日常生活・愛犬・漫画・ゲーム・小説・映画などハマリモノの紹介&感想

2017/04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/06

漫画や小説の中で一番の好みが燕青、次がウォル、次が尚隆!全員同じ!?( 5/8)






まさかの○○ネタ!
こういうのは無縁かと思ってたけど・・・
そっかー、ヨナも普通に女の子設定だったんだーって。
しかし野郎どもに囲まれて不便すぎるよね。
いつもどうしてるんだろう。



<暁のヨナ 第128話/対立>

タオ姫から真国は高華国の属国になることを望んでると聞き、驚くヨナ達。
斉国の戦いに勝利し、南戒の金州を制圧、北戒のリ・ハザラをも破るスウォン。
次の狙いは真国のはずだと。

姉のコウレン姫は他国に蹂躙されるなど受け入れられない。
たとえ死んでもこの国の矜持を保とうとするだろうが、今の軍事力は高華国に及ばない。
真国の多くの民が犠牲になるなら降るしかない。

説明を受けて、どうして自分達にそんな話をしたのか不思議に思う。
「あなた方はスウォン王の配下ではないのですか?」

ホツマ・クシビ砦で一緒に闘ったからそう思ってたとタオ姫は言う。
たまたま目的が同じだっただけ、とハクに言われ、
それでもスウォン王と面識があるなら、その人柄を知りたいと返され、沈黙がその場に落ちる。

「にゃん達が腹減ったってよ。メシにしねぇか?」
アルギラの一声で、タオは立ち話ばかりさせていたことに気づき、食事に誘う。

みなで座って料理を囲みながら、ヨナは自分の不調を感じる。
少しお腹が痛い。昨日から身体も重い。
厠へ行ってこようと立ち上がった瞬間、足を伝って流れる血が・・・・

うそっ・・・
隠すようにしゃがみこむヨナ。
ーーちょっと待って どうしてこんな時にーー
青ざめるヨナに隣にいたハクが「顔色悪いですよ」と近づいて声をかける。

「近寄らないでっ」
ハクの顔を手のひらで押さえつけ、寄らないようにする。

「・・・近寄ってすみませんでした」
ヨナとハクの様子にジェハやユンも気付く。
「大丈夫?」

それを見ていたタオ姫は、料理に敷いてた布を抱え、ヨナの頭からかぶせて言う。
「ヨナさんはお眠のお時間なのでお休みします。食事を続けてて下さい」
ヨナを抱き寄せたまま走り去る2人。

服を借り、寝台を借り、横にならせてもらうヨナ。
「いつもは痛みとかなくて平気だったのに気が緩んでるのかな」

使用人もいない、タオ姫の隠れ家的な所だと聞かされ、
自分達を連れてきてよかったのか、訪ねる。

斉国の砦の建設に真国の民も奴隷として連れて行かれた。
そこには町に出かけていて誘拐された自分の女官もいた。
砦の環境は劣悪で人としての心も失いかけてた時、
‘白き化け物’が現れ彼女を助けてくれた。
見たこともないほどあまりに美しくて天の使いではないかと思ったと言う。

「それはキジャねっ」
嬉しそうに言うヨナに、タオは、本当にいらしたんだと思うと嬉しくて、
だからお会いしたいと思った一番に理由は、彼女に代ってお礼を言うことだった。
そしてスウォン王の命令で動いてると思ったから、
なんとかスウォン王と話し合いの場を作れたらと思ったと。

スウォンはタオ姫の話しを聞いてくれるかもしれない。
けどスウォンに話を通すなんて私には・・・

そんな気持ちを隠して、「タオ姫はお小さいのにしっかりしてる」とこぼす。
「こう見えて19歳なのです」
若く見られてお得です、と話すのを見て可愛い人だなと思うヨナ。


夜風に当たるため外に出たヨナは「死ね タオ姫」と襲いかかられる。
そこを現れたハクが抱きしめながら防ぎヨナを守る。
が、近寄ってるという事実に気づき・・・
「近寄ってすみませんでした」と離れていく。

あぁ、根に持ってる・・・とヨナがさっきの説明をしようとすると、
後ろで人が倒れた音が・・・

「ほらほらいちゃいちゃしてると殺られるよ、ハク」
笑ってジェハが言う。
「そんな楽しいことしてるように見えるのかよ」
ハクの片想いは重症だ。

他の四龍やユンも集まってくる。
自分をタオ姫だと思って殺そうとしたとヨナから説明を受け、シンアが言う。
「こいつらだけじゃない。この谷に何人も入りこんでる」

ーータオ姫が危ないーー





プッキューが猫達と仲良くしてる絵も描かれたりしてました。
微笑ましい感じ。

が!あれですよ、女の子限定ネタですよ・・・
私、こういう少女漫画ってそういう‘現実’を無視してると思ってたのでビックリ。
タオ姫と2人になれる‘きっかけ’、タオ姫に間違えられる状況を作るため服を借りるということ、
それらを踏まえて、この状況が自然だと思ったのかもしれませんね。

しかしビックリw


でもって、真国にいるのに四龍の体調は悪くなさそう。
戒帝国に入った際には結構すぐ不調になってたけど・・・
まぁ、他の時も大丈夫でしたし・・・
納得はいってないけど説明もなさそうなのでスルー方向なんでしょうかね~?

スウォンとの橋渡しですが、リリに頼めばすぐじゃないかとw
確かにそうすれば話し合いは可能になるけど、うーん・・・第2皇女の話ってことで、
前にも書いた通り、やはりすんなり飲み込みたくない私です。

民を思いやり真国を滅ぼしたくないという気持ちも分からなくはないです。
ただ、王位継承者でもないタオ姫が言うことで、真国からしてみたら、
反乱、クーデターみたいに取られるんじゃないのかなぁ?

こちらにはこちらの正義があったとしても、立場が弱い、と思ってしまいます。

ヨナ達は随分入れ込んでしまってどうなるやら。



次回は、9/5です。


週末なのでダンナ様在宅のため、ドラマCDはまだ聞いてません。
そして21巻(通常版)もまだ届いてないよー。




追記
新刊読みました。
リリの首の縄がきちんと書き足しされてて良かった!



コメント
この記事へのコメント
>Takさん
こんにちは。

いつもいつも思うのです。
最終的に1巻冒頭のヨナになるわけで、
それにはどういう道のりなのかなぁ、と。
あの状況はどういうことかなぁ、と。
明らかに城外で旅途中な感じですよね。
でもヨナ姫と呼ばれてるから、四龍でもなくハクでもない。
高華国の護衛っぽく見える。

となると・・・スウォンと和解するのか、討つのか、
それともスウォン死亡でヨナが継承者として浮上するのか。
四龍やハクの行方、など、どうなっているんだろうと思うと、
そこを目指して最終話になるわけですから、
何となくの道のりが見えてこなくもないかな~とか・・・
2016/08/22(月) 10:05 | URL | 緑荻 #-[ 編集]
>vicさん
こんにちは。
こちらも暑くてとけそうです・・・
ただあと2週間もすれば朝晩は過ごしやすくなるはず、と思ってます。

BASARA、何となく思いだしてきました。
というか、仇と知って結ばれて~みたいな辺りは覚えてるのですが、
やはり忘れてる部分が大半のようです。
機会があったら読み直さなくては。

あれはファンタジーっぽいけど、わりとリアルな話でしたよね。
田村先生はそういうのが得意なのかな。
(7SEEDSとか)
2016/08/22(月) 10:00 | URL | 緑荻 #-[ 編集]
やっぱり最後は水戸黄門的な隠密!?

でも一定の権限があり、仲介はリリとか?
スウォンの命とかじゃないけど、ヨナ達が情報を与えたり、、、斉国も真国もかいてい国も今のままでは、高華国には不満が残りますよね?
それをヨナ達がいろんなとこを回り解決していく。時代が過ぎ、緋龍王のように高華国を作った王ではなく、民をまとめを国関係なく力を尽くした、、、みたいな伝説が語り継がれるみたいな(((^^;)
2016/08/21(日) 20:07 | URL | Tak #-[ 編集]
暑すぎて溶けそうです
再び失礼します

BASARAの件
ヒロインが男性戦士と偽っていましたよね!?
でも恋を自覚して「彼」と出会うと「女」に戻ってしまい 体も戻ってアレが来るという場面があったと思います

もっと凄いのは
「彼」が「仇」と知ってから 結ばれてしまったのを後悔した体からアレが止まらない・・・・

なんてのもありましたよ・・・・
いろんな意味でBASARAは強烈な印象があって 大好きなんです

2016/08/21(日) 12:52 | URL | vic #30L7G2Bs[ 編集]
>しゃーさん
コメント&御来訪有難うございます。

ゼノが言ってた、緋龍城から遠くなると加護が~云々によって抵抗力がなくなり、
風邪などが移りやすくなるってことなんでしょうか。

緋龍城から遠ざかる=体調を崩す、という構図ではなく、あくまで抵抗力が下がるってことなんですね。
それなら、何となく納得できます!

あ、ちょっとすっきりしました。
有難うございます。

抵抗力が下がるという言葉を忘れてましたw
2016/08/21(日) 10:19 | URL | 緑荻 #-[ 編集]
はじめまして
いつも拝見させて頂いてます。

私思ったんですけど、四龍が体調を崩したときはカルガンの風邪がうつってしまっただけなので、そういうことがなければ大丈夫な気がするんです。

それに、子供みたいに抵抗力が低くなるだけなので、そう頻繁に体調を崩さないと思いますよ。
2016/08/21(日) 01:32 | URL | しゃー #-[ 編集]
>vicさん
こんばんは。

BASARAは私もお借りして何度か読みました。
過去に感想書いたはず・・・
かなり印象的で、でも好きな感じだったのに内容が抜けてまして、
そのネタあったっけ?と考えてしまいました。

スウォン配下、という言葉が出てきて、それがヨナ達の分岐となるのか、
それとも単に言葉の問題か・・・気になる未来ですね。

隠密、配下。
いずれにしてもスウォンにとってヨナ達が国のためになる存在だと認めてくれてる事を願います。
2016/08/20(土) 20:26 | URL | 緑荻 #-[ 編集]
驚きました
今晩は
確かに 男性達に囲まれて若い女の子一人が旅をする・・・・

普通だったら 考えられないことですよね・・・・・

しかしここであえて取り上げて 四龍ではなくて ヨナが体調を崩すとは思いませんでした~(゚o゚;;

大昔に読んだ「田村由美先生のBASARA」で同じ女の子ネタでビックリした 以来かも・・・・

最終的には ヨナがスウォンとの影の仲介役みたいなことになるのでしょうか?
2016/08/20(土) 20:06 | URL | vic #30L7G2Bs[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する