日常生活・愛犬・漫画・ゲーム・小説・映画などハマリモノの紹介&感想

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

まだ閑散期・・・( 8/19)






日々生活してて、一生に一度かも?と思うことがある。

私が経験したことで今まで1回しか遭遇してないことを挙げると・・・

・東京に住んでた時、結婚して1~2年の頃、
滅多に行かない新宿で、あの人が多いトコで、前彼に会った

・空き巣に入られた

・車上荒らしにあった

・割った卵から青黒いひよこが死んだまま出てきた
(しばらくトラウマ)


このくらいだけど、空き巣はダンナ様は人生で2度目なので、
一生に1度ではない。

宝くじに当たるとか、良いことなら何度でもいいけど、
悪いことはなるべく遭遇したくない。
そして、遭遇する人としない人がいるので、
人によって、この‘一生に一度’は違う。


こないだ、また経験した。


事情があって話せないけど、ある映画を見に行った。
前売り券をもらってて、‘行かなくちゃいけない’映画だった。

あまり乗り気じゃなかったけど、やってる時間を確認し、
ダンナ様と出かけた。


前売り券を持ってるから、カウンターで席を取らなくちゃいけない。

ひょっとして・・・と思い、聞いてみたら、お客さんが誰もいないとのこと。
私達以外に。


観客がいない映画は上映30分くらいで切られるそうだ。
(節電)


私とダンナ様2人が客になってしまったので、それはなくなり、
映画館のド真ん中に2席取ってもらった。


このまま誰も来なかったら、まさかの映画館貸切!!


案の定誰も来なくて、本当に2人きりで映画を見た。


真ん中にポップコーン置いて、両脇に私とダンナ様が座り、
しゃべりながら、食べながら、私なんてビール飲みながら、
家で見るような状態で、最後まで見終わった。




うちは、レイトで見ることが多く、地方という地域のせいか、
ある程度人気ある作品でも、日が過ぎればかなり空いてて、
10人以下っていうのもあったし、激混みにはなったことがない。

東京いた時は、わりといつでも混んでることが多かったので、
こういうのは地方の良さの1つだと思ってる。




にしても、2人きりとはね~。
人気なさそうなやつなんだけど、予想してたとは言え、
現実にそうだと、やっぱりびっくりだったわ・・・





いい記念w




***余談***
大学を卒業して1年半。
当初就職してた会社は辞めて違う職についていた。

仕事内容もそうだが、人間関係に疲れ果て、
肌はボロボロ、身体も不調気味で、人生最悪期にいた。

2年半付き合ってた彼とは喧嘩が絶えなかったが、何となく続いていたし、
ダラダラ月日を過ごし、適齢期になったら結婚するのかな、くらいの気持ちだった。

それにしても、明るい未来が見えない。
恋愛も仕事も何だか面倒で投げ出す直前にいた時・・・


仕事帰りの電車に乗った。
混んでるってほどでもなかったが、乗ったドアの目の前に、
背を向けて吊革を掴んでる男がいた。

混んでないからそこにいても邪魔になるわけじゃない。
けど、空いてるスペースがあるんだからそっちにいてもいいのに、
と思考能力が0に近かった私は思った。

「お尻の小さい男だなー。痩せてるなー。」
第一印象がそれだった。
(顔は見えないため)

降りる駅近くになったので少し前に進むと、背を向けてた男が、
スッと横によけてくれた。
そのまま進み、男の横に立つ。

「あれ?○○大学の人じゃないですか?」

お尻の小さい男が話しかけてきて、初めて顔を見た。

どっかで・・・・?

学生時代、私と仲の良い男友達や女友達を通して、
名前をよく耳にしたことがある人だった。

話したことはあるかないか分からないくらいの‘知り合い’。


その男は私が降りる駅で一緒に降りた。

普段は会社の寮住まいだが、週末で実家に帰るためにこの路線に乗ったという。

学科は違うが、共通の友達がことごとく重なってたため、
ベンチに座って、それぞれ近況を話したり、お互いの友達について話した。

学生時代、‘高校時代から付き合ってる超綺麗な彼女がいる’と噂されてた彼に、
「長年付き合ってた彼女はどうしたの?」と聞いたら半年前に別れたと言う。

大して興味もないくせに聞いてみたのは、私の当初の彼が嫉妬深くて、
帰宅時間が遅いと何かと疑う気配があるので、早く帰りたかったためだ。
「○○(私の名前)は?」と聞かれ、
「うるさい彼氏がいるから早く帰らないと」と言い、
お互いの友人を交えて会おうということで連絡先を交換して別れた。


その数日後、電話がきて、会う事になり・・・


好みのタイプじゃなかったし、浮気出来ない性分の私は、
他の男が眼中になかったため、長らく‘再会して仲良くなった友達’だった。




それが今のダンナ様で結婚生活はもうすぐ15年。
一生に一度の‘ご縁’だったな、と思うわけである。



あれがなければ、今の私はいないもんなー。





余談の方が長くなっちゃったw





コメント
この記事へのコメント
>きりままさん
車上荒らし、空き巣なんかの嫌な事は一生に一度でも勘弁ですよね。
ひよこ入り卵は衝撃的すぎな事件でした。
怖かったー。
この3つは遭遇しない人の方が多いと思われ・・・

そうなんです、千代田線で週末で、
同じ車両の同じドアって、すごい確率だなーと。

その確率でロト6にも当たればいいのに、と思わずにいられないw
株がこんなんだから尚更・・・
2012/09/06(木) 08:39 | URL | 緑荻 #-[ 編集]
緑荻さんの経験した一生に一度で私も経験したのは車上荒らしだけかな?
ひよこ入り卵は絶対経験したくないww

旦那さんとの再会エピソード。
都内のダイヤを考えたら、同じ電車の同じ車両に乗るのも運命的だわね~
2012/09/06(木) 01:18 | URL | きりまま #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する