日常生活・愛犬・漫画・ゲーム・小説・映画などハマリモノの紹介&感想

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

老眼鏡作った。それでも眼精疲労がひどい( 9/20)






今回のハマリっぷりは時代物オンリーですので・・・
興味ない方はスルーしてくださいね。
なぜにこんなハマってるのか自分でも不思議。



CIMG4775.jpg


風野さん、味見同心&爺いとひよこの捕物帳シリーズは継続中。
味見同心、前回衝撃的なトコで終わったけど、今後が楽しみな展開になってます。



<北町奉行所捕物控シリーズ>
8巻が2012年に出てそれっきり・・・
完結でもないのに中途半端な状態のようです。
先が読みたくで身悶えしてるんですけど!?
もう、ホントに面白くてハマりすぎなのでどうにかしてほしい。


<飴玉同心シリーズ/藤堂房良著>
飴玉を舐めてないと怖い表情になる桐谷左門は吉原の‘つらばん’に詰める隠密同心。
この主人公が吉原に絡む事件などを解決していきます。
上司である南町奉行はなんと‘根岸肥前守’!!!←かなり嬉しい

某所では意見が真っ二つのようですが、デビュー作(もとは劇画作家さんみたいで活字デビューってことみたい)
でこのクオリティだったら全く問題なく楽しめると思います。
ただ、確かに・・・主人公のキャラにもうちょい愛着がわくようにもっていった方がいいかもしれない。
脇役の‘夏’の方が人気があるのは、その‘人となり’が分かりやすいせいじゃないかな。
魚、豆が食べられない、苦手である。
飴玉を舐めている。
遊女とさるお大名の子供であるが養子となって同心になった。
などなど設定はきっちりしてるんだけど、何となく影が薄いんですよねー。
キレ者なのは分かるんだけど、魅力が今一歩足りない感じです。

とりあえず4巻まで出てるようなので継続。



<口入れ屋お千恵 繁盛記シリーズ/桑島かおり著>
ある出来事により武家から町人に身を落とし、女人専門の口入れ屋を始めた千恵の奮闘記。

タイトルの繁盛記っていうより奮闘記だと思いましたww
もう~このお千恵さんが出来過ぎた人間で素晴らしいですよ。
悲しく大変な出来事があったのに、江戸で女性が思うように働く場を作りたいという気持ちや、
その親切心を超えるほどの丁寧な仕事ぶり。
まだ20歳そこそこなのに、武家の出だったせいか品もあるししっかりもしてるし、人格者すぎる!

でもって・・・武家時代の許嫁だった孝四郎との恋愛もかなりドキドキです。
町人となってしまった千恵は、幼馴染で元婚約者である風烈廻り同心の孝四郎と、
いまだに‘幼馴染としての’付き合いをしているのだけど、
恋愛を意識し、結婚を意識し、身分や自分の過去の出来事と板挟みになっていく姿がね~。
でもって孝四郎もかなり良い男です!

基本的には、口入れ屋として娘達の仕事先を斡旋し、そこでの問題解決などがメインですが、
恋愛ネタもかなりメインに近い気がしました。
一応、人情モノ・・・なのかな・・・

3巻で完結とは記載がしてなかったけど、続きが出てないっぽい。
一応、話としては区切りがついてるけど、その後が読みたいなーと思いました。





コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する