日常生活・愛犬・漫画・ゲーム・小説・映画などハマリモノの紹介&感想

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

まだ閑散期・・・( 8/19)






今更ですが読んでみました。
前にドラマ化されてましたけどもちろん見てないんですよ。
そもそもあまり興味がなかったんだけどさ、ちょっと読んだら気になっちゃって。

あの1巻無料読みとか1話無料とか・・・あれでハマるとダメだわ~。




ぴんとこな 1 (Cheeseフラワーコミックス)ぴんとこな 1 (Cheeseフラワーコミックス)
(2010/02/26)
嶋木 あこ

商品詳細を見る



家柄が重んじられる歌舞伎(かぶき)界において、名門の御曹司(おんぞうし)として生まれたにも関わらず、実力のない恭之助(きょうのすけ)。
歌舞伎とは無縁の家に生まれながら、実力のみで最底辺から成り上がろうとする一弥(いちや)。
正反対の2人(ふたり)の男が、なんの因果か同じ女の子・あやめに恋をしたのが物語の始まり。
歌舞伎を愛するあやめに好かれたい恭之助は、コネなんていらないから実力が欲しいと悔し涙を流す。
あやめの目の前で主役を張りたい一弥は、名門の養子になろうと…。嶋木あこが描く、美麗歌舞伎恋物語 第1巻!



びっくりするぐらいドロドロな感じがしました・・・・
予想よりはるかに人間くさいっていうかリアルな感情さらけ出しっていうか?

歌舞伎界において見た目も家柄も恵まれたボンボンの恭之助と、門外の一弥の2人がメイン。
最初の頃は恋愛色強いけど、途中からは対立っていうか対抗心っていうか友情っていうか
オトコ同士の歌舞伎世界でのことが増えていく感じかなぁ。
それでもやはり恋愛もあるのかな。
いや、2人の成長の方が重要視してるかも。

昔から一弥が好きなあやめ、そのあやめを好きになった恭之助、
一弥のことが好きで手段を選ばない師匠娘の優奈、
歌舞伎界での地位か自分の気持ちか揺れる一弥。
この4人がね、もう・・・・

腹黒大好きですけど、今回は一弥じゃなく恭之助が好きでした。
成長していく様も良いしあまり苦労してないせいか性格が明るい。
一弥はいろいろ揉まれすぎててズル賢いを通り過ぎて怖い感じです。
同じ年なのに違いすぎな2人の対比が面白いんでしょうけど。
小さいころの一弥はいいのになー。

しかし、あの師匠娘‘お嬢さん’こと優奈は人間くささが半端ないけど、
好感度は0じゃないかと。読者をイラッとさせるのがうまい女子ですw

あやめのことをずっと好きな一弥をどうにか自分のそばにいさせたい、
何としてでも!というのは同じ女性として分からなくはない。
好きならどうにかしたいですものねぇ。
けどねー、甘いっていうかゆるいっていうか・・・・

逆にあやめは昔お金持ちで今は貧乏で苦労してるけど、
一途に一弥のことを思ってたわけで・・・・そこも変化していくわけですけど・・・

割り切れない気持ちというのが表面に出てる作品だなと思いました。
綺麗事では済まない、頭で分かっててもどうしようもない、そんな‘気持ち’が。
環境や成長、子供から大人になるにつれて変化していく気持ち。

歌舞伎のことも詳しく描かれてるけど、根本はそういう人間物語じゃないでしょうか。


まだ高校生な4人ですよ!?
揺れて揺られて当たり前です。
浅はかさがあって当然。

かなり胃が痛くなりつつも先が気になる展開で継続するつもり。
もー、また増えたよー。

テレビでよく見る歌舞伎役者さん達を見る目も少し変わりますね。

とりあえず区切りのいい14巻発売後で良かったです。
途中だったら先が気になり過ぎたな。

コメント
この記事へのコメント
>とみさん
こんばんは。

いえ、どんな作品かなーと思って冒頭?(ナツがプロを目指してると言った辺り)を読んだだけでした。
最近は、お試し読みが出来る作品も多いので、
どんな雰囲気か掴むのには便利ですよね。

言われてみたら、ヨナハクスウォンも三角関係でした・・・
こちらは当初本当に普通の三角関係でしたが、
だんだんと変化しつつあり、どうなるか楽しみです。
やっぱりヨナとハクの間の疎通が出来るかどうか気になりますし。

そうなんです、7月上旬は毎年恒例の母の誕生日旅行で。
去年も重なってたような気が・・・

ヨナ人気もちょっと落ち着いた感じがあるので、
(私ではなく来訪者の方々が)
当日ではなく翌日にさせて頂くと思います。

読めたら・・・行きの新幹線の中で大雑把にスマホからとりあえずの更新するかもしれません。
2015/06/23(火) 22:36 | URL | 緑荻 #-[ 編集]
え!わざわざ読んで下さったのですか!
オススメしたのではないので、お気になさらないで下さいね~。
何てったって35巻もあるので。
でも、有難うございます!

テニプリは私も読んだのですが(同じく10年以上前に)
どこまで読んだかも忘れてしまいました・・・。
テニスの漫画にハマっている事を人に言うと、
大体テニプリと間違われます(笑)。

ぴんとこなの三角関係は全方向で好きって感じですよね。
確かに変な三角関係・・・。
そう言えばヨナハクスウォンの三角関係もこのタイプでしたね。
少女漫画の恋愛は普通ヒロインの取り合いですが、
男子の友情も絡んでいた方が自分は読んでて楽しいなと思ってます。

7月旅行に行かれるのですね。
気を付けていってらっしゃいませ!
楽しんできて下さいね~。
2015/06/23(火) 22:21 | URL | とみ #-[ 編集]
>とみさん
こんにちは。

あやめと一弥もそうですが恭之介もかなりこの2人を好きですよね。
何だか変な三角関係だなーって思いました。
恋愛、友情、それぞれの意味の‘好き’が交錯してるんですよね。

ベイビーステッピ、サンプル読んできました。
あの生真面目神経質主人公がテニスを通して変化していく話でしょうか。
テニス漫画・・・10年以上前にテニプリ(これはテニス漫画じゃないかw)読んだきりです・・・
ここ最近スポ根はご無沙汰でした。
少年&青年漫画もたまにいいのがあると嬉しくなりますよね。
2015/06/23(火) 10:16 | URL | 緑荻 #-[ 編集]
緑荻さん、まいどです。
そうそう。恭之介の素直さに救われますよね~。
あやめと一弥が恭之介大好きすぎて、
そのうちお互いに嫉妬したりするのでしょうか。
もとは恋人だったはずなんですけどね(笑)。

スポ根漫画のタイトルは「ベイビーステップ」と言って、
テニスの漫画です。既刊35巻、買っちゃいました。
パワーというより頭脳プレーって感じなのが面白いです。
おお振りとかジャイキリとかにも一時期ハマってたのですが、
最近のスポ根は頭も良く使ってて凄いなーと思いながら読んでます。
2015/06/22(月) 22:17 | URL | とみ #-[ 編集]
>とみさん
こんにちは。

最初の方は恋愛漫画なのか友情漫画なのか歌舞伎漫画なのか・・・
方向性が分からなくてごちゃっとしたイメージですよね。
途中からは友情漫画に落ち着いた感じがします。
あやめがヒロインですよね、最初の頃の絵が手抜きっていうか・・・
あまり可愛く描けてないので笑ってしまいます。
一弥はやはり暗すぎる、黒すぎるんでしょうかね?
恭之介の素直さに救われるような作品じゃないかと。


1巻無料は読むのにホント覚悟がいりますよー。
気に入った場合に続きを買う覚悟というんでしょうか。
30巻超えのスポ根漫画ってなんだろ?
これは集めるのに相当・・・
2015/06/22(月) 10:42 | URL | 緑荻 #-[ 編集]
緑荻さん、こんばんは。
ぴんとこな、面白いですよね!
自分も最初の方は雑誌で読んでて3巻目くらいの話から
「お?面白いな」と思い始めて。
恋愛より男同士の友情の方が読んでて楽しいですね~。
私も恭之助派です!
ヒロインは、あまり目立ちませんね・・・。

1巻無料は、覚悟が必要ですよね。
これのせいで今年は30巻超えのスポ根漫画を買ってしまいました。
他にもまだ続きが読みたいのがあるけどキリがないので耐えます・・・。
2015/06/21(日) 22:50 | URL | とみ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する