日常生活・愛犬・漫画・ゲーム・小説・映画などハマリモノの紹介&感想

2017/081234567891011121314151617181920212223242526272829302017/10

老眼鏡作った。それでも眼精疲労がひどい( 9/20)






お借りした漫画です。
漫画や小説の‘定期便’をしてるKさんから送ってもらった作品です。
(借りたのは9月ですよ・・・)





隣のあたし
CIMG3972.jpg




中3の仁菜が好きな人は、マンションの隣に住む1コ年上の京介。
やさしくてカッコいい京ちゃんの彼女を夢みる仁菜は、
ある日彼のキスシーンを目撃してしまい……!?
せつない想いがあふれる青春ラブストーリー。






これは・・・何を書いてもネタバレになってしまいそうな気がする。
どうしようか・・・・
まぁ、ネットの評判に落ちてる程度のネタバレはしょうがないか。

まぁ、1巻目からハラハラドキドキして胃が痛かったです。
切ないんですよね、スレ違っちゃう部分が。

子供の頃から幼馴染のように過ごしてきた仁菜が京介を好きって思うのは当然。
小さい頃から一緒にいた初めての異性だからね。
そして、京介はどうかな・・・と思うと、あれ~?みたいな。

もちろんこういう恋愛漫画は横やり、当て馬がいて当たり前の展開だけど、
それが当たり前のままは終わらせないぞ!っていう作品でした。


あぁ、ダメだ、やっぱり詳しく話さないと感想にならない・・・


これは結構意見が分かれそうな気がします。








海月姫
CIMG3981.jpg


オタ女子として天水館に住む月海は、イラストレーターを目指すクラゲオタク。
憩いの場として、クラゲを売ってるお店にいた月海は、
相性が悪い同士のクラゲが同じ水槽に入ってることに気付き、
かなりの勇気を持って店員さんに話しかけるが、
気持ち悪がられて外へ追い出されてしまう。
そこへ通りかかった女性が、クラゲと月海を助けてくれる。

その女性、実は女装した男子で・・・・





説明しづらい~。
まぁ、とっかかりはこんな感じ?



のだめカンタービレが掲載されてたKissを買ってたので、
連載開始当初から、のだめ完結時までは読んでました。
ってことで、8巻辺りまでは覚えてた。



女装趣味の蔵之介は、オシャレで頭も良くモテモテ男子。
そして実は由緒ある家柄なのに、なぜか貧乏でオシャレに全く興味がない月海が気になる様子。

この時点では、結構な夢物語なんだけど、その後はそうでもなくなります。
一緒にいろいろ行動するうちに、内面的なこととか、そういうのにも惹かれてるんだろうな、と。

オタ女子(尼~ず)が住む天水館が立ち退く事態となり、
そのためのお金をみんなで稼ぐべく、ブランドを立ち上げ洋服を作るんだけど、
月海の‘才能’が海外の大物の目にとまり、天水館と引き換えになっちゃいます。

現在はここまでで、これがどうなるんだろ?と待ちきれない~。

蔵之介の兄、修と月海の恋、蔵之介の月海への気持ち、
それも同時に交錯していくので、ダレてる時がない。


連載当初から面白く、すぐアニメ化も決まったけど、
再読してみてやっぱり面白いなと思いました。

普段本当にアレな月海ですけど、蔵之介にオシャレをさせてもらうと、
可愛く変身できちゃって、それもまたいいんですよー。
本人たちも言ってるビフォー、アフターの違いがね。



コメディ漫画でもあり恋愛漫画でもあるので、
誰が読んでも楽しめるかと。



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する