日常生活・愛犬・漫画・ゲーム・小説・映画などハマリモノの紹介&感想

2017/081234567891011121314151617181920212223242526272829302017/10

老眼鏡作った。それでも眼精疲労がひどい( 9/20)






このままハクとスウォンは会わないままか?
ふと思いました・・・

最終回というか直前というか、かなりの佳境まで
会わないままの方が物語的にはいいのかも~とか。

存在は感じててもバッタリ会ったりしない方が良さそうじゃない?
ハク、すぐ切りかかりそうだしww




<暁のヨナ 第89話/顔の見えない味方>


水の部族の兵の駐屯地に乗り込んだリリ、用心棒達、ヨナとゼノ。
門前でラマル隊長に会わせてほしいと言うが、
不審な集団に返事が思わしくない。

「時間がないから強攻で行きましょう」

ウォンは兵にこの女性が水の部族長息女リリであると告げる。

沖の船隊に気づいてるため何となく慌しい中、
リリはラマル隊長に兵を出せと願うが、
前例がない、リリ様の命令でも・・・と渋る。

お役所仕事なうえ水の部族長は戦嫌い。
さて、どうしようか・・・とスウォンが悩んでいると、
おもむろにリリは箱を取り出す。

そこから出てきたのは、水の部族長の象徴、水の金印。

兵が動けない理由を父アンジュンギへの忠誠だと受け取ったリリ。
「だが今は水の部族の存亡の機。
これより私の言葉を水の部族長の言葉だと思え」

兵を動かすことになったが、あまりに数が足りない。

「策がある」というスウォン。
隣りにいたヨナに向かってつぶやく。

ーーーいるんでしょ、向こうには雷獣が
   ならば何がきても負けませんよーーー


一方、ハク達はジェハが海女を集めて船に乗せる手立てをしていた。
リリの用心棒からそうしろと言われたというジェハに、
ハクはどんな奴だ?と尋ねる。

「命令し慣れてる感じ。信頼できる」


そこにゴロツキに扮装した水の部族の兵達がやってくる。


南戒の船では、貴族カザックがのんびりユウノ茶を飲んでいた。
水の部族から崩壊させ、高華国を乗っ取る!などと妄想し楽しんでいると、
3隻の船が向かってきていることを知り、適当に沈めておけ、と
部下に命令する。


が、その時、突然訪問者が・・・
キジャをおんぶしたジェハだった。

あちらの船から乗り移ってきたことに驚愕し、状況に気づく。
「おまえらは何だ?漁師か?兵士か?」

「ただの海賊だよ」
ジェハが答えるとともに戦闘が始まる。


ラマルも戦うが動きがイマイチだ。
ハクは、水の部族はジュンギ将軍の教育で行儀がいいから、
ゴロツキの扮装が似合ってない、と笑う。

照れて笑うラマル。
兵として動けば水の部族と南戒の対立となり戦の大義名分を与えてしまうから、
今回は賊として追い払えとリリの用心棒から言われたのだと。

「正直、これだけの戦力で心配だったけどリリ様達を信じてよかった」
というラマルに、
「赤い髪の女から聞いたのか?」とちょっと嬉しそうに聞くハク。

「いえ、リリ様の用心棒が‘あちらに雷獣がいるから負けない’と」


ーーー雷獣がいるから、だと?----



海女達が爆弾で船を沈めていく。

ヒヨウはその様子を見ていた。
「誰が?何で?」
えぇー・・・と放心する中、再び赤い髪の女が現れたと情報が入る。




そうだよね、リリの正体がやっと明かされたというか、
ヨナ達知らなかったんだもんね。(超今更)
ヨナの顔が見ものですよv
は?えぇー・・・?っていう感じで驚きから呆れ顔になってます。


でもって、ハクはヨナやリリの近くにスウォンがいることを
ようやく分かった様子。


船での戦闘中だけど、落ち着いたらやっぱりスウォンと再会すると思います?

流れとしては、ヨナと合流するんだから、そこにリリがいてもいいわけで、
用心棒として残っててもおかしくないですけど・・・

会わないような気がするけどなぁ・・・どうだろう・・・


ヨナがいることを知ったヒヨウが会い(殺し)に行こうとするから、
そこでゼノの活躍が見られるのかしら?


ラマル(どうもラウルって書いちゃう)隊長が、
キジャ、ジェハ、シンアが戦うのを見て、
「貴方たちは一体・・?」って聞いたのに対して、
さくっと「あいつらはああいう芸風だと思ってくれ」って
かわしてたりしておかしかったです。

まぁ、言い訳きかないようなメンツだもんねぇ~。


そしてスウォンか?と気づいたハクの顔がいつになく真面目w


さ~て、水の部族編も終盤だろうけど、1ヶ月待ちの悶絶が待ってますよ。

次回は、5/2 です。
GWなので・・・帰省の都合があってすぐ記事更新できないかもしれません。
決まったらブログの案内板にでも書いておく・・・かも?




***余談***

最近の関心事は、
ラストノーツの続き!(早く12日来い!私はやっぱりアキ派!)
ちはやふるの原田先生vs周防名人対決!
(周防名人の情報たっぷりでしたね←立ち読みした)
毎回待てん。一気にガッツリ読みたいよー。







コメント
この記事へのコメント
>とみさん
有難うございます~。

暁のヨナって、当初から
ハク頑張る(ヨナのため)→ヨナ頑張る(スウォンのため)→スウォン頑張る(国のため)
っていういろんな意味でのスレ違いが通常ですしね~。
恋愛にしても政策にしてもやってる方向は良いはずなんですけどw

とみさんも良い連休を~!
(って気が早かったか?)
2014/04/13(日) 11:25 | URL | 緑荻 #-[ 編集]
再びお邪魔しますー。

ハクは頑張っちゃうでしょうね!
ヨナがスウォンのために頑張るとしても
それはもう恋愛感情からじゃないと思いますが、
普通に誤解しそうですよね。
そこら辺のすれ違いも楽しみにしてます~。

それでは、また一か月後にコメさせて頂きます!
GW楽しんできて下さいねー。
2014/04/12(土) 22:31 | URL | とみ #-[ 編集]
>とみさん
度々有難うございます~!

おぉ、新派でしたか!
私は悩むところです。(^m^ )
後日、ちはやふるの感想をUPしますが、
新と太一は真逆だからこそ悩むというか・・・
それぞれの良さもあるし・・・・

でも、そうなんですよね。
かるたが面白いのでどっちとくっついてもいい!
恋愛は後!っていう珍しい作品です。


ハクは元々、ヨナがスウォンとくっついてそれを守っていくのを目標としてましたが、
今はどうなんでしょう・・・・
やはりヨナの命優先で恋愛感情は封印したままでしょうか。

ヨナが国を民を助けていく、というのに異存はないでしょうけど、
それが‘スウォンのため’であってもやっぱり頑張っちゃうのかなーと・・・

頑張っちゃうかな、ハクなら。
それがいじらしいから応援したくなるという読者心??

1ヶ月待ちだけど5日じゃなく2日発売だから少しだけ早く読める、
と思うしかないですね。
前向きにw

2014/04/11(金) 08:40 | URL | 緑荻 #-[ 編集]
またまた、こんにちはです!
私は新派ですよ~。太一派の読者さんの方が多いんでしょうか?
かるたが面白ければ満足なので、
どちらとくっついても良いかなあとも思ってます。

そうなんですよね。
国の事を考えると、やっぱり国王を(しかも良い王様だし)
討つのはまずいですよね。
ただハクはヨナの命優先ですから、かなり悩むところなんでしょうね~。

今年のGWは飛び飛びですよね!
お休みで花ゆめの発売が前倒しになるから、
早く読めるのが嬉しいですねー。
2014/04/10(木) 22:51 | URL | とみ #-[ 編集]
>とみさん
こんにちは~。

ちはやふるは古文なんか苦手な私でも競技モノとして楽しめました。
とみさんは新派?太一派?どちらでしょうか。
あの作品は恋愛後回しですよねw


リリの「あんた勝手に・・」みたいなスウォンに向けた視線も好きでした。
あの微妙な関係が少しずつ深まって?いくのが良い感じですよね。

ハクは本能ではやっぱりスウォンを討ちたい(ヨナのために)はずですが、
国が良い方面に向かってることを分かってるから、
やっぱりそうはいかないんでしょうね~。
そこがヨナと同じ考えで‘同志’って感じがします。
ヨナだって仇を討ちたいはずですけど・・・
好き(だった)という気持ちと国王の必要性なんかを考えたら、
とてもじゃないけど私情でどうこう出来ないかなーって。

GW、帰省しないかもしれません。
今回休みがイマイチですし。
そうしたらヨナが読めるーーー!!
2014/04/09(水) 09:32 | URL | 緑荻 #-[ 編集]
緑荻さん、こんにちはー。
ちはやふるは面白いですよね!
原田先生満載の22巻は、個人的に最高傑作でした。
今月発売の新刊も楽しみです~。

さて、ヨナですよ!!
バトル好きなので、最近とても楽しいです。

リリの正体が分かった時のヨナの顔、
私も好きでした(笑)。
リリの汗かいてる顔も可愛かったです。

ハクは戦闘となると生き生きしてますね!
もっと将軍ぽい活躍も見たいです。
スウォンとは再会しますかね~・・・?
再会したとしても、スウォンがちゃんと王様やってる間は、
切りかかったりしてほしくないですね。
本当に逆賊になってしまいそうだし・・。

もうGWなんですね。
お気になさらず、ゆっくり帰省されていって下さい~。
2014/04/08(火) 22:25 | URL | とみ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する