日常生活・愛犬・漫画・ゲーム・小説・映画などハマリモノの紹介&感想

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

また閑散期・・・( 6/5)






どこまで続くか、時代物。
風野真知雄さんのシリーズ、長谷川卓さんの闇の陣羽織の続きのシリーズ‘惚れられ官兵衛’は継続中。


IMG_2871.jpg


<飴玉同心3>
脇役で人気の夏の素性が分かり、今まで隠されてた問題もひと段落。
これからどういう展開になるのか、気になる。あと1巻出てるので借りる。


<天保怪盗伝/小杉健治著>
<新九郎外道伝/小杉健治著>

この2作品は・・・うーん・・・
作品としては悪くないはずなんだけど主人公にどうも魅力を感じず・・・


<なめくじ長屋捕物さわぎ/都筑道夫著>
こちらもちょっと古い作品のせいか文章が読みづらく感じた。
事件が起こる→それを長屋の面々が解決する、
という構図だけど解決の過程はほとんど書かれてない。
問題提起してすぐ回答が出るのはちょっとな〜。



IMG_2882.jpg








<戻り舟同心シリーズ>
息子に同心の代を譲り隠居した二ツ森伝次郎。
だが隠居後も町人の揉め事解決などに勤しんでいた。
そこに長らく未解決の事件を洗い直さないか、と
声がかかり、同心時代からの長年の朋友や
やはり隠居した岡っ引きと一緒に難事件を解決していく。

というまたアクの強い偏屈な男が主人公です。
そして登場人物多いよーー。
伝次郎、息子、孫、と3代続いて同心稼業です。
ベテランの伝次郎をそつがない息子(40代)が心配しつつ、
孫(10代)を見張りがてらつけて鍛えてもらおう!っていう
世代ごとのいろいろな見方や悩みが透けて見え、
事件だけでなく家族の関係も気になります。

続き?
もちろん読む!!!

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する