と一緒に城に入って、
役人に文句を言うシーンがありますが、
誰にもとがめられずここまで来れるのはおかしくない?
と思ってたんです。

官吏でもない一般人の子供が。

そこがきちんと納得いくように加筆されてたりして、
流れ的にスムーズになってた、というような感じで。

そういうのがあちこちあったイメージです。


はっきりと読み比べてないけど、
なかなか良い加筆修正だなと思いました。

ってことで、これからも文庫を買っていくことに決定!



同じ物語なのでムダかもしれないし、
雪乃先生の違う作品も読んでみたいから、
彩雲だけにとらわれて欲しくないんですけどね~。

当分、加筆修正で新作出さないーとかありえそうだし、
彩雲で一財産築いてのんびりペースも可能っぽいし。


彩雲激ラブな私ですが、今度の新刊が本当に最後、となると、
やっぱり次は新作か?と期待したくなっちゃうわけです。



それまでは文庫でしのいでいこうと・・・




新刊は、ネットで予約しました。
たとえ遅く届いても、最後の彩雲を読み終わっちゃうのが
もったいないような気もするので、我慢します。

早く届いたら届いたで嬉々として読んでるだろうけどw



本当に楽しみですね~。
発売まではテンション上がりっぱなしかもしれない。


なので、何十回読んだか分からない既刊を読み直して、
気持ちを静めつつ、また感動したりして過ごします。







コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する