日常生活・愛犬・漫画・ゲーム・小説・映画などハマリモノの紹介&感想

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

まだ閑散期・・・( 8/19)






渡瀬悠宇さんの少年漫画です。
渡瀬さんといえば、ふしぎ遊戯でお馴染みですが、
初の少年漫画ということで当時話題となりました。

20巻越えて結構な巻数になってきてたし、もう佳境っぽいので読んでみた。






人と神々が共に生きる世界“天和国”(アマワクニ)では、剣の姿の神、“劍神”(ハヤガミ)を所持する鞘(ショウ)と、
鞘を治める統治者である秘女王(ヒメオウ)によって平和が保たれていた。
だが、30年に一度行われる秘女王交代の儀式の中、鞘の頂点に立つ十二神鞘(じゅうにシンショウ)の突然の裏切りによって秘女王は倒れる。
儀式に参加したため暗殺の濡れ衣を着せられ、逃亡することになった秘女族(ヒメぞく)の少年アラタは、
行き着いた森に飲み込まれ闇の中へと消えてしまう。
そして現代の日本、やっと出来た友達の裏切りに遭い、絶望の底にいた高校生の革(あらた)は、
何かに導かれるかのように、とある路地へと迷い込む。その出口は、アラタがいた幻想の世界だった。



異世界との入れ替わりファンタジーで、設定はふし遊と似てるところが多々あります。
・異世界にいって自分の役割を与えられる
・能力が使える

主人公の性別の差はあれど、同じような世界観の雰囲気があるので、
ふし遊好きな方でもすんなり読めるのではないかと。

絵は安定してるし、
(玄武開伝でもそうだったけど休載明けは絵に変化あります)
ギャグやらシリアスやらラブやら・・・もちろんてんこ盛り。
ただ、最初の数巻、世界観に馴染むのと、W主人公に近いので、ちょっと分かりづらいかも。
某所で読んだ私は初読みの際、途中であきらめちゃったし。

こちらの世界の革(あらた)と異世界のアラタの入れ替わり。
さらに森やいろいろな場所を通して、入れ替わった人が数多くいる。
そして、‘鞘’となった人は歳を取らなくなり、何百年でも生きられるが、
強い鞘に‘降る’と命が、そちらに移ってしまう。



世界を治める秘女王が倒れたことによって、“劍神”の封印が解け、所持者である鞘達は全ての“劍神”を得て自らが大王(オオキミ)になり世界を征するため熾烈な争いを始める。
その戦いに無関係な人々が巻き込まれて命を失う様を見た革は、自ら「大王争い」に加わり、戦いを終わらせる覚悟を決める。


過程はこんな感じで、強い鞘との降し合いがメイン。
少年漫画なので戦闘シーンはかなり多いです。

いろんな能力が出てきて面白いんですよー。
ふし遊でもたくさん出てきたけど、よく考えられるなーっていうのばかりで感心しちゃいます。

日本で裏切りにあった友達である‘門脇’も革を追いかけ、異世界へやってくるため、
戦闘がさらに激化していき、友達だと思ってたのに今は敵、いやまだ友達・・・?
と揺れる気持ちもあるし、弱い自分を変えたいという成長ももちろん描かれてます。

おぉ、典型的な少年漫画じゃないか!





コメント
この記事へのコメント
>とみさん
ご無沙汰です~。
ホント、めっきり涼しくなってきましたよね。
さすがに夏物はもう仕舞いました。
私は更年期もあるせいか暑がりになっているので、
冬が待ち遠しかったりしますw

私も最初は無料版で読んでみまして・・・
最初の方は世界観に入りづらかったのですが、
そこはファンタジー!入り込んでしまえば面白く読めましたよー。

確かに門脇は少し性格が変化したように思えます。
当初よりは嫌な奴じゃなくなってきたような・・・?

キャラが多く個性派なのもこの作者さんの魅力ですよね。
そう!兄貴っぽいのから様々なキャラばかりで、
そして男キャラが多いから潤いが・・・w

ふしぎ遊戯、あと白虎だけですよね。
描かれるとはおっしゃってましたが、いつになるか・・・
ここまできたら全制覇したい気持ちもあります。
完結まで20年くらいかかるなら私の年齢的に厳しいかもしれませんけど。
(でもあり得る)

少年漫画でもあり、少女漫画風でもある作品でした。
2016/09/22(木) 09:44 | URL | 緑荻 #-[ 編集]
どうもお久しぶりです!すっかり涼しくなりましたね~。
自分は夏好きなので、秋になると寂しくなります。

アラタカンガタリ、リマスター版でしかも5巻までしか読んでませんが、
少年漫画って感じで面白いですよね!
通常版だと多分、9巻くらいまでかなと思います。

私はカンナギが一番好きでしたよ~。兄貴って感じでカッコ良いので。
門脇はいまひとつ好きになれないキャラだったのですが、
最新刊あたりで少しは性格変わってきてますか・・・?

渡瀬さんは絵も話も上手な漫画家さんですよね。
ふしぎ遊戯は昔、少女コミック本誌で読んでました。
当時から他の作家さんと比べて頭一つ抜けて上手かった記憶があります。
2016/09/21(水) 22:23 | URL | とみ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する