日常生活・愛犬・漫画・ゲーム・小説・映画などハマリモノの紹介&感想

2017/06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/08

まだ閑散期・・・( 7/5)






何だか妙な方向性になってる気がします。

普通の恋愛モノには全く興味がないせいか、
ハマっていくものがマニアックな感じになってるような?


気のせいだったらいいんだけど・・・



艶漢/尚月地著
CIMG3221_20121012223558.jpg



びっくりな画力でした・・・

今まで読んだ中では、一番(いろんな意味で幅広く)濃い漫画は、
ZONE-00/九条キヨ著だと思ってたんですが、超えてました。

同じような雰囲気なんだけど、こっちの方が(いろんな意味で幅広く)濃度が高いです。




ユルい着流しにノーフン(フンドシしてないってことダ)がちな妖艶系ぼんやり傘職人・詩郎と、
だらしない人がぜんぜんゆるせない熱血正義漢(妹萌え)な巡査殿・光路郎が、
世界の果てのまぼろしみたいな裏町でエログロ猟奇な事件に巻き込まれる!




すごーく好みが分かれそうな作品です。
そういう意味でも、ZONE-00と同じ世界っていうか・・・

イラストは文句なく綺麗で艶やかで繊細なんだけど、恋愛モノではないし、
(これって微妙なBL風味なのかしら・・・?)
訳アリ詩郎や光路郎が激強いけど、アクションモノではないし、
妙な事件に巻き込まれてるけど、推理モノでもないし。

ノスタルジックでファンタジーちょっぴりの世界観が似てる。


私は好きってことですw



ただ、絵が綺麗なだけに、わざと崩して書いてるのは愛嬌としても、
キャラが分からないくらい崩すのはどうなの?っていう所はある。

キャラがやたら反背に描かれてるのもちょっと残念かな。

それを差し引いても、テンポも良いし、‘事件’も発想がすごいし、
あれぐらいのアクションでも問題ないっていうか、
登場人物設定も細かいみたいで、とても丁寧に作られて描かれてて、
面白く読めました。



ホント、こんな絵が描ける人がいるんだ~ってくらい繊細です。
エロもグロも全く気にならない。

激綺麗な女の子を描いてたかと思ったら、梅図さん風になったり、
どっかの落書きみたいなのになったりと、いろんな画風を見られるけど、
根底に‘超美絵’っていうのがあるから、そこも問題なしです。


ずーっと丁寧なままだといいですけどね・・・?



継続買い決定。
でも1年に1回しか発売されてない・・・?


ってかこの作者さん、女性か男性か分からないままだわ・・・


そして偶然だったけど、こないだ買った大柳国華伝の表紙&挿絵の仕事もされてた!

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する