日常生活・愛犬・漫画・ゲーム・小説・映画などハマリモノの紹介&感想

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

まだ閑散期・・・( 8/19)






意外と続く感じ?
漫画ブームの時はこの感想持ってこようw



<くれよん・でいず 全4巻>
絵が描きたいというだけで東京の美術高校に編入した主人公。
そこで超偉そうで失礼な男に出会う。
そいつは注目されてる天才画家で・・・?


まず、デッサンなど基本的な事も出来ないのに編入できますかね?
と冒頭から引っかかりました。
で、少女に夢売る掲載誌ですから、平凡女の子と天才イケメンの話で、
まー、何というか、現実はそんな甘くないけど?と思えてしまう。
そんな大人にはお呼びじゃない作品でした。

当て馬要因、元カノ登場など分かりやすすぎやな。


この作者さん、絵も見せ場も結構上手いから、ありきたりな少女漫画でなく、
ちょっと違う作風でハマればかなり良さそうな気がする。
和物のオリジナルでどうかな。
(自分の好みw)
あ、主人公の目はもう少し小さめで。



<BLUE 全8巻>
ということで同じ方の過去作品。

僕等がいた、僕らはいつも、などと同じ設定でした。
島に住んでる4人の幼馴染男女の恋愛模様。
というか、あれ?前に読んだっけ?と思うほど既視感ありました。
同じ内容大丈夫かな?とか思える。
出版順はどうなってるんだろ?

でもってまた私の好みは本命じゃなかった。
なぜだ、毎回。

幼馴染モノ、恋愛としては鉄板というより不滅なテーマなんでしょうね。





<真夜中のアリアドネ >
高校に入学した千代子(ちょこ)。
同じクラスにいた幼馴染の知治が電車内に忘れた傘を
届けようとして後を追うとそこは・・・


結構好きだった。
キャラも見せ方も好みだったけどサスペンス風も恋愛模様も
ちょっと中途半端なのが残念。
けどギャグっぽさとシリアスさの加減が絶妙でした。



<クドカンの晩餐 全2巻>
↑と同じ作者さん。
打切り感満載なのはしょうがない。
つまらなかった・・・。なぜだ。



<胸が鳴るのは君のせい全5巻+番外編>
当時連載誌買ってたから完結前くらいから読んでました。
女主人公のつかさも黒髪男子有馬も大好きだったし、
内容も好きなんだけど・・・残念、絵柄が好みではなくて。
ホントもう絵の好みの問題だけです。
片想いが切なくてキュンキュンしまくり。
ストロボエッジと似通ってはいますが。





黒髪男子主人公が本命恋愛漫画で気に入った作品って本当少ない。
黒髪でも好きなタイプではなかったりするし、
逆に女主人公が苦手でイメージ良くなかったりとか。
これだけの作品があるのに、男女共にいい!好み!絵もいい!
これだ!っていう漫画が多くないのが不思議過ぎるわー。

私の好みって変わってるのかしら。








コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する