日常生活・愛犬・漫画・ゲーム・小説・映画などハマリモノの紹介&感想

2017/06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/08

まだ閑散期・・・( 7/5)






祝☆100回!
(2015年2月に話数訂正されてます)


キャラコンも発表されまして・・・

1位 ハク
2位 ヨナ
3位 ジェハ
4位 ユン
5位 シンア
6位 キジャ
7位 プッキュー
8位 ゼノ
9位 スウォン
10位 テジュン

となっておりましたー。

ハク様圧倒的1位でしたね。
ヨナとハクはどっちが1位かなと思ってたけど、ハク様強し!ですな~。

キジャがプッキューより上でちょっと安心したw

今回ゼノがメインだから、この後キャラコンやったら
ゼノはもっと上だったかもしれませんね。


さてその気になる能力は・・・まぁ想像通りでした。



<暁のヨナ 第99話/闘いが終わらない>

1人で兵士達をなぎ倒していくハクだが、体力的にも限界に近付いていた。
そこへキジャ、ジェハ、シンアが現れる。
「何をもたついている。そなた腕が鈍ったな」

熱を気にするハクだが、「問題ないとっくにひいた」と闘いに参加する四龍。
だが、汗を流し息を切らし、どう見ても治った状況ではない。

不在に気づいたヨナとユンも近くまで駆け付ける。

隣町から次々押し寄せる兵士達についにキジャが斬りつけられ倒れてしまう。
とどめを刺されそうになったところをシンアが助けるが、
そのシンアも後ろから槍で刺される。
仮面を外し、眼の力を使おうとするが、「よせ」とジェハに止められる間にも、
体力がなくて麻痺が起こってしまい、シンアまで倒れ込む。

「今だ、こいつらは限界だ。村へ突っ込め」

ハクや四龍達を押しのけ、村へ向かう兵士達、目の前にはまずヨナとユンがいた。
「ユン逃げて」と弓を構えるヨナ。
兵が近づいてくる・・・

「娘さん下がって」

兵に突進していくゼノは斬りつけられるが立ち上がってまた向かっていく。
さらに身体を突き通すように刺さる剣・・・
口から血を吐き、みんなの前でゼノは血まみれで横たわる。

「女、女か」とヨナに近づこうとする兵士からユンがかばう。
が、蹴り飛ばされてまた倒れる。
「来い女」
ヨナはゼノを抱きしめ行こうとはしない。

「死体にしがみついても助けてはもらえんぞ」

剣を取り兵士に向かうヨナ。
「近づいたら容赦はしない。決して」

泣きながらおかしなことをいう女だ、と笑われるが、ヨナは自分にもっと力があれば・・・
と涙をこぼすばかり。

「泣かないで」
ヨナの涙に濡れた頬に手を当てるゼノ。

「あー、やっぱり緋龍城が遠いからかな~。治りが遅い」

だいじょうぶだから、そう言って立ち上がる。

「黄龍は死なない」
俺は娘さんの盾になるために生まれてきた龍だから・・・
黄龍っていう盾に守られてれば絶対に娘さんは傷つかない。




ってことはですよ?
ヨナを緋龍王の生まれ変わりって分かってるってことですかね?
洗礼受けてないのに?
とか思ってしまいました・・・・不死身説はこれで確定だけど、不老不死ってことかな?
歳も取らないんですよね。
あの年齢で初代緋龍王に賛同して血を分けてもらって戦に参加したんだから、
ゼノは昔、熱い男だったんでしょうか。

いやはや、ようやく解明でございます。
これで初代の話とかも聞けたりしちゃうのかなと期待してるんですけど・・・
代々の龍達と会った事あるのかとか、いろいろ、もろもろ。
何千年も生きてきてるんですからね!神話の時代からですよ?
スゴイことですから!
長く生き過ぎて達観した性格に変わったのかしらね~?


しかし共闘、良かったわー。
男の友情見られました!強がってるキジャやジェハはやっぱり頼りになるし、
寡黙に仲間を助けるシンアも良かったですよ。

ゼノが刺される前の方がみんなかなりやられまくり斬られまくりで
ハラハラしてしまった。
ハクや他の四龍は普通に死んじゃうだろうから、あぁ、あまり傷つかないでー!って。
ゼノの時は‘おぉ、いよいよか’と場に合わずドキドキしてしまいましたがな~。


さて・・・盾=ゼノ、でOKでしょうか。
わざわざその言葉を使ってるからそういう事なのかなと。
問題の剣ですが・・・・ハク含む他のメンツ??
何か違う気がするんだけど・・・しっくりこない。

プッキューが目に入らなかったので読み返して探したら、
戦闘シーンの1コマ、シンアの胸部分にいましたよ。
けど、槍で刺された際、かなりギリギリだったんじゃない?と心配になったりして。


みんな傷だらけだし、戻れるかどうか分からないけど、
イクスの所に一度行く気がします。そして剣と盾も明らかになるとか。
でもそうなると佳境っぽくなってくるような・・・・感じがします・・・・

イクスのトコじゃないにしてもとにかく緋龍城近く、
高華国内に行かないと具合も良くならないわけだし、
剣の切り傷を治すどころじゃないですよね。
この金州で完治ってわけにはいかないけど、地の部族に助けてもらうわけにいかない。
どうするんでしょうか、この後。

これが掲載される頃は18巻くらい?19巻?
そうするとやっぱりそろそろかも、と思わなくもないですね~。



アニメ、9話は見ました。久しぶりに見たw
キジャ登場のトコは絶対見たいので次回も見る予定。
しかし、オリジナル部分で補足がかなりあるのでちょっとびっくりしました。
キジャの所へ行くまでの道のりで、漫画ではあそこは確かにいらない部分だけど、
(中だるみっぽくなる)
アニメとして見るならあっても差し支えないというか、邪魔にはならなかったというか。



休載なしです!素晴らしい。
次回は、12/20(土)です。
16巻、ハク様表紙で19日発売ですよ。

ところで、ヨナ小説は発売延期になったってネット通販から知らせが来てたんですけど・・・
最近、作者様ブログも更新されてなくてどうなったのかなーって。
内容的に何かあったんでしょうかね?
今後の未来と違う方向になってて書き直してるとか?
どうなってるのか分かりませんね~。







余談ですけど・・・
私は読んではいなかったけど、花とゆめで連載していた作品、
‘忘却の首と姫’を描かれてた作者様は、胃がんで10月に亡くなられ、
連載完結となってしまったようです。ご冥福をお祈りします。

読んでいたファンにとって完結しないというのはかなりの悲劇でもあり、
また作者様にとっても相当な無念だったろうと思います。
エンディングまでの構想は編集部の告知により少し書かれてたのだけが救いです。

コメント
この記事へのコメント
>めがねうさぎさん
こんにちは~。

忘年会シーズン突入ですものね。
私のダンナ様も忙しいみたいで12月入って1回しか夕飯作ってませんよ。
(^m^ )
幹事お疲れ様でした。

不老不死、なんじゃないかと思います・・・
違うのかなぁ?そうじゃないと辻褄が合わないような・・・

ゼノは10代のまま何千年も生きてきたとしたら、細胞が超絶若いとか、修復力がハンパないとか、
老化しないとかそんなんじゃないと変ですよね~。
傷の治りが早いことからそっち系かなと思ってます。

そう、そこなんですよー。
盾と言う言葉で引っかかるのは。
ヨナはゼノを‘盾’にするなんて絶対嫌がるししないと思うんですよね。
でもあえてその言葉を使う意味っていうか・・・

兵士達が死なないゼノに驚いて逃げれば一番ですけど、
その噂が広まる方が嫌だなと思ってたりします。
スウォンや敵国に目をつけられそうだし?
今回はピンチなのでとりあえず闘いが終わるのが何よりなんですが、
そこで素直に良かったー!とも思えない気がします。

私、NGライフは読んでないのです・・・。
生まれ変わりで男女入れ替わって~っていう感じの作品ですよね?
うまくまとまってるならヨナも最終回に向けては期待できそうで良かったです。
(まだ気が早いですけど)
こういうのって作者様の癖が出るっていうのかな。
前もこうだと今回もこうなりそうっていうのがありますよね。
同じパターンじゃないにしても何だか似てる!っていう・・・

漫画たくさん読んでてなかなか機会がないので、あったら読みたいです。

小説は・・・作者様も触れず雑誌も触れず・・・
どうなってるんでしょうね・・・?
発売中止はありそうな気がしてますよー。

2014/12/10(水) 10:18 | URL | 緑荻 #-[ 編集]
緑荻さん、こんばんは~(^o^)

私事ですが、先日、職場で年末の一大イベント&忘年会(幹事だったもので…)があり、イベントの準備と仕事そっちのけで力を入れていた忘年会の準備をしていた為たまっていた書類をやっと消化したので、今、ゆっくりコメントを打っています(*´-`)
師走はやっぱり忙しいですね~(^.^)


さてさて、ヨナですが、ハクが1位か~という感じです(^_^;)
もちろんハクも好きですが、私の中の不動はヨナとぷっきゅーです☆


本編ですが、ゼノの能力はそういうことだったんですねぇ。
不老不死ってことなんでしょうか??
…でも、コミックスで草凪先生がゼノは17才と書いてたので、他の四龍と同じように寿命はあるにはあって次の代に記憶も引き継ぐとか…だとややこしいかな。
見た目が17才ということでしょうかね…。
まあ、何にしても、いくら不死身だからと言って、大切な仲間のゼノを盾にするなんてことヨナは良しとはしないと思うのですが(・・;)
どうなっちゃうのかなぁ(>_<)

ハクを助ける為に病を押して駆けつけるなんて熱いですが、ピンチには変わりないですよね~(>_<)
どうやって回避するのかなぁ。

次回、休みじゃないなんて嬉しいですね♪


私も、人気作品だからダラダラ続けられると冷めちゃう方です(^_^;)
でも、草凪先生の前作NGライフはキレイにまとまってるので、そんなことはしないと信じてます!

そう言えばNGライフは読まれたことないのですよね?
ちょっとクセがあるから好き嫌いは分かれちゃうかなと思いますが、とりあえず、ヒロインの女の子が健気でかわいいマンガです! ヨナでいうところのハクレベルの健気さですよ。
もし、機会があればぜひ♪

アニメは、2クール目のEDが変わるみたいなので楽しみです♪♪♪

小説の発売延期は残念ですが、ただの延期なら待ちます! …中止ではありませんように(>_<)


私も「忘却の首と姫」はちゃんと読んでいませんでしたが、突然の訃報に驚きました。
ご冥福をお祈り致します。


ではでは、失礼致しました☆彡
2014/12/09(火) 20:18 | URL | めがねうさぎ #-[ 編集]
>vicさん
こんばんは。
コミック持ってらしたほどのファンならかなりのショックだと思います。
心痛お察し致します。
雑誌を買ってない方々にもあの編集部からのコメントが読めるといいですよね。
コミック最後巻末に、とかでも。

今回、盾と言う言葉普通に使ってたので、
ゼノ=盾かなと私も思いました。
剣と盾の謎がある最中にこの言葉を使う意味はそれしかないのかなーって。

ただ、剣はサッパリ分からないです。
盾の対義語としての剣なのか
(そうしたらおっしゃる通り敵対=剣になるし)
盾とのセットとしての剣なのか。
これは今後の謎解き楽しみですね。

ゼノがスウォンと会った際に「!?」ってなってたのは私も気掛かりです。
現王に気付いたという意味なのか他に何かあるのか。
1つ1つの表情なんかも気になる描写があるので、
気が抜けませんね〜。
2014/12/09(火) 19:15 | URL | 緑荻 #-[ 編集]
ショックでした・・・・・
「忘却の首と姫」コミックは全巻持っています 特にファンということもなかったのですが 可愛いお話で好きだったので・・・・編集部のコメントを読んでとても悲しかったです
 
惣司ろう先生のご冥福をお祈りします

ゼノの能力はみなさまの予想通りでしたね

やはりゼノ=「盾」なんでしょうか? やけに強調したセリフなのでそのようにも思えますが・・・・苦笑

ちょっと思い出したんですが 88話かな?ゼノがスウォンに会ったとき!?な反応してましたよね?
あれは「現王様」と分かったと理解していたんですが ひょっとして対の「剣」だから?? ← 深読みし過ぎ 关
2014/12/09(火) 18:04 | URL | vic #30L7G2Bs[ 編集]
>とみさん
こんばんは〜。

読んでなくても知ってる作品の作者様が亡くなられたというのはかなりの衝撃でした。
ファンの方々の心痛や作者様の心残りを思えば、
本当に残念な事と思います。
完結しないのは、いろいろな事が昇華されないわけですし、ツライ事ですよね。

そう、おめでたい100話のはずが内容がシリアス満載となり何とも言い難い記念の回でしたね。
ゼノの能力が明かされる事が記念じゃないとは言いませんが、
もうちょいハッピーな回であって欲しかったかも。

連載100回って大変な事だと思うのです。
単行本にして20巻近く、世の中の漫画家の方がどれだけの確率でこの巻まで到達出来てるか。
1度越えたからと言って次作も越えられるとは限らないわけだし。
物語の流れ的にハッピーな内容やラブ度が高いのがくるとは全く思えませんでしたが、
ある意味予想通りでマイペース過ぎだわ!と逆に微笑ましく感じてしまったと言いますか・・・

あくまで通過点、みたいな潔さは良かったと思います。

兵士達の撤退がどうなるか、傷を負ったハクや四龍がどうなるか、どこへ向かうか。
やはりこの辺の動きが楽しみですね。
予想と違う方にいく事も多いので、意外な感じで上手く進んでほしいです。

これが落ち着いたら、ゼノの過去編(と言う名の番外編)も期待して待ちたいと思ってます。
2014/12/07(日) 23:14 | URL | 緑荻 #-[ 編集]
緑荻さん、おじゃまします。
惣司ろう先生の訃報は私もショックでした。
ファンの方はきっと尚更でしょうね。
闘病の辛さはちろん、漫画を完結出来なかった
作者さんの無念を思うと言葉が出てきません。
私も心からご冥福お祈り致します。

ヨナは今号でついに100回ですね!
でも内容はあまりおめでたくなかったですね~。
ついにゼノの能力が分かりました。
皆さんの予想通りだったので、あまり驚きもなく(笑)。

とりあえずみんなボロボロなので、
この状況がどう回避出来るかが気になってます。
次号、休載じゃなくて良かったです。
ゼノの姿見て恐れおののいて、
兵達自ら逃げ出してくれれば良いのですが。

ゼノの能力がこのままスルーされると読者(私)がモヤモヤするので、
何かしら話聞けると良いですね~。
あと、無事に高華国に帰れるよう
カルガン達に助けてもらえると良いなあと思ってます!
2014/12/07(日) 22:43 | URL | とみ #-[ 編集]
>あきさん
私の周囲にもほとんどいませんよ~。
いつも漫画を貸し借りしてる方だけしかいませんから、
ブログで感想をブチまけてる状態になってます。

炎の神様は意味深な歌詞ですよね。
私はそこまでは深読みしてなくて・・・
裏設定なんかはいろいろあるでしょうけど、少女漫画枠だし、
あまり表に出てこないのもあるんじゃないかな~と思ったりしてます。
人気があるとある程度出してもらえるみたいですから、
そういう意味ではヨナはもう人気作品でもありますし、
あとは中だるみしないでどう物語が運ばれていくか、ではないかしら・・・
その過程でそういう設定が出るのは有難いことだとファンとしては思ってます。

人気作品だからとダラダラ続けるような雰囲気になった時点で、
私の熱は冷める可能性がありますから・・・
テンポよくお願いしたいです。
2014/12/07(日) 11:42 | URL | 緑荻 #-[ 編集]
私の周りにはあんまり語れる人がいないので、ここで皆さんがヨナ愛を深めていらっしゃるのをみて、つい、仲間に入りたくなってしまって・・・汗

弓だけでもよかったはずなのに、ヨナは剣を覚えることになっていますし、たとえ剣の腕が上達しても女の子のヨナじゃ正直無双は無理だと思います。あの剣に何かしらスーパーパワーがあるのでは?とも思っていますw
あと、ユンやテジュンが歌っていた、炎の神様という歌も私は布石だと思っています。ゼノの謎は明らかになったけどまだまだ謎が多くてなんていうか、もう胸熱ですね。スウォンとの決着にしろ、四龍についてにしろ、先が気になるところですが、私は(主にジェハ推しですが)腹へり達がみんな愛しいので彼らの旅をまだまだ見続けたいです。
2014/12/06(土) 23:54 | URL | あき #-[ 編集]
>あきさん
初めてまして。
コメント&ご来訪有難うございます。

ここに来て下さる方々の暁のヨナ愛は素晴らしく、私もいつも斬新かつ新鮮な意見を頂戴し、
本当に嬉しく思ってます。
自分以外の考えや感想をお聞きできるので楽しく拝読しています。

見直してきました!1巻。
確かにかなり立派な龍の剣を持ってますね。
ってことは、蓉子さんと同じく、剣=武器、でしょうか。
ありえますよね、充分。
その武器とどこで出会えるか、も問題だとは思いますが、
あの剣はまさか四龍亡き後とかではないことを祈るばかりなのです。
1巻冒頭では四龍の気配がありません。
何かを成し遂げて、四龍の血がもう必要なく途絶えてあの4人がいないという結末は想像はしたくないので・・・
四龍を偲んであの剣を作ったとかはイヤだから、
どっかで誰かが作ってくれて大事にしてると思いたいです。

最終回にハク、ユン、四龍がいないのは悲し過ぎますから!

いずれにしてもこれから明かされる事と思いますので、
ドキドキしながら待つことにしましょー!
2014/12/06(土) 20:20 | URL | 緑荻 #-[ 編集]
緑荻さん、はじめまして。
いつも楽しく読ませてもらってます。みなさんの考察、なるほど!と思っていました。
それで私も剣について思うことがあったのでついコメントしてしまいました。
一巻の冒頭や扉でヨナの持ってる剣は柄に龍の彫刻が施されてますよね?私はそれが剣と盾の、剣、なんじゃないかと思ってるんですが・・・どう思われますか?
2014/12/06(土) 17:24 | URL | あき #-[ 編集]
>蓉子さん
こんにちは〜!

という事はやはり1〜2位はヨナとハクで占められてたのでしょうね。
もし私がするとしてもどっちを1位にするか悩んだはずですし、そういう方も多そうです。
問題の3位、ここに誰がくるかという事も相当悩めます〜。
シンアは四龍の中では2番人気なのですね。
普段あまり目立たないのにすごいなと思いました。
頑張ってるキジャが可哀想だー!って。

洗礼がないのはそういう事なんだと思います。
他の四龍って会った途端に洗礼受けたのでヨナが緋龍王の生まれ変わりと気づきやすいですが、
普通に出会うだけで生まれ変わりって気付くのかなと思いまして。
他の四龍が一緒にいるってだけでは理由として何かちょっと弱いですよね。
初代以来、緋龍王は現れてないからその辺が適当でも大丈夫でしょうけど。

蓉子さんは、剣=武器、な予想なのですね〜!
私は人や勢力みたいなのを考えてました。
ゼノを盾として考えるのもあまり好ましくないのですが、こうなると他が考えられなくなるし。

ゼノは不死身でも他の人は普通だから斬られ過ぎたら死んじゃいますよね。
ヨナをかばうにしても、ヨナ本人に剣が届いたらダメなわけだし。
だから、盾ではあるけど完璧ではないのかなと思います。
身を挺してかばっても、あの身体を貫く剣じゃヨナまで届きそうだしなーって。

ゼノの過去編があるならそこで初代や何千年の時間の流れも触れるかもしれないので、
ここは是非描いて頂きたいですよね!

小説の件は雑誌にも全く掲載されてなかったし、
ホントどうなったんだろう?って感じです。
せめて延期の理由だけでも書いて欲しかった。

2014/12/06(土) 16:09 | URL | 緑荻 #-[ 編集]
記念すべき100話ですねぇ\(^o^)/

私は1ヨナ、2ハク、3シンアで投票しました。



まぁ、予想はしてたけどそれでもあの貫かれるシーンは「ぁあぁぁぁ…」ってなってしまいました。
なんとなく分かっててもやっぱりですね、うん。

つまりゼノは龍から血を貰った時に、もう何千年も前に既に洗礼を受けてるから洗礼ないって事なんですよね?

予言の剣はヨナが使うための剣じゃないかと思います。
RPGでよくある伝説の的な?


仲間とか知人、友人は寿命とかで死ぬのに、何千年も一人で生きてくって途方もない孤独じゃないですか

みんなの死を一人で全部見送ってくとか…
それが初代の龍だけか、代々の龍を知ってるのかは微妙ですけどどちらにせよそれは凄く辛い…

でもシンア、ジェハ、キジャの先代龍を見ると黄龍を知ってるようには見えない気がします。

ゼノの過去とかもうそろそろやってくれそうですね。
ゼノの話はまた涙腺が危ないかんじでしょうかw
あぁ、でもいよいよ終わってしまう感じで嫌だなぁ。



戦闘シーンはかっこよかったのと同時に死なないにしても、誰かが致命傷負ってしまいそうで見てて本当に怖かった。
毎回のようにハラハラさせられます


ゼノがいるから防御はほぼ完璧でしょうけど、兵士をどう退かせるかですよね。
ゼノの不死に慄いて撤退する様な感じではないです。
もしそうなら少し拍子抜けしてしまいそう。


小説延期って本当ですか
残念…(・ω・`)
でも絶対買いますよ
買わないわけがない




私「忘却の首と姫」読んでたんです


最近お金が回らなくてコミック買えてなかったけど
作者さまのご冥福をお祈り致します…






2014/12/06(土) 15:16 | URL | 蓉子 #OXsDfJtI[ 編集]
>あこさん
こんばんは。

断トツでハク様が1位だったのは分かる気がしますよね。
ジェハはかなり安定した人気があるというか・・・
私はキジャの次にやはりジェハなんですよね。
お兄ちゃん気質と言いますか、あの面倒見いいのは女性に好まれる理由の1つでもあると思います。

ゼノは孤独そうなんですけど・・・
あこさんのおっしゃる通り交流とかはないと思うのですが、
昔の様々な話を聞くのはゼノしかいないし、
今後のためにもキジャとかにいろいろ聞かれそうじゃないですか?
「昔はどうだったのだ?」とかw
(憧憬持ってる人→キジャ)

これで皆に不死身です!って言ったようなもんだし、
初代から?って気づく人もいるだろうし、今後の行方を示す的な感じでも、
何かしら話が聞けるといいなーという妄想的、希望です!
まー、作者様がスルーする可能性もかなり大きいのですがw


おぉ、剣と盾!違う見解ですね。
こればっかりはどうなるのか作者様次第ですから今後が楽しみですよね~。

・・・これ、はっきりと‘コレ!’って分かるはずですよね?
このまま曖昧な雰囲気で剣と盾が最後の方であぁ、あれだったの?みたいなのは嫌なんですけどw
2014/12/05(金) 22:23 | URL | 緑荻 #-[ 編集]
こんばんは
キャラコン楽しかったですね^^
ハクやっぱり男っぷりがいいですものね。
(個人的には大好きなジェハが3位ってとこがポイントでした)

そして100話ですね(祝!)
ゼノは初代ってわけですよね。
でも意外と初代の他の龍とは交流あっても、
それ以後は交流無く、一人で孤独に放浪していたんじゃないかな・・・というのが私の見解です。
緑萩さんのかんがえられていらっしゃるように、
昔は熱い男だったんだと思いますよ。
龍から血を分けてもらった戦士なわけだから。
そして洗礼は受けてなくても
感性が磨かれていんではないでしょうか。
それで、いろいろ「カン」が鋭くなっているような気がしますね。


ただ、私はこのゼノが予言の剣と盾とは違うような気がしています。
たぶん、イクスのところに戻るんでしょう。
そしてそこに何かしらスウォンの意図が絡みそうな予感がしてます。。。


ますます楽しみですね。
2014/12/05(金) 21:34 | URL | あこ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する