日常生活・愛犬・漫画・ゲーム・小説・映画などハマリモノの紹介&感想

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

老眼鏡作った。それでも眼精疲労がひどい( 9/20)






次回最終回です。
ちょうど来月でベツコミやめる予定だったからキリよくて助かったわー。
元々、一礼してキスを読みたいために買い始めたからね。
そういう意味でもタイミングばっちり。


<一礼して、キス/第27話>

三神の東北行きを知った杏。
「先輩はどうしたい?」
東北へ行って欲しいのか、そばにいてほしいのか・・・
選択を迫る三神だが、杏は「そばにいてほしいけど行った方がいいと思う」と、
素直な気持ちを返す。

だが三神は、ずっと見ているだけだった杏が今はそばにいる、もう逃がせない、と
ここで東北へ行かず弓道をやめても杏には関係ない、気にしないで、
と話すが、気にしないなんて出来ない杏。
「あなたの先輩としてそれはできない」

ーーー三神が今まで頑張ってきたことをここでなくしたくないーーー

「先輩か・・・
今更自分で先輩面ですか、俺に弓道で一度も買ったことないくせに」

俺よりいい結果を出したことがなく、嫉妬してたくせに・・・そんな人に
「何も言われたくない」

弓道のことを口出すなら俺より出来るところを見せろ、と言い放つ三神。
挑発されてると分かってるが、乗らないわけにいかない杏。

三神に一度でも買ったら東北行きを考え直す。
だが、勝てなかったら・・・三神が勝ったら・・・
「昨日みたいにやめたりしない。先輩のこと最後まで抱きたい」


弓をなかなか返しにこない三神に焦れて病室を抜け出すユキ。
そこへ三神父の要がやってくる。
今日ロスに戻る、と。あの家の名義を曜太にしてきた、と。

あんな大きな家は曜太には邪魔だから処分しようと思ったが、
家に寄って、三神が杏にあてたメモを読んで、必要ならそれでいいと。
「鍵を曜太とあの女の子に渡しておいてくれ」と言い、
ユキの身体を気遣って去っていく。

道着を大学に取りに行ってた杏は部室にいた。
紺色の道着、だけど帯は三神の選んだもの・・・
三神が来て勝負が始まる。

4本射って的中率を競う。
「本当にいいんですね。先輩が勝てるとか俺全然思わないけど」
それでもやりたいという杏、立ち位置は三神が前でお願いする。
もうこんな近くで見ることはない・・・
「三神くんが見たい」

「いいよ、俺を見つめて」



何だか父親は出て来なくても良かったんじゃないかなとか思いました。
かなり思わせぶりで気になるような雰囲気だったけど拍子抜けっていうか・・・
試合とか三神の様子を見て考えを変えたのは分かるのですが、
さほど強く伝わってもこなかったので・・・

まぁ家をどうするとか確執とか、その辺はスッキリしたんでしょうけど。

さて・・・三神と杏は‘致してなかった’
(^m^ )
かねてからどっちだ!?と思ってたけど最後まではしてなくて・・・

三神が勝ってそういう事になるのか、
杏が勝って東北行く前にそういう事になるのか・・・
いずれにしてもそうなりそうですが、そこはポイントではなく、
東北行く=三神が弓道続ける
ってことになるのかな?
東北行かなくても弓道は続けられそうですけどね?

よく分かりません。



6巻は、11/26発売
次回は、12/13(土)で最終回です。

そして私のベツコミも最後。



他の作品は・・・ハツハルだけが気になるけど、まぁいいです。

そのうち感想&紹介しますが、「私たちには壁がある」と「春待つ僕ら」のコミック買ってまして・・・
その続きが気になるので、連載誌デザートを買うか悩んでますん。
でもねー、連載誌買うとコミック発売の楽しみが減るから、
我慢しようかなとも思うわけで。


来年、5日&20日→ヨナ、25日→夕飯、となるとね、
10日、15日、30日に違う更新をしないといけなくて、
あっという間にネタ切れしそうな気配なんですよね・・・・

どうしようかしらね・・・

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する