日常生活・愛犬・漫画・ゲーム・小説・映画などハマリモノの紹介&感想

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

老眼鏡作った。それでも眼精疲労がひどい( 9/20)






恋愛漫画ブーム最中です。
今度は、実写化予定作品です。
ってかまた完結してねーー。



そういうのばかり選んでるせいもあるんだけど、
学校一番の人気者男子設定って、世の中溢れすぎ。

そんな人、たくさんいないってw



L DK(1) (講談社コミックスフレンド B)L DK(1) (講談社コミックスフレンド B)
(2009/06/12)
渡辺 あゆ

商品詳細を見る



アパートで一人暮らしの葵の隣に、学校の王子・久我山柊聖が越してきた!
しかも、ハプニングから同居することに!!冷血漢で大嫌いなヤツ…のはず…なのに──。



もう某事務所の人ばっかり起用するのはやめてもらえないでしょうかね?
葵のイメージと違うから実写版は絶対見ない。



柊聖役の山崎賢人さんはなかなかのイメージ通りでかなーり良し!
それだけに、すごく×10 配役残念・・・・




途中から出てくる脇役の三条くんが大好き。(またこのパターンですよ)
こっちの方が絶対いい男だ!


頭が良くてカッコ良くて学校の王子様キャラの久我山柊聖の描き方が下手すぎる。
というか、その魅力を引き出せてないような気がします。

絵は綺麗だから見た目的にカッコよく描けるのは当たり前ですが、
内面的な事がいまいち足りない。
葵を好きになっていく過程が分かりにくいんですよ。

むしろ葵の方が恋する女の子として描けてるだけに、
もったいないなーと。
(ドキッとした瞬間に恋が始まるのは王道だからね)

表現がイマイチなのかなぁ。
キャラの表情やセリフの言い方が乏しいのか?

展開は悪くないのに、重みがなくて、心に響かない。
ちょっと薄っぺらい印象なんだよね。

ギャグ要素盛りだくさんで面白いトコも多いけど、
恋愛ものなんだから、胸キュンがなかったらダメでしょう。


プロットとネームはいいけど、画力?表現力?が
ちょっと足りない気がします。


Sで頭良くてカッコいい俺様設定なら読者にウケる!
っていうのじゃダメなんです。
(そういうのばかり読んでる私も私だけどw)


でもって、お互いに「あんた」と連呼し過ぎ。
友達の時は我慢できても、恋愛感情もって、
お互いに通じ合っても、まだ連呼してる。
これがかなりのマイナスポイント。


葵ちゃんが可愛いので継続しちゃう。
変態加減もなかなかだし、性格もいい。
応援したくなる子だわー。

ってか、12巻の続きが気になるので、(先は読めるけど確認したい)
とりあえずあと1巻は絶対買うww
三条くん、頑張れ!


画力とか不足しがちな部分も多いけど、それを補えるくらい、
面白く気になる作品ではありますよ。


何度も言うけど実写版の柊聖役の山崎さんは良しvvv

もったいないなー。







好きっていいなよ。 1 (デザートコミックス)好きっていいなよ。 1 (デザートコミックス)
(2008/08/11)
葉月 かなえ

商品詳細を見る





16年間、彼氏も友達も作らずにきた橘めい。
ある日、誤解で学校一のモテ男・黒沢大和にケガをさせてしまうが、
なぜか大和はめいを気に入って一方的に友達宣言。
さらに、めいをストーカーから守ってくれたうえに、守るためとキスまでしてきて…!?





正直、絵が苦手で1巻目で脱落してました。(買う前に気付け)
でもせっかく買ったから、と読んだ後の感想です。
(読んでるうちに絵がうまくなってキャラもかたまってきて、
苦手意識はかなり克服しました)


アニメ化されてたのは知らずに買った。



友達も彼氏も出来なくて16年過ごしてきた子が、
カッコイイ男に守られてアクシデントとはいえ、キスをされて、
すぐ恋に落ちる、という時点でかなり意見が分かれそうです。


免疫ないからしょうがないよね~、と思うか、
そんな簡単なのか、と思うか。

途中まで主人公めいのキャラがかなりブレてて(言葉づかいとか)、
それがきちんとかたまるまでの数巻は微妙なところ。

大和がめいに惹かれるようになるまでも早すぎる。


はっきり言って2巻までは描き直した方がいいと思われます。
出だしがイマイチっていうのはかなりもったいないかと。


そして、メインの大和とめいだけじゃなく、脇キャラの話も多い。
(愛子とあさみくらいの長さならいいけど。ってかこの2人は好きだ)

うーん・・・なかなか難しい・・・


いろいろな捉え方があると思うけど、バランスが悪い気がします。
めいが大和に恋するようになるまで、人と向き合うようになるまで、
これがそそくさと数話で終わってすぐ両想いだからな。
ここを1~2巻でじっくり描けば良かったのに。


ダラダラ描いてあるのは論外ですが、
もうちょいそこに力を入れて欲しかったー。


そこまでをクリアして読めるかどうかがまずの突破口!
ってダメじゃないですか?



めいの本質はとても好き。
初めての恋で戸惑ったり、少しずつ変化していったり、
だけど、自分をしっかりもっていて、人のことをよく理解して、
不器用に、でもきちんと伝えられる子だと思う。
人の痛みが分かる子は優しい。

それだけにね~。
最初がね~。

( -。-) =3


そういう当初の違和感がなくなるのは3~4巻辺りからで、
その後は普通の恋愛ものとして読めました。


ってかムカつく女の話が長いです。
どーでもいいや、と思うけど今後重要になってくるのか、
単に描きたかったから描いたのかは分からないけど。


これは継続しない。









漫画が増えすぎてマジでヤバい。
まだ紹介してないのもたっくさんあるんですよ。

ダンナ様が冷たい目で
「これ以上増やすんじゃねー」
「調子に乗るなよ」
と怒りまくってるから、処分していかないと厳しい状況でございます・・・



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する