日常生活・愛犬・漫画・ゲーム・小説・映画などハマリモノの紹介&感想

2017/081234567891011121314151617181920212223242526272829302017/10

老眼鏡作った。それでも眼精疲労がひどい( 9/20)






物語も転換期でしょうか。
いろんなことの節目で内容が動く前ぶれって感じです。
ジュンギ将軍、ヘタレパパ返上でようやく活躍できそう~。


<暁のヨナ 第94話/時代は止まらない>

仙水にて、水呼へ戻れと言われたリリだが、「そのうち戻る」と拒否をする。
が、その場に父であるジュンギが来ていた。
「何をしたかわかっているのか?」

水の部族長である水の金印を持ち出し、それを使い権力を振るった。
本来なら極刑も免れぬ大罪・・・

だが水の部族はその刑罰を認めていないため、
リリは父によって水呼城からの追放を命じられる。

アユラとテトラはリリは水の部族を救おうとした行動だから寛大な処置を、と求める。
そしてリリを止められなかった自分達の咎である、と・

リリのまなざしは強い。
絶望する必要はない、道はあの子達と共に切り開いた。
後悔はしてない。

闘うと決めたのだから。
「覚悟はできてるわ、処罰は甘んじて受けます」

牢獄を用意しておいたからそこでおとなしくしていろ、と言われ連れていかれるリリ。


数日後、五部族会議ーーー

国王スウォン、空の部族ハン・ジュド、地の部族イ・グンテ、
火の部族カン・キョウガ、風の部族テウ、水の部族アン・ジュンギが揃う。

ジュンギ「未だ慣れないねこの顔ぶれには」
テウ「遅れて来て何穏やかに茶ァ啜ってんだよおっさん」
グンテ「ボウズも飲めようちのユウノ茶」
テウ「やだよこのお茶臭い」
グンテ「だろ!?臭ェよなァ!?」

などと言いあってるためジュドがキレる。
グンテとじゃれあったりしてるため場に緊張感がない。

「新参者が口を挟んで申し訳ありません。
・・・が五部族会議とはいつもこのような?」
冷たい視線で言い切るキョウガ。

「見下しきった一瞥で皆様を止めて下さり感謝します」とケイシュク参謀がお礼を言う。
会議は本題へ・・・

スウォンは言う。
高華国北西部、地の部族と南戒の国境辺り、
元々、イル陛下時代に奪われた高華国の領土。

常に戒帝国の脅威に曝されているため国土防衛のためには
防護壁を厚くしなくてはならない。
「北西部南戒に向けて出陣します」

五部族が力を合せて布陣を組まねばならない。
グンテは地の部族に異存はないと言う。
「君はそうだろうね」と言ったジュンギに、
水の部族はまた静観を決め込むつもりか?と問う。

水の部族は無関係ではない。
‘とある’情報によると水の部族沿岸部にて南戒の船隊の攻撃を受け、
迎い撃ったとのこと。
いずれ高華国は報復される。
「水の部族は今回の軽率な行動の責任を負うべきではないですか?」

ケイシュク参謀に責められ、リリの顔がよぎるジュンギ。
「言われずともそのつもりだ」(←ここで目が開いてますよ)

「だが・・・
部族の誇りを守りこの国を守らんが為、必死に闘い血を流した我が民に対し、
軽率であったなどと君に評価してほしくはない。」

危険に自ら飛び込む娘を何度も鍵をかけて閉じ込めた。
その度また強く飛び立っていく。

ーー出来ることなら戦のない世を娘(おまえ)に渡したかったーー

水の部族は本来争いを好まずたゆたう水の如く穏やかな民。
ですが、水は一度堰を切れば全てを飲む込み他を圧する力がある。
走り出したら止めることは敵わない。

「今まで抑圧され虐げられてきた民の怒りの分まで
南戒の影響を取り除くべき尽力致します」

慎重に静観を続けてきたジュンギの初めての動く意思。


ーー時代が動くーーー


一方、リリは・・・仙水の‘牢獄’にいた。
‘普通’の家での快適な暮らし。
「これのどこが牢獄なのよ」

仙水ならやることはたくさんある。
麻薬患の施設やヒヨウの息のかかった商人達を取り締まる守備隊・・・

従者は、そういったことは仙水だけじゃなく四泉にも下知されていると話す。
ジュンギ将軍が五部族会議に行く前に早急に対応した、と。

「ジュンギ将軍はジュンギ将軍なりに民のために南戒との衝突を避けておられた。
そのジュンギ将軍の御心を動かしたのは、リリ様の強い意志です」

テトラは、この屋敷のどこにも鍵がかかってないことをばらす。
「‘お前が決めた道だ、この地で最後までやり通せ’と背中を押してらっしゃるように思える」

言われて初めて父の気持ちに気づいたリリ。
アユラとテトラを連れて町へ飛び出していく。







ジュンギ将軍の目の開けどころはきちんと書いておかないとね!(^m^ )
本気になった時に開くようだし、それがどの場面かって分かればいいかなと。

しかし、五部族会議、随分メンツが若返ったというか・・・
テウじゃハクの貫録が不足してるから、かなり幼い感じがしましたよ。
そしてキョウガが真面目でいい!!!
ホント、生真面目というか融通利かないというか、損な性格ですよねー。
そこをグンテに「ケイシュク参謀みたいな陰気臭い男になってはつまらん」とか言われてましたが。

ハクが風の部族を出たことでテウが部族長となったわけですが、
火の部族(あの時はバカテジュンだったけど)にされたことはもう流れたんでしょうかね?
部族間のわだかまりはとりあえず流してるのかな~。

グンテとジュドは仲良しだから、2人の会話は大好きです。



五部族会議は終わってしまった・・・
テジュンとリリの出会いはなさそうだし、ヨナ達(1ページ分弱あった)はどっか旅立ったし。

戦が始まりそうですね・・・・そしてブログにUPする時は説明が大変なんですよね・・・

次回はどんなスタートだろ?
とりあえずヨナ達の閑話休題とか?
盾と剣、ゼノの力、この辺はまだかなーとか・・・



次回、1ヶ月半後の9/5です!
なんと・・・・遅すぎる・・・忙しいのかなぁ。

15巻はドラマCDつき特装版で9/19発売。
草凪先生、ツイッター始めたみたいですよー。







コメント
この記事へのコメント
>とみさん
何回でも大歓迎です!

テジュンもリリも基本的にお坊っちゃまお嬢ちゃまだから、
最初は喧嘩しそうですけど、
打ち解けたらすごーく仲が良くなりそうなんですよね~。
ヨナ崇拝者としても団結しそうだし。
見られる機会があるといいですよね!

イル陛下を愚王だと思わなかった、というハクのセリフは私も引っかかります。
今のトコどう考えても愚王・・・・
ハクが何かそう思う根拠があるのかなとか、計算してああいう行動を起こしてたのかな、とか。
亡くなったキャラを掘り起こすことはないかもしれませんが、
不明瞭な感じではあります。

1ヶ月半、気長に次回の展開を待ちましょう~!
2014/07/24(木) 08:54 | URL | 緑荻 #-[ 編集]
またまたお邪魔しに来ました。

テジュンとリリは、良い組み合わせですよね。
成長したとはいえ、まだまだお坊ちゃんなテジュンには、
リリのようなしっかり者の奥さんが必要だと思います。
私も二人の会話が見てみたいです!

イル陛下は色々と謎ですよね。
もしハクの言う通り愚王じゃないとしたら、
自分がスウォンに殺されるためにあんな行動してたのかなとか
そういう予言でもあったんじゃないかとか勘ぐってしまいます・・・。

私も1か月半あっという間だと思います~。
去年の年末もそうでしたし。
それでは、ゆっくりと良いお盆休みをお過ごし下さい!
2014/07/23(水) 22:36 | URL | とみ #-[ 編集]
>とみさん
こんにちは~。

テウはまぁ登場機会も少ないし活躍機会はほとんどないし・・・ですからね~。
これからハクの代わりとなると南戒での戦で活躍シーンがあるのかなと思ったりしますが・・・
やっぱりまだ子供って感じで。

グンテとジュドはいい組み合わせです!じゃれ合い最高ですよね!
何気にジュドとキョウガの性格が同じなので
(言葉づかいはあれだけど生真面目ってトコが)
この2人の冷たい会話も見てみたいなとw
いや、それよりテジュンとリリ様の会話を求めます!
M気質テジュンとS気質リリ・・・・(^m^ )

戦のない世の中を娘に渡したい、ってトコは親心でしょうか。
国力が弱まっていくという意味では、イル陛下は王としてはやはりイマイチだったのでしょうね。
親としては普通だったとしても。
ジュンギは踏み切ってくれてよかったです。
リリ様のお陰~!

伏線であった皇帝イトコは・・・
どんなキャラでしょうね。私も楽しみです。

次回、9月は新潟は少し涼しくなってるのかも~。
お盆休みもあったりしますからあっという間かもしれません。
2014/07/22(火) 10:11 | URL | 緑荻 #-[ 編集]
緑荻さん、こんにちはー。
今号の五部族会議、面白かったです!
グンテとジュドは毎度仲良しで和みますね。
そして私もテウでは貫禄が足りないというか、
ムンドクの方がしっくりくるなあと思ってしまいました。
ごめんね、テウ・・・。

ジュンギ将軍のリリに対する気持ちにグッときました。
イル陛下も、ヨナに対してこう思っていたのかなあと。
この親子はこれからも支えあって頑張ってほしいですね~。

南戒へ出陣するみたいなので、
ずっと気になっていた戒帝国の皇帝のイトコが
やっと出てくるかなーと、今からわくわくしてます。

次回は9月ですね。
ようやく梅雨明けなのに、ヨナ再開号は夏も終わりですよ!
私も8月は花ゆめ買うのお休みです。
皆さんヨナ目当てで買ってるんだなあと嬉しくなりました。
2014/07/21(月) 22:46 | URL | とみ #-[ 編集]
>めがねうさぎさん
今回もコメント有難うございます。

リリ様はすっかり成長しなしたよね~。
ヨナと出会った頃が嘘のようなたくましさ&勇気をもった強い子になって、
そして何よりヨナの‘友達’になって嬉しい限りだなと思いました。
テジュンと共に着々とヨナ派をつくってるな、と。

風の部族はまだムンドクが健在ですからね!
テウを筆頭に若い子達もそれなりでしょうけど、
古参者達の活躍もみたいところですよね。
ってか風の部族って結構いいかげんなイメージですが・・・
どんな闘い方なんでしょう・・・

花とゆめは私もヨナ以外読んでないので、買うのもお休みです。
アニメも見ない予定だし・・・
でも15巻はドラマCD付きを買っちゃいそうな予感がしますよー。

アオハライドは掲載誌購入してないので単行本の方で気が向いたら感想は書いてます。
ネタバレブログは読んでますが、双葉の態度が不穏なので、どうかなぁ・・・
私はアニメはあれですけど、実写の方がテレビ放映でもあれば見ると思います。
映画館ってほどじゃないけど、キャストにそんな違和感なかったので・・・

が!!ストロボの実写化は大事ですよ。
私はいつも当て馬片思いキャラは好きなのですが、
ストロボは断然蓮くんですから!
ストロボ読んだ感想と重なりますが、珍しく!揺れもせず!最初から蓮くん一筋です!
普段なら絶対安東くんなんですけどねー。
だからやたらめったらな人を配役したら許せないというかw

小説は私も結構読みますが今は近い図書館改装中で借りられないので、
最近ご無沙汰になってます。
‘封殺鬼’シリーズ(キャンパス文庫)は買い集めて読みましたけど。
(そのうち感想UP予定)

こちらこそ、いつも有難うございます。

2014/07/19(土) 19:12 | URL | 緑荻 #-[ 編集]
こんにちは、おじゃまします~(^_^)

早速ですが、リリ様、カッコ良いですね~(>.<)
闘う女の子、ステキです!!

今回は、五部族会議がメインでしたね。
キョウガさんのポジション、私もいいなと思いました(^o^)v
そう言われればテジュンのやつ悪いことしてましたよね。でも、風の部族からすると、火の部族もそうですがスウォンも信用できないからどんな感情を抱いていても滅多なことはしないだろうなと思います。
“戒帝国への進軍”が決定しましたが、スケールがまた大きくなっちゃってどうなるんだろ~(^_^;)
でも、とゆーことは、風の部族も出陣ですよね!風の部族でチラッと出てきてたサブキャラの方々も闘うのかなぁ?どれだけ強いんだろうと気になっていたので、楽しみです☆

ゼノがまた何かを感じちゃってるみたいですが、なんなんだろ~(>_<)
やっぱり気になる…(^_^;)

次回は、1ヶ月半後!?
「それでも世界は~」ってアニメ化前そんなに休んでたかなぁ?「暁のヨナ」以外はほとんど読んでないからな~(^_^;)
は~、…が、がんばろ~(T-T)

15巻は、CD 付きで購入します(^_^)b
今回のアニメ情報のページでヨナ役の方とハク役の方がコメントされてましたが、(分かる~!私も大好き~♪♪)と共感しきりでした!

草凪先生のツイッター、早速拝見してきました☆
私、そういうツールに疎くて仕組みが良く分からないのですが、楽しく拝見させて頂こうと思ってます(^_^)
…こちらにコメントさせて頂くみたいなのも初めてで、(大丈夫かな?)とドキドキなのですが(^_^;)
何か粗相がありましたら、すみません(>_<)


話が変わりますが、私もアオハライド好きです!
アオハライドの感想は書かれないのですか?
アニメ見ましたが、やっぱり違和感だらけでした~(>.<)でも、歌は良かったかな。
映画は、キャストがいまいちなので見ません(^_^;)

ストロボエッジは、安藤くん派です☆

あと、小説も好きです!
好きなジャンルとかはなくて面白かったら(読みやすかったら)何でも読みます。
最近読んで良かったのは、「さようなら、オレンジ」です。久しぶりに号泣しました~!
本屋大賞の本はチェックしちゃいます(^o^)v


いつも丁寧にコメントを返して頂いて、ありがとうございます(^○^)

ではでは☆彡
2014/07/19(土) 15:37 | URL | めがねうさぎ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する