日常生活・愛犬・漫画・ゲーム・小説・映画などハマリモノの紹介&感想

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

老眼鏡作った。それでも眼精疲労がひどい( 9/20)






私のベツコミ感想も最終回です。
明日更新予定の「女王の花」も曾国編が無事終了したので
きりが良くて助かったわー。

気になる作品はあるんだけど・・・一応一区切りってことで。


さて、最終回のしてキスですが説明文が難しい・・・



<一礼して、キス/最終回>
三神と2人きりでの試合。
道場越しに体に響く足踏みの音・・・

三神の射を見つめる杏。
「先輩その歩幅じゃ狭すぎます」
こちらを見てもいないのにそうアドバイスをされ、なんで分かるのか不思議に思う。
「見えてるよ、先輩のことは全部見えてる」

2年間何一つ聞き逃したくなくてずっと見ていたあなたの音。
先輩の射は完全に俺に焼き付いている。
背中を向けててもどこにいても分かるよ。

ーー好きだからーー

次々を射を重ねていくにつれ、三神の中に自分がいることを知る杏。

追いかけてくる、その背中に抱きしめられる

恥ずかしくなってつい目を逸らすが、杏自身が三神を見ると言ったはず。
「こんなに先輩のことを思ってる俺と離れるって言ったんだ。
もっとわからせてやる」

先輩の視界に入りたくてここまで来て見てほしいからここにいる。
こんなに好き・・・
「あなたを見てた俺を見てよ」

自分の背中も杏と同じように震えると告げる三神。
先輩の視線が肩にくると震える、同じ道場にいるってだけでも震える、と。
ずっと追いかけてるんだ・・・
「先輩も追いかけてよ」
いつも自分ばかり追いかけてる・・・


「私もずっと三神くんに震えてるよ?」
三神と同じ言葉を返していく杏。2年間ずっと追いかけてた、と。

とうとう射を外してしまう三神。
キスを交わし、「負けました」とほほ笑む。
でももっと好きになった、と。
「だからもっと追いかけてきて。
もっと追っかけてもらえる男になってくるから」

ーー覚悟しててよーーー


2年後、南大の主将となった沢樹は燃えていた。「今日こそあの三神に勝つ!」
今日は南大と北徒大の親善試合の日。

北徒大に入ってから負けなしの三神、桑原でさえ勝ててないという。
婚姻届片手にそんな話を聞いている杏。
そこへ三神達がやってくる。
選手入場の際、杏の横に来る三神。
「今日絶対勝ちますから」

不安もためらいも消えてずっとあなたのものになるーーー



ってことでハッピーエンドでした。
どこで最終回かな~と思ってたけどやはり大学進学の辺りでしたね。
この後はもうウダウダになるから、ここですっきり終わって正解じゃないかな。

しかし、遠距離を選んだ三神が意外でしたよ。
杏と何が何でも離れたくない!って思ってて自分の可能性を捨てそうだったから。
そこを踏みとどまって少し大人になったのが良かったなーと。
杏の気持ちを再確認し、不安が減ったのもあると思いますが、
杏への信頼、親愛が増えたのが一番でしょうか。

これはね~、道場での2人のやり取り、微妙な空気が文章では出せないので、
是非とも作品上で味わって頂きたいです。
ってか動きがなくて会話だけだと説明に限界が・・・


ユキと奈智の番外編もあるみたいですよ。
あとデラコミで三神と杏の番外編も。
その辺はコミック収録かもしれませんね~。




<ハツハル/第12話>
いやー、リコと海の恋に進展しそうな気配のとこで次回、なんですよ・・・
かなり気にはなるんだけどこれもそろそろ決着つきそうな気がする。
リコ片思い相手が結婚することによって本当に自分の気持ちを
諦めてなくさないといけないと思ってるみたいだし、
海がリコに構い始めて、リコも意識はしてるから!
陰ながら応援しておこ。


<胸が高鳴るのは君のせい/番外編>
有馬とつかさが付き合い始めてからの話。
この作品、本編連載中もちょいちょいは読んでたので流れは分かってる。
実はあまり絵が得意ではないんだけど・・・この番外編はかなり良かったです。
つかさと有馬の良さ?が出てるし、付き合い始めの初々しいトコもあって、
キュンときました。
本編読んでてつかさの片思い中をもっと知ってたらさらに良かったんでしょうけど。
コミック5巻は12/26発売みたい。
全6巻なのかな・・・?今更揃えるのもなんだしね・・・・
しかし、有馬の性格が何気に好みだったんですけど!
つかさの性格も可愛いく見えたんですけど!
くそー、もっとしっかり読んでおけばよかったよー。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する