日常生活・愛犬・漫画・ゲーム・小説・映画などハマリモノの紹介&感想

2017/04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/06

漫画や小説の中で一番の好みが燕青、次がウォル、次が尚隆!全員同じ!?( 5/8)






本編シリアスなのに枕投げ・・・w
何でだ。

本編で何だかキュン?キュンキュン?してしまった私はおかしいかもしれない。
ラブなかったのにね?


<暁のヨナ 第136話/言伝て>
ミンスに生きて会えたことに喜びを表し、あの夜の礼を言おうとしたヨナ。
だが、ミンスから衝撃のことを言われる。

「今はスウォン陛下にお仕えする身」


スウォンからの手紙をオギに渡したミンス。
‘要求に応じることは出来ない’と暗号で書かれ、直接会うことが不可能となった。

ミンスはさらに言う。
コウレン姫の憎悪をスウォンは知っている。
表面的に和解しても憎悪は消えず反乱は起きる。
戦での決着を求める真国、そしてもう高華国も動き始めている・・・

イル陛下の戦わない思想を尊重していたミンスの変わり具合に、
ハクはあれから何があったのか尋ねる。
口封じで圧力をかけられてるのではないか、と。

母親がスウォン母の医務官だったため、イル陛下の側仕えになる前までスウォンの屋敷で世話になっていた、と。
その頃、ケイシュクに世話になっていたため、イル陛下に仕えてからも、
城下町に来た際に世間話のつもりで話したことが結果‘密偵’のようになってしまったこと。

「側仕えとしての無自覚がこんな事になってしまうなんて・・・」

私はイル陛下を葬った人間の1人。
許しを乞うつもりはない。
「姫様の無念が少しでも晴れるなら仇を討って下さい。」

「ミンス、あなたの罪滅ぼしならあの夜にもう終わっているわ。
あなたに救われて私は今ここに立っているの。
父上への想いが嘘ではないのなら私はそれだけでいい」

憎しみを糧に生きるのは嫌、憎しみの連鎖である戦を止めたい。
個人的なことだけど真国に捕らわれてる仲間を助けるためにも戦を止めたい。
「彼らは私の家族だから」

ミンスは去る間際、
‘スウォン様は真国との戦に空と風の部族軍をぶつけるつもりだ’と言い残す。

城に戻ったミンスはスウォンに「どうでしたか?」と聞かれ、
「重ねて平和的解決を求めていた」と報告する。
やはり戦は避けられないのか・・・とミンスが問えば、
「この国にとって最善を選ばなければ私が玉座にいる意味はありません」とそっけない。

「そのためにまたあの方を苦しめることになっても・・・?」
「いち個人を優先する王がいる国は滅びます」


ハクはオギに「風の部族に協力を申し込む」ことを伝令として頼む。
それはハクが一番やりたくなかった事・・・
自分の命令なら聞くと言うが、ヨナは納得できない。
「風の部族を出る時ジジイの言ったこと覚えてますか?」

ーいつかあなたが再び絶望に立たされ助けを求めた時
我ら風の部族は誰を敵にまわしてもお味方いたしますー



だがオギも王命に叛く作戦に加担しろと言われ素直に受け取れない。
「あのな、俺はウォンが可愛いんだ。
お前らに悪いがあいつが王である事が国の為にも良いと思ってる」

だけど、仲間を裏切るやつを許せない。
お前らを裏切ったウォンがどうも納得いかなくて胸がザワつく・・・
「俺も邪魔になったら殺されんのかな」

少し悩んで、俺の情報は有料だ、と金を要求するオギ。
金はない、と言い切るハクに、ヴォルドやアルギラがお小遣いを出そうとする。

「これでどうかしら」
ヨナが差し出した簪・・・驚くハクは思わずヨナの顔を見る。
静かな・・・横顔・・・

金銭的に問題なくなり、「ではお願い」とオギに頼むヨナ。
「どえらいネタ引き受けちまったな」






かなり前から引っ張ってるネタの‘剣と盾’は風の部族も候補になってきましたね~。
っていうか、イクスは出てこないし、あれっきりだからもうこのネタを使われないとか、
予言が忘れられてるとかそういうことになってないか不安w

ミンスの裏設定すごいですね!
あの最初の方にそんな設定があったのか・・・後付けか・・・微妙ですが、
ミンスはスウォンを‘恨んでる’ようなのでよく分からない人になってきました。
お世話になってた恩人だけど、知らないうちに‘密偵’にされてたことを恨んでるのかなぁ?
ちょっと違うような気もしますけど、ヨナへの気持ち、イル陛下への気持ちは純粋だなと思います。

そしてとうとう簪を手放す時が・・・その時のハクの顔、ヨナの顔、そこにキュンとしました。
簪を手放すということはスウォンへのしがらみ、想い、未練もないということ、と判断してOKですよね。
ハクもそう思ってるから驚いたはずで、落ち着いてたヨナの顔にキュンキュンしました。
ホント、かっこいい女性に成長した・・・
これも最初のころからの登場物ですからね~、こういう形で手放すなんて・・・

とは思ったけど、オギが質屋に売り飛ばすか疑問。
むしろ、スウォンの手元に買い戻されそうな気がしたり・・・?

ぷぷ、その時のスウォンの顔が見ものでそういう風になってほしいわー。
私、当て馬好きだし脇役好きですからね!
ミンスと話をしてた時のスウォンの冷静風な表情とかたまりません。

今回登場してなかったけど、四龍の方は大丈夫と思いたいです。
四龍やハク、ユンが死んだりしたらその時点でファンやめます。
と宣言しておきます。そろそろ佳境なのかな。
ハッピーエンド以外認めたくない。



次回は、3/4です。





コメント
この記事へのコメント
>ユズルさん
こんにちは。

スウォンは王として必要なものを兼ね備えまくりで隙がないですよね。
理想を現実にするための政策や対策を怠らず、着々とこなしてると思います。
それこそがイル陛下を退けてまでするべき事でそのために退けたんだ、と自分の存在意義を見出してるようにも見えます。
要するに、何だか危ういんですよねー。
しっかりして崩れなそうなのに虚構に見えてしまう。
本来、幼い頃のスウォンが本質で大人になり事情をふまえてこうなった、と願望を含めてそう考えたいです。

ミンスの事はきちんと把握した上でいろいろ‘使い道’を考えてそうです。
嫌な言い方ですが、あの日から自分の中で排除してきたものがたくさんあるのではないでしょうか。

簪はまた再登場願いたいです!
出来ればスウォンに渡る形で!!
耳飾りはもうヨナの一部ですから・・・これは余程の事がないと手離すとこにならないのでは?と思ってます。

悪い想像なら、ヨナ自身の身代わり、身の証明みたいな使い方しか浮かびません。
2017/02/26(日) 22:10 | URL | 緑荻 #-[ 編集]
こんにちは
ミンスの設定にはびっくりですが、勘の良いスウォンのことだから、ミンスが自分のことを恨んでいると知っていると思うのになぜか従者として仕えさせている。ミンスの考えている通り彼のことをとるに足らない存在と考えているのか。
スウォンは情よりも大局を重んじる王ですね。その思考はたしかに王としては理想的ですが状況によっては大局よりも情を優先するべきだと考えてしまう。スウォンは多少の犠牲は仕方がないと考えている節があるが戦や争いの原因はほとんどその「多少の犠牲」が火種の場合があります。スウォンは良くも悪くも偏った考えをしているように見えるので私がひねくれているのかそこら辺がちょっとまだ青いと感じてしまう。
いつかは手放すであろう簪をここで手放すとは、読んでいてものすごくどきどきしました。そういえばヨナが王女時代から持っているものはあの簪だけではなく耳飾りもそうですよね。あれの値打ちはどうなのでしょうか。子どものころからずっとつけている様に見えます。
2017/02/26(日) 14:26 | URL | ユズル #-[ 編集]
>みはねさん
こんにちは。

ミンスはスウォン派ではないんですよね・・・
完全にイル&ヨナ側なのに自分の過去や助けられた経緯、無自覚でしてしまった過ちのせいで、
思うように行動できず不憫だなと思いました。
これからも登場するんでしょうかね・・・
このままの立ち位置なのかなぁ?

いずれにしても真国編終わったらクライマックス突入でしょうか。
もう突入してたり?
みんな幸せな結末だといいですよね。
2017/02/21(火) 08:54 | URL | 緑荻 #-[ 編集]
>vicさん
こんにちは。

最近はつらい展開が続いてましたものね~。
真国編は明るいネタが全然ないですね。
そのためのニャンコでしょうか。
今回も真国キャラの会話が和んでましたねw

簪はいずれ手元に戻ってほしいなーと思ってます。
どういう形かは分からないけど、これっきりってことにはなってほしくないような・・・?
2017/02/21(火) 08:47 | URL | 緑荻 #-[ 編集]
こんばんは
私も読みました…。

私も、みんな最後やっぱり幸せになって欲しいです。
連載はじまりから、読んでいたからか、最近読んでいると懐かしい台詞とか人物が出て涙もろくなっています。
ミンスがヨナを光のようだと言った台詞が今回胸に響きました。

次号をドキドキしますが楽しみにしています。
2017/02/20(月) 18:59 | URL | みはね #-[ 編集]
こんにちは
今回 やっと気分が↑↑ したのででてきました w

四龍が亡くなることはなくても 傷ついたり苦しんでいる姿を見るのが辛いので・・・・

気分が上昇したのは 簪!!!!
私の宣言した「軍資金説」がようやく叶ってやれやれ・・・・

ヨナの迷いのなさが 嬉しかったです

この後 風の部族を巻き込むことになるのですね・・・・

2017/02/20(月) 15:32 | URL | vic #imehKjek[ 編集]
>Takさん
こんにちは。

そんなファンしかいない気がしますよね・・・
ってことでその展開はほぼないと見ていいんでしょうけど現状は不安です。

その考えはとてもいいと思います。
王はスウォン、優しさや義理人情を捨て国の為だけに尽くす。
ヨナはそのすべてを拾い上げていく。
理想ですが、スウォンがヨナ達の存在を認めるのかどうか・・・

でも緋龍王の復活がこの時なのはやはりなぜ?と考えてしまいますし・・・
伏線的なものを回収していってほしいですね。
それこそ深読みしすぎかもしれませんが。
2017/02/20(月) 14:55 | URL | 緑荻 #-[ 編集]
私もハクや四龍が死んだりしたら読むのやめます(((^_^;)
ずっと前から疑問だった、王はスウォンでいいはず。じゃなぜ緋龍が生まれ変わったのか?今回の回で分かったような気がします。今回、言われてたけど、王はスウォンいい。でも強い王は皆の恨みをかいます。スウォンの第はいいけど、スウォン亡き後、高華国は弱くなると思う。だから、ヨナがいるのかと。ヨナが恨みを無くす役目で高華国を安定に導くのかもと。剣がスウォンで盾がヨナみたいな。あっでも予言の剣と盾は違うものだろうと思いますが。
2017/02/20(月) 11:56 | URL | Tak #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する