日常生活・愛犬・漫画・ゲーム・小説・映画などハマリモノの紹介&感想

2017/01123456789101112131415161718192021222324252627282017/03

真三國無双8、発売するのかー。PS5持ってないんだけどー( 1/20)






文句を言いつつも読み終えました。
だったら文句言うな!って感じなんですけど・・・
全面的にオススメとも言い難いんですよね。



<クラッシュ・ブレイズシリーズ>
<天使たちの課外活動シリーズ>
<トゥルークの海賊シリーズ>

CIMG4935.jpg
CIMG4950.jpg
CIMG4951.jpg



茅田砂胡さん、このネタだけで食べていけるなw

デルフィニア戦記の読者さんならこれも読み進めるだろうと思います。
ただ、前に書いた通り、2次創作的な雰囲気がね・・・すごいんですよ・・・
もちろん作者さんが書いてるわけだから公式な作品ではあるんだけど、
その辺りの好みがホント分かれそうっていうか・・・

クラッシュブレイズは前作品からの引継ぎ部分から始まるわけで、
どうして作品の名前を変更したのかすらわからないような、
同じような内容となってます。

リィ、ルゥ、シェラの活躍はもちろん、ケリーとジャスミンも登場するし。
全員登場でみんなが活躍!っていう場面もあるけど、わりと個々に焦点があたってて、
1冊ごとに主役が違い、内容もそれぞれなので、私自身好みがかなり分かれました。
面白く読めるのもあったし、イマイチで飛ばしまくりのもあったり。

デルフィニアで明かされなかった部分も多いのでそういうのを目当てに読んでたかもしれない。
それでも、リィ達メインでも何だかなっていう巻もあった。





天使たちの課外活動は良かった!
リィ、ルゥ、シェラの学生生活や新しい仲間、
それにデルフィニアのレティシアやヴァンツァーも仲良く活動してた。
デルフィニアで敵対してても、その後の暁〜やクラッシュ〜でみんなが仲良く、
学生生活しつつ活動してるのを見るのはすごく楽しかったー。
これまだ完結してないんですね・・・



トゥルークはケリー&ジャスミンがメイン。
天使たち~とシンクロしつつ進んでいきます。
が!ルゥがライジャ両親と会ったことや惑星トゥルークに接したことが
抜けてるっぽくて読み進めるのが気持ち悪かった。
1話分か1冊分か・・・どこかに書かれてるんだよな・・・
と思って読んでたら3巻末に書いてあった。
これはちょっと不親切ですな。





<スカーレット・ウィザード>
CIMG4952.jpg



宇宙モノ苦手だから避けてたけど結局読むならデルフィニア戦記の後に読めば良かったですねぇ。
ゴチャゴチャとした説明は飛ばしつつ、ケリー&ジャスミンの馴れ初めや結婚生活などを知るために、
読破しました。

登場人物のほとんどはその後の暁~やクラッシュ、などでも登場してたため、
あぁ、この人はこういう立ち位置だったのかとか今更知って感動w

私はケリーよりジャスミンが好きだわ。
リィが‘健康的な女性’って言ってた意味がよく分かる。

この後に暁~に繋がって、ケリーもジャスミンも復活するわけで・・・
あぁ、やはり順番通りに読むべきだった、もう一度、暁~に戻っちゃう?と悩みました。







ってことですべて読んで終了。

デルフィニアって目的っていうか骨格があるんですよね。
ウォルが玉座を追われ取り返し、国を立て直し、諸外国との諸々を処理して~っていう根本的なのが。

スカーレットも跡継ぎとしてのジャスミンの義務や企業の内争をどうにかしなくては、みたいなのがある。

この2作品はきちんとしてました。
だけど他作品はごちゃ混ぜになってるせいか、日常的な活躍が多いため目的や骨格部分がない。
だからあまり熱心になれなかったのかもしれない。

悪く言えば内容がない。
良く言えばいろんなキャラが出て楽しく読める。


デリフィニア戦記だけはやはり買ってもいいかもしれない。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する