日常生活・愛犬・漫画・ゲーム・小説・映画などハマリモノの紹介&感想

2017/101234567891011121314151617181920212223242526272829302017/12

ハイペースで本が読めなくなった( 11/20)






作者様被災のため久しぶりでした。
何はともあれご無事でよかった。

しかしどこからだっけ・・・・と思いきや、超気になるとこからじゃないの!
微笑ましいバカップルっぷりの説明が難しい。(^m^ )




<暁のヨナ 第123話/言えない気持ち>
「ハクに触れたい」
自分の言ったことに恥ずかしくなり、その場から去ろうとするヨナ。

戻りかけにつまづき、ハクに腕を取られ、手がそのままおでこに・・・
「熱はないな」
~もしかして熱があるのは俺?~
~もしかして幻聴?~

聞こえてなかったっぽいと安心するヨナだが、久しぶりなのでやはり一緒にいたいと思う。
「眠れないの、少し話さない?」

~しゃべって落ち着きたかっただけか。やはりさっきのは幻聴・・・~

手を差し出し、あっちに座ろうと言うハク。
手を取ろうとするヨナだが、だいぶお風呂に入ってないことに気づき、
髪まで洗えてないからきっとくさいはず、とハクを避ける。

話をするっていうから手を引こうと思ったのに、近寄ることすら許されないのか。
怒って言うハクは距離をとり、「何の話?プッキューの頬嚢の中身について?」と冷めた感じだ。
「もう少し近くで話したいです」

するするとヨナに寄っていくが手を伸ばした距離で止められてしまう。
「ここまでで」

意味が分からないハク。ヨナは自分がにおうからだと説明する。
「は?今更?もう1回言うぞ、今更?」
今までだって泥まみれだし風呂も入れないし、いつも通りなのに気にするヨナに、
お互い様だし気にしないと言って、隣に座るよう促す。
だが、ヨナは一定の距離から近づかない。

「気にしてねっていってるだろ、めんどくせぇな」
腕を引きながら近寄らせようとするが、ヨナもかなりの抵抗を見せる。
「ったく・・・」結局ハクに引かれ、胸に顔をうずめる体勢に。
そのまま座り込んでしまうヨナ。
「放して」

ここで放したらやっぱくさいんだって話になるからとそのままぎゅーっと抱きしめるハク。
「髪に顔近付けないで」「はいはい」と言って近づける。
「絶対遊んでるでしょ」「まさか」
「娘さんいい匂いだから~」「ゼノの真似しても駄目だから!」

抱き合ったまま会話を交わす。
まぶたの腫れや足の怪我を気にするハクに、謝らないでというヨナ。
「あんたみたいな格好いい女見たことねぇよ」
ハクに褒められとても嬉しく思う。

今日のヨナは突然の綺麗好きでまるで女子みたいで、もはや懐かしい、と言われ
過去を思い出す。
スウォンと話す時間が嬉しくて楽しくて待ち遠しかった。
でもハクといる時は少し違う。
呼吸するのが苦しくて言葉を紡ぐのも怖くなる。
ーーでも近づきたくてたまらないーー

会ったばかりの人間(ツバル)を信用し側を離れた己の考えが甘くて嫌になる。
とこぼしたハクに、優しくしてくれた人を疑うのはとても苦しいことだから、とささやく。

~ハク
返そうと思ってたの 時が来たら父上の命に従ってたお前に自由を
どうしよう その時が来ても私 きっとハクを離せない~




ハク様やはり幻聴ネタにしてしまいました・・・
本当に片想いが長いと病が深いですねw

しかし始終ずっとラブ度が高くってこんな回は初めてなんじゃないでしょうか。
ヨナはきちんと気付き始めたみたいだけど、ハクはどうなんだろう?
好きなんだろうけど、何となく‘好き’の種類がヨナと違うっていうか・・・?
恋愛は恋愛なんだけど、片想いが長い分達観しちゃってるっていうのかしら?

これではヨナが「好きだ」と言ったとしても、からかうとかではなく、
ハクとしてはあまりに突拍子もないことすぎて信じないかもしれませんね。
まぁヨナが好きだという日がくるかどうかは別として。


さて今後の展開はどうなるやら。
スウォン側の話も出てくるだろうし、ヨナ達がどうなっていくのかさっぱり分かりません。


とりあえずラブ満喫で良かった~。
けど、最近のハクは不穏な気配がします。
少女漫画でハクを死なせるなんてことはないだろうけど。


次回、6/3(金)です。




神様はじめました、は最終回でした。
2回分抜けてたけど、最後だけしっかり読めました。
結婚式から月日は飛んで、人間世界に暮らして10年後まで描かれてて、
ハッピーエンドで何より。



コメント
この記事へのコメント
>vicさん
こんにちは。

こちらも初夏のような陽気です。
今年は早くから暑いですよね。

2人っきり・・・というのは逃亡生活以来でしょうか。
1回まるっとハクヨナだけって珍しいですよね。
しかもこのラブ度は滅多にない。
この程度で‘すごい’と思うのは通常いかにラブが少ないかが、言わずもがなというか?

何だかそろそろ佳境に入りそうな気がします。
どういう展開になるんでしょうね。
2016/05/24(火) 10:51 | URL | 緑荻 #-[ 編集]
こんにちは
こちらはもう夏~~!!です

今号は まったく 二人きり!!の世界でどきどきしましたよ!! (予想外・・・(^◇^))

別にすごいことはしていない・・・のですがこの二人としては すごいことをしていました!!  ワハハ (*^▽^*)感動しましたよ

次回は また新展開?
私としては ヨナとハクの関係も新展開してほしいですが・・・・

次号は発売日がちょい早いので よしよしと思っています
2016/05/24(火) 09:46 | URL | vic #30L7G2Bs[ 編集]
>とみさん
こんにちは。
コメント欄が随分落ち着いた感じで寂しいです。(T_T)
長期連載になってきてアニメ化や舞台化も終わり、ファン熱を保てなる時期に突入でしょうか。
私はまだ追っていきますけど。


ヨナ開始以来のラブ度です。
お互いの気持ちはもう向き合ってるのであとは確認ですが、
そこの道のりがまだ遠そうな気がしますね。

ハクの不穏で何かあってヨナもハクも改めて自覚するかも〜、
その時認識し合うかも〜と不安な想像をしてしまいました。
これは嫌なパターンです。

でもチューはその辺りじゃないかとw


私もキリ番踏めませんでした。
200万の機会があったら是非!

2016/05/22(日) 18:29 | URL | 緑荻 #-[ 編集]
緑荻さん、150万アクセス突破おめでとうございます!
キリ番踏めなかった・・・!

今回のお話、ラブ度高めなんですね。
コミックスで読めるのが楽しみです!
ハクヨナの口チューはまだですかね?そろそろ見たいですね~。
2016/05/22(日) 16:43 | URL | とみ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する