日常生活・愛犬・漫画・ゲーム・小説・映画などハマリモノの紹介&感想

2017/101234567891011121314151617181920212223242526272829302017/12

ハイペースで本が読めなくなった( 11/20)






今度は自分で買った漫画紹介と継続漫画近況です。

本棚が・・・置く場所が・・・ヤバいーー。



まずお断りをしておきます。
私はBL(ボーイズラブ/男×男)が苦手です。

人の恋愛や好みはそれぞれだし、それをどうこう思った事はないのですが、
自分自身としては、なぜか小説や漫画のBL作品がかなり苦手です。

差別や偏見ではなく、‘好み’の問題ですからご了承下さい。






闇の末裔
CIMG3043.jpg


8年ぶりに新刊が発売ってことで、(2年前の話だけど)
再開されたのかな?と思い、
これを機会に読んでみることにした。

中古で買う前に、ネットで情報を仕入れ、ある程度理解してたけど・・・

うーん、残念でした。



冥府にある死者の生前の罪業を裁く機関「十王庁」。
そこに所属する職員は、「死神」と呼ばれ、召喚課に所属する昼行灯都筑麻斗は、
新パートナーである黒崎密と九州地区を担当していた。
都筑を付け狙う外科医邑輝一貴の起こす数々の事件で、
次々と都筑や密の生前の事が明らかになっていく。




BLっぽい雰囲気満載で、そのものの描写も少しあります。
それはまぁ、許容範囲というか、あからさまにそっち方面でもないので、
どうにか読めたんですけどね~。
事件も多いし、キャラも(BLを気にしなければ)ぞれぞれ個性があったし。

ただ、最新刊(しつこいけど2年前)のイラストが前のと違いすぎてびっくりした。
ずっと続けて読んだので、12巻目で「誰これ?」みたいな変化っぷり。

同じキャラとは思えませんでした。


前に紹介した「花咲ける青少年」も久しぶりの再開で、
作者さんが「自分の絵も変わってたけど、なるべく違和感ないように描いて苦労した」
みたいなことを言われてましたが、そういう‘努力’は全く見当たらず、
もはや内容だけ同じだけど別作品って状態になってましたよ。


これはファンじゃなくても賛否両論ありそう。

ってことで、断念・・・







八犬伝ー東方八犬異聞ー
CIMG3046.jpg



こちらも、連載雑誌がBLそのもので戦々恐々だった。
だって、新品で大人買いしたのは超久しぶりだったんだもーん。
しかもこの作者さんの別作品は全部BLばかり。

ダメだったら即ヤフオク行きだな・・・と思ってました。


里見八犬伝をモチーフにした作品で、来年アニメ化です。



5年前、突然広まった謎の疫病が、他の村々に飛び火するのを防ぐ為に焼き尽くされた大塚村。
その生き残りである信乃、荘介、浜路の三人は村はずれの教会で保護され、静かに暮らしていた。
村の焼失事件以来、信乃と荘介には特殊な能力が備わり、
その噂を聞きつけた教会本部の画策により、浜路が攫われる。




登場人物の名前などは原作通りですが、さらにファンタジー要素が追加されてます。
四家と言われる‘獣付き’の里見(犬神/八房)、尾崎(五狐)、観月(蛇神/ちかげ)、
緋ノ塚(猫神/楓)が、教会の重要人物の監視下にあり、司祭として存在。


さらに、八犬士である8人も‘人’でありながら‘人’ではなく、
‘妖ーあやかしー’と共にこの世に存在していること。




いやー、すごく面白かったですw
心配してたBL要素は99%と言っていいほどほとんどなく、
男性キャラ(しかも全員カッコいい)がたくさん。
もちろん女性も出てきます。

個性派揃いでとてもいいし、シリアスとギャグと織り交ざり上手でした。
読みやすいし、何といってもイラストが超綺麗だ。


犬好き、動物好きにもたまらない描写があります。


詳細はwikiって下さいねー。



好きなのはやっぱり信乃、と言いたいけど、見た目13歳(中身18歳)だから、
「こんな息子がいたら可愛いわね~」世代なので、
現八と里見莉芳ということでw

マイペースなのに面倒見良くちょっと天然な里見莉芳はいい性格だよなー。
やっぱりこの方が王道路線なんだろうか。

脇役好きのはずなんだが。
あ、一応主役ではなく脇役か?


苦手だけど、莉芳×信乃、がいいと思います!
お世話する兄と甘ったれ弟みたいな感じでw


作品の中で気持ち悪いと評判の‘メグ’も私は好きですw


11巻ではやっと8人揃ったところ。
玉のこと、伏姫のこと、荘介と蒼の未来(<蒼ーあおー>も<蒼ーそうー>と読ませる気かな?)、
信乃と里見莉芳の関係、などなど
まだ謎も多く、話の先は長そうですね。


こちらは、ずっと冬水社から発売されてたみたいですが、
角川に移動し、そこの雑誌で連載再開中です。
(気になるけどBL雑誌で買えないから切り抜き購入中)

なので、新しく買うなら、今後も発売される角川版の方が揃ってて良いかと。

(オークションでは冬水社版は安く手に入れられますが、
角川版は書き下ろしがあるみたいです。
旧本と比べてないからよく理解してなくてすみません)


この作品、<0,5>っていうのがあるんです。
3~5ページ前後の小話みたいな感じで。

<10,5話>とか<22,5話>とか途中にいくつかあって、
それもなかなか良いんです。
本編とは関係ない日常的なことが描かれてることが多いんですが、
外伝より大げさじゃなくて、すごく楽しい。



この方がBLじゃない作品を描いてたら、他のも読みたかった・・・
残念・・・



ってことでこれは継続買いします。







女王の花(8/24 6巻発売)は残念でした。
内容はとても良いのですが、イラストの崩れが気になりすぎて脱落しました。

メンズ校そんなんじゃねえよは、全く気にならなかったし、
綺麗な絵のままだったのに、どうしてこの作品は1巻から崩れたりしてたんだろう?

6巻は崩れたというより絵質が変化してきたのかもしれないけど、
手抜き、地味、に見えてしまいました。





風光るを知って、ガッツリ買っちゃってるし、これが現在の優先順位1位なんだな。
暁のヨナも大好きなので、そのまま買っていきます。

また漫画が増えたわ・・・連載中が3作品。
他にも、同じく連載中ので気になってるのがまだ2作品あるし。

どうしましょうね・・・削らないと~。




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する