日常生活・愛犬・漫画・ゲーム・小説・映画などハマリモノの紹介&感想

2017/081234567891011121314151617181920212223242526272829302017/10

老眼鏡作った。それでも眼精疲労がひどい( 9/20)






連載中のと映画化されるのと。
もう本当に連載作品は手を出さないと思ってるのにさ・・・

娚(おとこ)の一生って、甥(おい)の一生かと思ってたw
似てるし!漢字変換でないし!




娚の一生 1 (フラワーコミックスアルファ)娚の一生 1 (フラワーコミックスアルファ)
(2009/03/10)
西 炯子

商品詳細を見る




東京の大手電機会社に勤める堂薗(どうぞの)つぐみは、長期休暇を田舎の祖母の家で過ごしていた。
そんなある日、入院中の祖母が亡くなってしまう。
つぐみは、そのまま祖母の家でしばらく暮らすことに決めるが、
離れの鍵を持っているという謎の男が現れて…!?



豊川さんと栄倉さんで映画化ですねー。
姉の結婚に興味があって買おうと思っててそのついでに・・・・

最初に映画化見ちゃってたからキャラ見る目が豊川さんと栄倉さんに・・・
でもちょっとイメージが違うかなーと思いました。

この方って絵に特徴がありますよね。
首が超長かったり、手や足の角度が微妙だったり大きさが変だったり。
それでも‘下手’っていう感じじゃないのが不思議。
独特の世界観だなーと。


アラフォー、アラサーの仕事出来る女性(けどまともな恋は不倫ばかり)を描くのが好きなようで。
私がかなり苦手な部類なんだけど、すんなり読めて重厚感ありました。
ひょうひょうとした感じなのに重いっていうか・・・
重いけどさっくり読めるっていうか・・・
矛盾してるんだけど、そんな世界観ですよね。
(不倫とBLは苦手で克服出来てないし、しようとも思ってないけど)









姉の結婚 1 (フラワーコミックスアルファ)姉の結婚 1 (フラワーコミックスアルファ)
(2011/05/10)
西 炯子

商品詳細を見る




もう恋愛だの結婚だのは煩わしいと思っている独身女性ヨリ(39歳)の前に、
突如として幼なじみと名乗る怪しいイケメンが現れる。
新手の詐欺かと思いきや、本当に少年の頃からヨリを慕っていた精神科医・真木。
しかし彼は妻帯者だった……。
避けよう避けようとするヨリを追い詰める真木。
さらに真木の妻はヨリにそっくりの容貌だった。
同居する妹の心配をよそに事態はだんだん泥沼に。
この恋愛(?)の行く末はどこに落ち着くのか?




某所(Rentaじゃない)で数話試し読みして気になって・・・
まだ連載中・・・と言うか、風光るを読むために買ってた連載誌で、
私はこれをチラチラ読んでた気がするんだけど!?

こちらの作品の方が好きでした。
まぁ、変態真木がかなり好きw
おじさんあまり興味ないのでやはり同世代かなーと。

ヨリの揺れる気持ちが分かりやすく感情移入しやすいです。
真木の気持ちも分からなくない。
変態ストーカーも両想いになれば普通の恋人だし?
(この場合愛人だけど)
切ない展開が続いてるので、ヨリの幸せを願いたいです。
真木は好きだけど、どうでもいい。
同性のヨリが問題なのですよ。

毎回言うけど恋愛って理屈じゃない。
本能なんですよねー、好きって気持ちは。
結婚も実は同じなんじゃないかと。

まー、私も結婚17年、人生4○年、恋愛経験はいろいろあったってコトです。
基本、潔癖なので不道徳なコトは全くありませんから、
そう言う意味ではヨリの気持ちは理解しにくいトコもあるけど、
それでもなぜか感情移入出来るという不思議作品でした。

ヨリと新川さんの友情もいいよね。
若い時に苦手だったり合わないと思ってた人が
歳取ってすごく気が合うようになってた、って結構あると思うなー。
私も経験あるし。

所々にあるわーって思えたのが、この作者さんの力量かと。

継続かなー。
あぁ、連載漫画が増えていく。




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する