日常生活・愛犬・漫画・ゲーム・小説・映画などハマリモノの紹介&感想

2017/04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/06

漫画や小説の中で一番の好みが燕青、次がウォル、次が尚隆!全員同じ!?( 5/8)






やれば出来る男(たぶん)テジュン様!

なかなかいい成長っぷりです。

登場当初はダメダメ次男でしたが、
ヨナと再会して少しずつ良い方に感化されてますね。



<第56話 火で火は消えぬ>

村に迫る兵、威嚇射撃の一斉火矢が打たれる中、
テジュンは兵を止めに火矢の中を走り出す。

火傷を負いながらも、狼煙は間違って上げてしまい、
賊は村にいなかったと説明し、無事に兵を撤退させる。

もうヨナと会うことはない。
捕まえることも出来ない。
と心の中でヨナに別れを告げるテジュン。

しかし、城に戻ってもヨナに会いたい気持ちは募るばかり。
豪華な食事の際、村に食料がなかったことを思い出し、
ヨナが少し痩せてたことに気づく。

その場でせっせと食事を詰め込むのを見た下官の疑問に、
「また偵察に行く際に持って行こうと」と苦し紛れの嘘をつく。


重箱に食事を詰めてもらい、また村に単独で来たテジュンは、
ヨナに渡してすぐ去ろう、少し会うだけ、とコソコソ隠れるが、
ハクに見つかってしまう。

持ってきた重箱の中身をキジャに食べさせ(毒味w)、
中身が無事なことを確かめると、ヨナに渡す。

その場にいたテジュンはヨナから笑いかけられ、感謝され、
喜ぶが、すぐに村人に与えてしまい、ガックリしてしまう。

ヨナの身体を気遣うテジュン。
だが、ヨナは
「贅沢なら一生分小さい頃にした。あの頃捨てたものや贅沢してたものを
今ここへ持ってこれたら・・・・平等な国になったのかなと思う。
そんな簡単じゃないことも分かるようになったけど」と
つぶやくように言う。


子供が自分の親への食べ物をほしがるが、もう何も持ってないテジュンは、
とりあえず手持ちの水を渡し、また明日持ってくると言ってしまう。

自分は誇りあり火の将軍の次男であり、人間の価値も違うのに、
何を言ってしまってるんだ?と自問するが、
村人と隔てなく接し、貧しくても賊のような身分でも、
生き生きとしているヨナを見て・・・


そして、テジュンは、城へ戻っても、お腹を空かせたまま、
フクチに「食料がなくなってる」とチクリ言われても、
こっそりと村へ食料を運ぶ日々を過ごしているのであった。


「私は何をやってるんだ?」byテジュン




やれば出来る男にはまだほど遠いですけど、ちょっとずつ進化してます。
副官のフクチは分かってそうな気がする・・・
(ヤツは出来る男だもんな。地味だけど)

テジュンのやってることがバレて~、とか、
テジュンがどうやって公に村を助けられるようになるか~とか、
今後はその辺りでしょうか。


当分は火の部族ですね。




さてコミックス9巻は7月20日発売で、かつ、ドラマCDがつく新装版もあるみたいです。

どうするよ、私・・・
アニメ系音源は、遙かなる時空の中での頃にハマり、足を洗い、
彩雲国でも集めることはしなかったんだけど・・・

ヨナのドラマCDねぇ~、どうしよう・・・

5巻付近で四龍はキジャ、シンアしか登場しないみたい。

うーん・・・もうちょい考えるか。



次回は1回休みみたいで、6月20日です。



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する