日常生活・愛犬・漫画・ゲーム・小説・映画などハマリモノの紹介&感想

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

老眼鏡作った。それでも眼精疲労がひどい( 9/20)






お・・・遅くなりましたー!
今日はちょっと忙しかったデス。
久々の再開!
17巻(すでに発売中)の続きでございます・・・


<NANA/第66話>
ナナの写真とテープ、その2つから、いると思われる場所が確定した。
イギリスーーー

707号室に集まった、ノブ、ハチ、ヤス、シン。
ナナの歌に混じってイギリス英語が聞こえたことから、イギリスの海沿いの町にいると目星をつけ、店を探し出そうとする。
生きてることが分かっただけでも十分な進歩・・・
そうつぶやくノブの言葉が重い。

ヤスとシンが帰った部屋で、ナナのギターを弾くノブ。
年末年始は、子供(皐)は祖父母の所にいて、自分も着付けの仕事が忙しかったというハチと2人きり・・・
旅館を手伝ってるノブも忙しいのでは?と心配する。
そして、ノブの(経営してると思われる)ライブハウスの話になり、2大バンドの地元だけに大盛況という話になる。

「レンは?」
そう尋ねるノブ。
タクミの所に行ってると知り、複雑な表情を浮かべる。


一方、帰宅途中のヤスとシン。
シンは、美里(都筑)がマネージャーをして、俳優業に勤しんでるらしい。
ポストにテープと写真を入れたのは誰か・・・?
お互いに‘犯人’を考える。


*****

海外から戻ったレン。
机の上に山積みになっている週刊漫画とナナからのメモに思わず微笑む。
ブラストはアリーナのコンサートライブだった。
会場では、はしゃぐナナとノブの姿が・・・
シンだけ、遅れていて到着していない。

ナナは海の前で佇む。
ハチに救われた命を簡単に捨てることは出来ない、と。




ということで、未来編と現代編が行ったり来たりでした。
簡単ですみません。
ハチとノブの会話がたくさんあったり、細かいことを書けば、
もっと長くなるんだろうけど・・・
一応要点だけ(笑)。

ナナの行方が分かったのは随分前だからいいんだけど・・・
タクミとハチって、どうなっちゃってるんだろ?
タクミがいるイギリスにレンが行き、
そのレンの近況に詳しいハチ。
「毎日ギターばっかり弾いてる」
なんて言ってるから、同居してるのかな?とも思うけど、
それって・・・あり得ないような気もするし。
こっちが気になるんですけどーーー!!

それと、ヤスとシンが車で帰る時、‘懐かしの曲’とかいって、
トラネスの曲がかかるんだけど・・・
シンが思い描いたのがレイラ。
そして、その姿が、ウェディング姿っぽいんですよね。
衣装というか、ウェディングドレスじゃないかな?と思える。
ひょっとして・・・タクミはレイラと結婚しちゃったのかな~なんて。
だからハチは独り者・・・?
そしたらレンはどうなるんだ?
と、頭の中でグルグル考えちゃいました(笑)。



次回は、4/26です。
クッキー別冊で、番外編読みきり「TAKUMI(P70)」があるので、
ひょっとしたら買うかも?
時間あったら紹介するかもしれません。



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する