日常生活・愛犬・漫画・ゲーム・小説・映画などハマリモノの紹介&感想

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

まだ閑散期・・・( 8/19)






一礼してキスは佳境入りでしょうか。
インターハイ終わったら一区切りっていうか・・・
その後は引き延ばしっぽくなってしまう気がします。

さて偏屈愛はいかに?


<一礼して、キス/第21話>


三神が腕を払っていたのは自分の射を真似ていたせい・・・?
居てもたってもいられず三神の所へ向かう杏。

道場で練習中の三神を見つけ、理由を尋ねる。
「勘違いしないでくださいよ。この射はもう俺のものです」

射を無理矢理真似て怪我をしているのを見たくないと言うと、
「じゃあ先輩が今俺のものになりますか?
四六時中全部ずっと俺だけのものでいてくれんの?
無理だろ」

インターハイではきちんと優勝します。

そう言って部室から締め出す三神。
そこへ杏を追いかけてきた沢樹が・・・

もうこんなヤツ関わるな!と言って連れ戻す。


私は何を期待してたんだろう・・・
ただ知りたいだけでここまで来たけど・・・


入部テストで無事入れた沢樹と杏。
三神のクラスを受け持ってるという桑原が教育実習を抜け出して様子を見に来る。

「あ、ごめんごめん、別れたんだったねー」

そんな岸本に今の三神の射のDVDを渡す。
「部室に置いておくからいつでも見ていいよ」


上京して1人暮らしの沢樹と同じ方向のバスを待つ杏は、
「こないだは首を突っ込んで悪かったな」と謝られる。
だが早く忘れた方がええ、と言われ考え込んでしまう。

一方、ユキは1ヶ月も連絡が取れない三神のところへ来ていた。
気張るなと言ったのに、怪我したままの状態で弓を引いたら、
どうなるか分かるよね?親父さん帰ってきてからやり方が無茶苦茶だ、と
責めるが、三神は、弓を長く引きたいわけじゃない、と話す。

「弓が好きなわけじゃない。たった一矢のために続けてきた」



三神の射のDVDを見る杏は・・・それが自分の射であると気づく。

三神くんは私ごと・・・・


そう、三神は2年間杏を見て、杏が憧れていた全国大会へーーー
彼女自身の射で勝てたら彼女が全国一位だと証明するためにーーー





絵がちょっと変わったかな?
後頭部は相変わらずだけど、何となく変化したような・・・?


杏の射を執拗に真似てたのは、全国大会へ行けなかった杏のためだったんですねー。
変な理屈だけど、まぁ、三神だしww


もうすぐインターハイ!
三神は勝つんだろうけど・・・三神パパはどう絡んでくるんでしょうか。





<女王の花/第28話>


「はっきり言おう、お前死相が出てるよ」
光に言われた薄星。
「だから何?」

そんな体で姫を助けに、敵地で戦いぬくことが出来るのか?
従者の独断でする愚行ほど苦々しいものはない。

そう言い切られるが、薄星自身、亜姫が生きてないと自分が助かる意味はないと感じていた。
命をかけるものなんて、たった1つでいい。
俺には姫様しかいないんだ、と。

薄星の思いに揺り動かされ、曾宮の作りを教えてくれると言う光。
姫がとらえられてるとしたら、そこしかない。


亜姫は曾王子(旦)と宮内を散歩していた。
土妃と手を組むとしたら自分の首がいい土産になると思う亜姫は、
「いつ殺されるの?」と尋ねる。

土妃が私の死を望まないはずがない。

「その首が落ちないよう飾っておけ」
旦はそう言って、自分の母の家に代々伝わるかんざしを亜姫に挿す。



そこへ旦の臣下が現れる。
耳打ちし去っていくと、あれは土妃の動向を調べているものだと教えてくれる。

曾王と手を組み亜姫を殺そうとしていた土妃は、
自ら曾王と婚姻を結ぶことで同盟を図ろうとしている、と。

お互い激しく憎み合う土妃と亜姫。

旦に「どんな望みでも叶えるために代償がいる。お前は何を差し出す?」と聞かれ、
片方とは言え玉璽を持ち、正統な亜国王位継承者である自分の方が価値があるはず・・・

「私が曾王の妃になればいい」


ごめん、薄星、待てなかったーーー



一方、薄星は蛇波流に頼み、曾兵に自分を売らせていた。
亜姫の救出に向かうための策は・・・・






こちらは終わりが見えません。

1巻冒頭やモノローグが語ってるように薄星は先に亡くなるだろうし、
亜姫は無事に女王となるんだと思うんだけど・・・

天敵、土妃ともまだ決着つきそうにないしね。




うーん・・・ラストノーツが終わったらどうするかなー。
一礼して、キスもそろそろ・・・って感じだから、
買わなくてもいい気もするし・・・・


悩みどころだわ。





してキスも女王の花も、次回、6/13です。




コメント
この記事へのコメント
>認証コメントさん
コメント&ご来訪有難うございます。
一礼して、キス目当てのアクセスもかなりあるので、
拝読頂き嬉しく思います。
私的には、ちょっと燃え上がりが少なくなってるのですが、
いろいろ佳境っぽいのでまだ頑張っていく予定です。
3巻辺りはヤキモキするシーンが多くて続きが気になりますよね。
途中からですが、楽しんでもらえると有難いです。
2014/05/25(日) 14:01 | URL | 緑荻 #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014/05/25(日) 08:46 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する