日常生活・愛犬・漫画・ゲーム・小説・映画などハマリモノの紹介&感想

2017/04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/06

漫画や小説の中で一番の好みが燕青、次がウォル、次が尚隆!全員同じ!?( 5/8)






ちょこちょこ読んでた作品で改めて紹介するまでもないものの続き。
前回と違って今回は少し内容紹介もあります。
やっぱり多少は辛口になりますね・・・






<路地裏しっぽ診療所/1~4巻>
迷い犬を拾った主人公が、獣医さんと知り合い、動物は嫌いなのになぜか好かれる体質をいかし、
診療所にバイトを始める。
何も知識がなかったために、様々な出来事に戸惑い、驚きつつも、一生懸命頑張っていく話。


まだ連載中ですけど継続はしない。

昔、動物のお医者さんって作品が大好きで、獣医さんになりたい!と思ってたことがあった。
しかし現実はさ、結構大変そうですよね。
獣医さんになるために解剖とかしなくちゃいけないわけだし・・・
そんな苦労をして獣医さんになっても必ず助けられるわけじゃない。

無責任な飼い主や利益のために命を何とも思わない商売、
そういうのを読んでると心が痛むんですよ。ボンズがいるせいか過剰反応しちゃう。
現実のニュースでそういうのを見たり聞いたりして知ってるせいか、
これ以上は悲しい話を読みたくないのです。

恋愛ネタもあったり、救われる部分もかなりあって内容としては面白いのですが。








<バイバイ・ブラザー/全2巻>
海外から戻ってきた兄は眉目秀麗、頭もよくモテるため、コンプレックス気味な主人公。
やっと出来た幼馴染の彼と仲良くしたいけど、バイ(両刀)だと判明した兄が邪魔して・・・

うーん、絵は綺麗なんだけど思ったほど内容が広がらなかったというか、
あまり面白みがなかったというか・・・?
BL的だけど中途半端な感じがしました。

何かいい内容に出会えれば、わりと好きな絵柄なんだけど。











<私のオオカミくん/全4巻>
東京で気まずくなった友人関係から逃げるように北海道へ転校した‘こむぎ’。
その高校にはアイドル扱いされる4人がいた。
触らぬ神に祟りなし、とばかり避けようとするが、そのうち1人は隣の席。
そしてある時、彼らの秘密を知ってしまう。


獣耳ネタはたっくさんありますからねー。
私は15年くらい前に、犬夜叉にハマってたことがあったのでさほど抵抗はないんです。
でも、進んでは読まない作品でもあります。

これも気が進まないながらも読んでたのですが(ならなぜ買う?)、
絵はもうひと頑張りもふた頑張りもしてほしい状態。
それでもスルスルと読めて、結構面白かったかな、という印象。

引きのばせるネタがありそうだったけどスッキリまとまって終わったのも良かった。

人型の時にさ、尻尾はまだしも、獣耳と人間の耳が2つあるのってどうなの?
とかは思っちゃうよね。

そして私のお気に入りは、狐の伏見。(お約束)






<カツカレーの日/全2巻>
結婚したい人が出来たら同居を解消し別れる。
そう決めていた同居人を無理やり追い出し、婚活を始める美由紀。
だが、思うように進まない時、ふと入った喫茶店ノートに愚痴を書く。
するといつの間にか返事が書いてあって・・・

とそこからその返事の人と会ったりするわけですな。
意外な結末というか、あっさりさっくり普通の恋愛にしないのがこの作者様ですよね。

この作者さんは大人の恋愛を描いてた方がいい気がする。
姉の結婚なんかも面白かったし。









<黒源氏物語/全3巻>
源氏物語の主人公、光が黒い設定っていうw
でもさ、わざわざ黒って付けなくても、光源氏の行動そのものが真っ黒だよねぇ?
数々の浮名・・・

この作者さんは本当に作品に恵まれない。
おまけに絵が綺麗なようでムラがあり、安定感がないというか・・・
少しホラーが入ってる絵柄なんです。
前作品もいくつも読んでるんだけど、なかなか‘コレ!’って作品になりきらないんですよねー。
作品数はそこそこあるし題材も悪くないのに、代表作品がないというか。

現代モノより和物の絵柄が合ってるので、着目は悪くないのになー。
もっと安定した絵になり、自分独自のきちんとした和物を書いたら良さそう。

2巻途中から少し絵柄が変化した感じがした。
頑張れー。




源氏物語を漫画で読むとしたらどの作品がいいだろう?
小説は現代語訳でも続かなかったのよね・・・




ってことで懲りずに古典w
CIMG4973.jpg


買ってみました。
ざっくりさっくりの内容把握にはいいかもしれない。
前みたいに眠くなることはなかったけど、まぁ、絵が古いわ・・・・
やはり源氏物語だけはしっかり読む機会がほしいなぁ・・・と思った。


百人一首は前もチャレンジしたけど今回もまた頑張ります。
頭に入ってこないのよー。


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する