日常生活・愛犬・漫画・ゲーム・小説・映画などハマリモノの紹介&感想

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

また閑散期・・・( 6/5)






またしてもお借りした作品です。

どんだけ貸し借りしちゃってるん?って話ですが・・・

漫画喫茶とか縁がない私にはありがたいことです。


3作品借りたのですが、うち1作品は気に入って買ったので、
別に紹介しようかな、と。

感想長いしw



おいらんガール
CIMG3077_20120720182610.jpg



江戸時代、商家の娘に生まれたにも関わらず、火事で貧しくなり、
吉原へ売りに出された主人公、椿。

昔、家にいた奉公人の男の子に振られたことがあり、
吉原で頂点になり、見返してやろうと復讐に燃えているが、
その前に立ちはだかる花魁頂点‘鷹尾’になぜか目をつけられてて・・・





商家の娘じゃないよw
元気はつらつで裏表なし、正義感あふれる強い女の子です。
良家のお嬢さんってタイプではない。

生まれはあれでも、育ちや環境って大事なんだなっていうか・・・?

嫌味もなくて可愛いので応援したくなるような感じ。
あまり書くとネタバレになりまくるんだけど・・・

反転するか。

↓反転開始
鷹尾が奉公人だった‘真’という男の子だったんですよね。
それに気づいてから、椿と鷹尾、の時は花魁と女郎で鷹尾が強いけど、
椿と真、という主従に戻る時があって、それがなかなかぐっときます。

お互いに好きなのに、身分差やその他いろんな問題があってね~。

椿も商家の娘じゃなかったりして、おぉーって状態。

↑反転終了



今、連載の途中で先が超気になってしょうがないんです。






百鬼夜行抄
CIMG3076.jpg



飯嶋律は、祖父より、
‘普通の人間には見えない妖魔を見る力’を受け継いだ。
それは、他のいとこなどにも多少遺伝しており、
飯嶋家を中心に、妖怪、幽霊などにまつわる作品。



続きものじゃなく、基本的には単独の話が多いです。
ただ、よくこんなネタがあるなーってぐらい、
いろいろな幽霊、妖怪話があって、
人間もたくさん登場するので、登場人物を覚えるのは大変。

主流の飯嶋家だけなら大丈夫だけど、それも結構な人数です。


でも、最近、こういう種類に凝ってるからとても楽しく面白かった。
重すぎず、軽すぎず・・・美絵ですね。

ちょっと分かりづらい部分もあったけどw





コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する