日常生活・愛犬・漫画・ゲーム・小説・映画などハマリモノの紹介&感想

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

また閑散期・・・( 6/5)






2作品ご紹介。

カカフカカ、かたかなで書いてあるから最初なんのこと?と思った。
‘可か不可か’
確かに題名通りの内容となってます。








<カカフカカ>
初めての相手でもある元彼とまさかのシェアハウスでの再会。
そして、ふとしたはずみで「たたない」彼と不可思議なヒミツを共有することに…!? 
イマとカコ、ココロとカラダ、いろんなものが交錯するやっかいな大人のももいろラブストーリー!



中学の時、意味もない自信で無敵だと思っていた寺田亜希が、
その頃付き合っていた本行智也と再会し、一緒に住むことになり・・・
なんだけど冒頭から‘たたない’ネタで意表をついたわ~。

独特の絵と世界観を持つ作者さんなんですね。
会話とか間合いとか突っ込みとか、いろいろ上手だなと思いました。
何より、主人公亜希の状況とか心情がわりと感情移入しやすい。

職なし、家なしで、彼氏にも振られてやってきたシェアハウスに、
小説家となってモテそうな前彼がいるわけですよ。
自分としては中学時代のことを黒歴史のように思っていて、
今は本当に自信がないから、随所に卑下するような発言があるけど、
それもそんなに嫌な感じがしない。
何となく、‘わかる’と思わせるような運びが絶妙です。

そして最初の男からの‘頼まれ事’。
これ、何ていうか世の女性の半分くらいは断れないような気がしました。
自分が弱ってる時なら尚更。
その辺も‘あるある’感たっぷりで、リアルじゃないさそうでリアルっぽい世界がある。

本行の何考えてるか分からないところも微妙に変化しつつある気がするし、
シェアハウスオーナー長谷太一の性格の謎も明かされつつあり、
関係が発展しつつあって先がかなり気になる展開。

エロいのにエロくない不思議な作品です。


私、あの状況なら長谷派だなー。
なんて言うか私の結婚決めた時と男性布陣が似てるんだけどーw








<ほしいのはあなただけ。全5巻>
社長令嬢として過ごす深空(みく)。
家の敷地内には天才美少年画家と言われる2歳下の従兄弟、瑞基と亡き母の兄夫婦がいる。
ある日友人の告白に付き添いチャラくてガラの悪いと言われる高校へ向かうが・・・


嫌いじゃなった。
むしろ好きで初読からかなり読み込みました。
絵は綺麗だけどちょーーっと耽美。ハーレクインが向いてそうな雰囲気。
そしてたまに少し崩れ気味だけど、とても良かったかなーと。
唇とね、頭の形に特徴があり過ぎなんですよ。



主人公の深空が嫌味じゃなくオトコマエで結構好きな性格してた。
可愛くてソツなくなんでもこなせるけど嫌味じゃなくて、
周囲への感謝や気遣いを当たり前のように出来る人。
現実から逃げず頑張り屋さんで、すごくウブ。

そこに好意を寄せる従兄弟の瑞基(黒髪、母性くすぐるタイプ)、
偶然再会して縁が繋がったチャラい恵人(女慣れしてるツンデレ気味、根が優しい)
社長秘書の天河(ソツなく何でもこなすメガネS入り)。
この3人がまぁなんて言うか女性が好きそうなポイントをそれぞれふまえてまして。
純情な深空がタラシ連中にいちいち翻弄されてて面白かったな。


誰選ぶのー?誰選ぶー?と思いながら読めるのが楽しい。
私的には瑞基はなかったけど人気あったらしいですよ。
最初は天河!!と思ってたけど読み終えたら、あー、恵人!!ってなります。

すごく純愛だなという印象。
ある意味全員がね、純愛です。


別作品のこっちにおいでよ。は逆の感想が多かったので、
読むのをやめました。
というか設定似てる・・・?


もう少し絵の癖がなくなればもっと読みやすいだろうけど、
見せ方とかもっていき方は悪くない。
深空を諦める際があっさりしてるのが勿体無く、
ちょい忙しない感じではあったけど、そんなもんかもなとも思えるし。

やはり女主人公の性格は大事。
少女漫画、恋愛漫画は女主人公を応援したり感情移入したりが醍醐味だから、
自分が嫌いな苦手なタイプだとダメなんでしょうねー。









コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する