日常生活・愛犬・漫画・ゲーム・小説・映画などハマリモノの紹介&感想

2018/051234567891011121314151617181920212223242526272829302018/07

5,20日暁のヨナ、15,25,30日他記事更新






マニアック路線だったか?
普通の恋愛モノじゃないのを読みたかったから・・・








「おっぱい触らせてください」待て待て待て、口説くってそういうコトじゃないぞ! 
恐竜オタクの超マイペース研究室ラブコメディ!! 舞台は某大学・生物学科の研究室。
今年の新一年生・菖蒲瞬(あやめしゅん)は風変わりな男の子。
考古学者の息子で英国帰り。恐竜オタクで、好奇心旺盛。優秀な研究者になること間違いなし!
 ……と思いきや、先輩女史・椿(つばき)の裸を見てからは彼女に興味津々。
デートのお誘いもキスの仕方もとぼけた調子のくせに、やたら押せ押せで…!?




変な人ばかりいる研究室での恋愛模様です。
正直、絵は上手くない。
そして何だか幼いアヤメが良く見える時もあり悪く見える時もあり、
感想に困る作品でしたw

椿ちゃんもね、美人なんだけど‘骨’が好きという変わり者。
生きてるものは全然ダメで死んだあとなら余裕で好きっていう・・・
その椿とアヤメの恋愛がメインとなってます。

恋愛初心者のアヤメ、変人でいろいろズレてる純なところに惹かれていく椿。
5巻現在、かなり落ち着いた状況で、将来の話などにシフトしつつある。

継続しては買わないですが、なかなか興味深い感じではありました。


・・・褒めるとこが見つけずらい。
悪いわけじゃないんだけど何で?














東京のKDS銀行本社から大和郡山支店に転勤でやってきた元エリート銀行マン・香芝誠。
ささくれ立った心をむき出しにして歩いていた香芝が、
束の間の清涼を求めて偶然足を踏み入れた先は金魚問屋だった。
地元住民たちが楽しむ“金魚すくい”の光景を、最初は気にも留めずにいた香芝だったが……!? 



確かにあれ以上はダラダラしそうではあるけど、
まだまだネタは作れそうだったので3巻は短く物足りなかった。
あと2巻くらいはあっても良かったなー。

本当に金魚すくいネタばかりです。
香芝が地元の女性に恋心を抱くことはあっても基本、金魚すくい。
初心者な上、真面目な性格だからハマり始めの集中力と、
勉強熱心なところが微笑ましかった。

ちょいちょい地元民のエピソードなんかもあったりして、
よくまとまってたと思います。


簡単そうに見えて奥が深く難しい金魚すくい。
全国大会みたいなレベルだと本当に凄そうですね。

最近、金魚すくいって見かけないなー。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する