日常生活・愛犬・漫画・ゲーム・小説・映画などハマリモノの紹介&感想

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

まだ閑散期・・・( 8/19)






今、読んでる本に‘宿曜’が出てきたので、気になって自分のを調べてみた。
(数年前に‘ふしぎ遊戯’で初めて知ったけど、改めて調べると面白そうだったから)


<西洋占星術の12星座占いが、太陽の位置で人の表面的な性格、能力、社会性を観るのに対し、
 宿曜占星術は、月の位置で人の内面的でより感情的な性格、能力、社会性を観ます。
 個人的な運勢よりも相性(人間関係・対人関係)の鑑定で威力を発揮する占いです。>


通常は、27宿。牛宿を入れて28宿という説もあるけど、今は27宿が普通らしい。
インドから伝わったとされる。


觜宿(ししゅく)
★(牛宮二足・夫婦宮二足)オリオン座に属し、西方を守護す、星象は鹿頭。

 この宿に生まれし人、弁舌巧みにしてタフ。物欲が強く、欲望に正直。
 性格は独善的でアクが強い人がいる一方で、慎み深く、礼儀正しい道徳家もいる。
 おしゃべりでいろいろな事に口をはさむタイプと普段は無口で無愛想なタイプがあります。
 どちらのタイプも話しだすと弁が立ち、言葉に説得力と魅力があります。
 転んでもただでは起きないというねばりがあり、最後には目的を貫徹する。
 高学歴の人が多く、知的で理論派ですが、なかには悪知恵ばかりが発達した、
 物欲のかたまりのような人もいます。
 独善的でエネルギッシュ、口論も得意ですが、血を見るような争いは大嫌いで、意外と臆病です。
 事を運ぶのも慎重そのもので、用心深く、すべて計算づくで事を運びます。
 力押しは苦手で、口では大きなことを言いながら、いざ実戦となると、
 すぐに人の後ろに隠れてしまう。
 悪運の強い星で、たいして善意から行なった事でもないのに必要以上に評価されたり、
 見え見えの小細工がツボにはまって大成果、という事が多い。
 理論派だが、理屈っぽくてガメつい一面があり、悪知恵が発達すると、独善的な拝金主義になり、
 人間関係や信用などに頓着なく稼ぎまくります。

★「房宿」と共に27宿中、随一の”金持ち星”
 「房宿」が力で財をかき集めるのと対照的に、この宿星は弁舌と説得力、智恵で財を集めます。
 現場よりも、経営会議の場で実力を発揮する。
 何事にも慎重で、決断するまでに時間がかかり、スピードを求められる仕事には向きません。
 觜宿には宗教性があり、まれに宗教を興して教祖におさまりますが、宗教を金儲けの手段にしがち。
 好奇心が旺盛で、流行や人々の嗜好の変化を敏感に感じ取ります。
◎適職
 金銭感覚が鋭く、計数に明るい。芸術的天分や政経の才にも恵まれています。
 人に使われるよりも一国一城の主として独立する方が有利です。
 親の家業を継いだ場合、財は増やすが親の代が築いた信用などには頓着しない。
 芸術や計数に関係する仕事が最適。
 作家・評論家・学者・教師・税理士・計理士・実業家・医師、司法関係の仕事も良い。

◎スティタス
集中力 ★★★★★ 真面目さ ★★★
決断力 ★★ 浮気度 ★★★
統率力 ★★★★ タレント性 ★★★
蓄財力 ★★★★★ 陽気さ ★★★
行動力 ★★★★★ 知的度 ★★★★

★女主人星
 女性は考え方や感覚が生来ドライで人間関係にも淡白、なかなか他人と打ち解けない。
 好きな相手に素振りも見せないところがあり、相手が自分に関心が無いと思って去っていく。
 物欲が強く、結婚しても家計をしっかり切りまわす良妻賢母になります。ただし、嫉妬深く、
 夫の女性関係に敏感すぎて、必要のない小競り合いを起こしがち。
 嫉妬の対象は夫の家族にも及ぶ事が多く、夫の母親や姉・妹にも敵意を抱きがち。
 しかし、いずれも根の深いものではなく、もともと自分に自信のある方なので、すぐ優位に
 立った気になり、表面上はうまく事が運ぶ。
 うっかり男を甘く見て騙されたり、男に尽くしすぎて失敗するケースもある。
 男性は何事も石橋を叩いて渡る慎重派。決断するまで時間がかかるので、相手をイライラさせがち。
 恋愛・結婚も常に損得を計算し秤にかけています。家庭を危機に陥れるような冒険はしません。
 古風で道徳家、ドライな付きあいはできません。


★とかく尊大になって敵をつくりやすい。
 人情味がないわけではないが、「世の中、金がすべて」という感じが鼻につき、仲間はずれになる。
 自信過剰で、他人をすべて自分の尺度で計り、見透かした気になって小馬鹿にした態度を
 とりやすい、ユーモアのセンスもないので謙虚にならないと敬遠される事になります。
 水難の相がある。飲酒は運を破るので慎む事。


他のトコでも調べてみたけど、どれもやっぱり似たようなことが書いてある。
・・・全然金持ちじゃないんですけどー??

気になったのが‘水難’
‘酒に注意’というのも、共通して書かれていた。



で・・・恐かったのが、ダンナ様との相性!!


ダンナ様の宿曜は<心宿>
危成の遠距離:偶然のきっかけでめぐり合う
<異性の場合>異質な者同士の友人星ですが、縁の生じにくい相手です。
たまたま、ふとした事で出会い、そこから友情や愛情が芽生え、
結婚する事もありますが、二度目、三度目はありません。


・・・マジで当たってた!!
ってか、当たりすぎてて恐かった・・((((;゚Д゚)))・・

私とダンナ様は学生時代の‘知り合い’。
友人はたくさん重なってたけど、学生時代に一緒に遊んだり会話したりすることはなく、お互いの存在を知ってる、という程度。
(友達の友達ってぐらいかな)
社会人2年目、私が乗った電車に、痩せた男が背を向けて乗っていて、2駅先で降りる際、前に立ちはだかって「邪魔だなー」なんて思ってた。
その男が、私の降りる気配を感じ、横に逸れてくれたので、前に進み、横に並んだら・・・
「あれ?○○○大学の人じゃないですか?」
と話しかけてきたのだった。それがダンナ様。
ダンナ様の性格上、そういう風に話しかけることは滅多にないと分かったのが、付き合い始めてから・・・・

觜宿と心宿の組み合わせ夫婦がいたら、みんなそんな感じで出会ったのだろうか・・・


興味があったらやってみてください~。

宿
宿曜経
宿曜占星術
(相性編はココ)
コメント
この記事へのコメント
>pepperさん
まいど!

ナンパチックですよねぇ(笑)。
だけど、そうやって声をかける人ではないので純粋に「あれ?」と思って声に出ちゃったような状況みたいです。
時間が止まって・・・なんてとんでもない!
普通でしたよ(苦笑)。

運命の人がどこにいるか・・・かぁ~。
分かったら、世の中の方は苦労せずに済むんでしょうけど・・・
案外身近にいたりして?
2007/01/12(金) 09:06 | URL | 緑荻 #-[ 編集]
まいど!!!

ダンナさんとのなれそめ話だ♪なんだかナンパチックに感じながらも、そうではなく・・・まさに運命の出会い!!!って空気が伝わってきますね☆やっぱ、一瞬時間が止まって見えたりしたのでしょうか?

>觜宿と心宿の組み合わせ夫婦がいたら、みんなそんな感じで出会ったのだろうか・・・

運命の人が今どこに居るかを確実かつ正確に言い当てる占いないでしょうか(爆)
2007/01/12(金) 07:14 | URL | pepper #mQop/nM.[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する