日常生活・愛犬・漫画・ゲーム・小説・映画などハマリモノの紹介&感想

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

老眼鏡作った。それでも眼精疲労がひどい( 9/20)






継続買い中ライトノベルです。
最近あまりライトノベルは買ってなかったけど・・・
こないだの‘なりゆき斎王シリーズ’に続いて。




おこぼれ姫と円卓の騎士 (ビーズログ文庫)おこぼれ姫と円卓の騎士 (ビーズログ文庫)
(2012/02/15)
石田リンネ

商品詳細を見る




ソルヴェール国の第一王女・レティーツィアは、将来自分が“女王になる”ことを知っていた――。
結果、優秀な兄たちの“おこぼれ”で王位が転がり込んできたレティは、
王の専属騎士団(ナイツ・オブ・ラウンド/12人)を作るべく、
漢(おとこ)の中の男と評判の騎士・デュークを強引に勧誘。
けれど彼は「『おこぼれ姫』の愛人と呼ばれるのは願い下げ」と一刀両断!! 
ますます彼がほしくなったレティは……!? 




苦手な西洋モノファンタジーだけど、これがかなりヒットでした。
お気に入りライトノベルの1〜2位以内に入るくらいに。
なぜもっと早く買わなかったんだろう・・・
この‘煽り’というか宣伝はかなり損してる!

いろんなのを読んでも手元に残したい!って思うほど気に入るのは少ない。
完結後、もしくはまだ連載中に売っちゃうんですよねー。
これは十二国記、彩雲国物語以外では、残したい作品、2作品目になるかも。
(ちなみに1作品目は、フォーチュンオブウィッカです。
マイナーだけどかなり好きな作品でした。主人公アイリと相方ハイヅカがいいんです)


内政あり外交あり政治的駆け引きあり災害あり・・・国として、王として様々な出来事があります。
12人の専属騎士を手に入れるため奔走したりしつつ、未来の王となる業務をこなし、
おしとやかで心やさしい女王を演じる半面、おてんばで機転がきき、頭も賢く・・・
高飛車な態度と裏腹にお人よしな部分もあったりして。
この主人公レティにとても好感がもてます!

私、‘元気なだけが取り柄’とか‘天然でまっすぐ’とかは苦手なのかも。
頭が良くキレる女主人公の方が断然好きってことが分かりました・・・
(ライトノベル限定)
ドタバタラブコメディっていうのが嫌いじゃないけど、好きでもないっていうか?
策略満載で駆け引きや伏線が多い方が好みだわ。


ラブ度はちょい低めですけど全然問題なし!
レティの活躍ぶりと脇をかためる個性豊かなカッコイイ騎士で相当良い感じでした。
なのであまりラブがないわ~という雰囲気ではないんですよ。
逆ハーに近いけどレティがね、免疫ないから天然というか、
立場的に避けてるというか、まぁ、そんなんでラブ雰囲気があまりない。

現在、父親がまだ王でいるし、母違いの優秀な兄2人の後ろに対立する貴族がいる。
いろんな事が複雑に乱れててんこ盛り。
解決すべく、未来の王として頑張る成長過程を楽しめます。

そうそう、西洋モノなので貴族派閥みたいなものは多いし、
‘ファンタジー’的要素がたっぷりあったりもします。
国内だけではなく隣国、他の国々との交流があり、
キャラ多くて覚えるのが大変なこともあるんですけどね。
文章の書き方がお上手な作者様です。
と言うより担当者がいいのかもしれない。

会話文はかなり多めだし、独白っぽいのも多々あるんだけど、
私が苦手〜とか思うほどではなく、上手く盛り込まれてるっていうのかな。

わりと複雑なのにきちんと頭に入ってくるんですよー。
強くて賢いお姫様が優秀で個性あふれる騎士を集める話、と単純には言い切れない。


分かりやすい伏線もあれば、えぇー!と驚く展開のもありますので、
単調な感じではなくいろいろな‘事件’が垣間見れるんじゃないかと。
ってかよく思いつくな!みたいな感じで、現在は中だるみを感じさせない暴走っぷりです。


12人集めないといけない騎士から計算するとあと4~5巻はありそう。
騎士集めしてない巻もあったりするので、もっといくのかな。
王になるまでに揃えるはずですから、物語は半分とっくに過ぎてると思われます。

王になるまでが最終回なのか、その後の活躍も書かれるのか、
それにもよる気がしますが、まだまだハラハラドキドキな展開の最中。


読んだら、即、次巻が楽しみ!ってなりますよー。


やはり本命はデュークなのかな。
ちょいちょい出てくる未来話から推測するとそうなりそうですが。
兄2人も相当いいけど、一応今は兄妹だし、騎士方面でラブが進むのかしら?
と言っても、先ほど書いた通り、ラブ度低めだからなー。
いやはや、いろいろな意味で待ち遠しい作品です。

個人的には王道デュークもいいけど、仔犬系アストリッドが好き。
男としてじゃなくキャラとして、ね。
でもやっぱりデュークが一番なのかもなー。バランス良いもん。

デビュー作か~、今後も楽しみな作者様ですね!
かなりの推しライトノベルです。




コミック化されてますが・・・小説の方が面白く良く出来てると思われ・・・


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する