日常生活・愛犬・漫画・ゲーム・小説・映画などハマリモノの紹介&感想

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

老眼鏡作った。それでも眼精疲労がひどい( 9/20)






久々のだめ!絵が変わった気がする・・・
というか、主役はRuiで、千秋登場せず!

千秋とのだめの‘距離’がどんな風になっていくのか・・・という話の展開を予想してたのに、残念。
これも物語が進む上でしょうがないことかな。


<のだめカンタービレ/Lesson103>
パリに留学して1年が経つRui。
学校でレッスンを受け、練習をし、オクレール先生の家へ向う。
問題のある箇所を指摘しないどころか、「おなか空いた」と言って、
奥様が留守のために作っておいてくれた夕飯をRuiと食べることになる。

だが、Ruiは、鍋に煮込んだ肉すら満足に切れないほど料理が苦手。
「美的感覚を疑う」とすら言われてしまう。
やる事が多いのに、お腹は空く。
健康維持のためだけで食べ物にあまり興味がない。

それを知ったオクレール先生は、
「料理と音楽は同じ。煮込みに入ってるブイヨンは何か?」
と聞くが全く分からないRuiに、
「何しにフランス来たの?」とさえ言い放つ。

名教師なはずなのに、食べ物の話ばかり。
本当にこんな先生なのだろうか?
と思ったRuiは、のだめのオクレール先生の練習を聴講させてもらうことに。

課題曲<スカルラッティ/ソナタ>

フレーズの感情をのだめに聞く先生。
自分の時には曲の話なんてしない。
軽い嫉妬を覚えるRuiだが、「オケを聴くみたいに演奏」
と言われて弾き始めたのだめのピアノに、思わず手が動いてしまう。
その音に気が逸れるのだめだが、先生も気付き、Ruiを追い出す。

のだめにはしっかり時間を取るのに・・・と怒りながら自宅へ戻ると、アメリカから母が来ていた。
入り口で派手なブーツをつい試し履きしちゃってる母。
洗濯・掃除は全くせず、片づけをしない生活をちょっと心配したのだった。
だが、本当は用がないなら来ないという約束のはず。
母親の手料理で1番美味しい‘サラダ巻き’を食べながら、その件を話すと、
「あなたにとって価値のある演奏出演をして」
と言って、出演依頼がたくさんあることを話す。
・・・価値・・・
その言葉に軽い苛立ちとショックを覚えるRuiは、
「久々にピアノが聴きたい」
という母の願いを断って、寝室へと向かう。


学校にて・・・公共の場でピアノを弾いてるリュカを見つけ、遠くから聴くRui。
そこにのだめが現れ、リュカに
「うちにおいでー。おじいちゃんがレッスンしてくれるから。
専属料理人(千秋)もいないなら夕飯もご馳走するし」
と誘われ、一緒に帰るところを目撃する。

その一部始終を眺めてると、後ろから声をかけられる。
「一緒にご飯どう?」
以前、キスをしたことのある男。
「ときめくよう努力したけど時間の無駄だった」
そう言って帰宅するRui。

パリで友達作って恋して・・・
そう思っていたのに、実際はアメリカと変わらずピアノを弾くだけ・・・
何やってるんだろう?
そんな風に考えてしまうのだった。


Ruiがのだめに嫉妬と焦りを覚える物語
になってますね。
ピアノを聞いた時から、オクレール先生の授業を受けてると知った時から、
友達と遊び、恋人(千秋)と恋愛してること・・・
全てが嫉妬になってるみたい。

なので、千秋を絡む場面は全くなし。
最後の1コマに登場するだけとなりました。

それにしても、千秋がいなくなって、リュカのアプローチが凄い(笑)!
ってか、子供だったのに、急に少年になった感じ。
のだめって意外とモテますよねぇ・・・

17巻は、2/13発売です。
任天堂DSソフトは、4/19発売
それに・・・PS2でも6月にソフトが発売されるらしい。
のだめは大好きでファンだけど・・・ゲームは買わない予定です。

4/12は、都響×のだめのシンフォニックコンサートが東京芸実劇場にてあるらしいですよ。
チケット発売は、2/9。
曲目は、
・ベルリオーズ/ローマの謝肉祭
・ラフマ/協奏曲2番
・ブラームス/交響曲1番
ラフマだけ生で聞いてみたいなー。

次回は、2/24(土)です。


<余談>
いやー、「1/2の林檎」もいい感じになってきた。
元々、私的好みからすると新堂みたいな男じゃなく、天野みたいなのがタイプなので、
今となっては、ひかるとくっついてほしいと思う。
新堂は奈津子で十分じゃ!
のだめが休載時でも、これを読みたいのでKissを買ってます。
あとは、「キャバママ」も面白い。
心温まる話が多いんだなー。
あとは、「ウニファミリー」。
犬好きには「あるあるそういうこと!」と思うネタが満載。
とっても共感できるのです。
そして、親バカはうちだけじゃないんだ、と安心も出来る(笑)。
「ホタルノヒカリ」もハラハラする展開で佳境っぽい。

楽しみな雑誌(漫画)があるって、幸せーーv

コメント
この記事へのコメント
>はいしーさん
ですよねぇ。
漫画とか小説とか・・・
好きな作品の新作って待ちきれないぐらいですもん。
2007/02/11(日) 17:23 | URL | 緑荻 #-[ 編集]
>楽しみな雑誌(漫画)があるって、幸せーーv

首がちぎれれそうなぐらいうなずいた

2007/02/11(日) 04:36 | URL | はいしー #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する