日常生活・愛犬・漫画・ゲーム・小説・映画などハマリモノの紹介&感想

2018/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312018/11

5,20日暁のヨナ、15,25,30日他記事更新






まだ続く葉室さん。


CIMG5293_20171120113340f41.jpg


<秋霜>
一揆から3年、楓のいる欅屋敷に小平太という男性がやってくる。
実は、隼人を殺そうとした男の息子で・・・
羽根藩を改易させようと目論む幕府の巡見使が迫る中、
隠居に追い込まれた元藩主、兼清も動き出す。


と前回からかなり近い部分をもった、羽根藩シリーズ第4弾。
これは、春雷の続編っぽかったけど、他はわりと独立してました。
だから、読む順位は注意ですねー。
ってか、秋霜も羽根藩って後から知って慌てて借りた。

ここでは、因縁のある者同士、欅屋敷で暮らして、
心を通わせあって・・・という感じだけど、あんな簡単にいかないんじゃ?
と初めて疑問に思いました。
同じ境遇で同情したり、人に必要とされて嬉しかったり、は当たり前だけど、
そんな短期間で自分を変えてしまうかなーと。

ただ、人を愛しく思って守りたいと思い行動するのは間違ってないですけどね。
新キャラ達の変わり身の早さにイマイチついていけなかったのかも。


これで羽根藩シリーズ、終わり?




<螢草>
父が罠に嵌り切腹となりその後母をも亡くした菜々。
武家出を隠し、風早家の女中として奉公に出る。


最後涙腺崩壊した。
珍しく少しギャグっぽい要素もあった今作。
若い女の子が心酔した奥方と、父の仇である轟にまたしても嵌められた風早当主を助けるべく、
いろいろ奔走する姿が健気で可愛く逞しかった。

とりあえず読んでみ?としか言いようがない。
葉室さんの中でも好きな作品上位です。

露草=月草=螢草、ね。





<風かおる>
妻仇討ち(駆け落ちした妻と相手を斬る)から10年ぶりに戻った義父。
その理由を探る養子だった菜摘と義父の友人達。


えー、どういうオチでどんな展開に?と思って読み進めました。
鍵は医者の勉強のため長崎に行ったまま福岡にずっと戻らない菜摘の夫、亮です。
この方のおかげでサクサクと・・・あまり好みの展開ではなかったかなー。




<千鳥舞う>
女絵師、春香は江戸から来た絵師外記と不義密通をしてしまう。
妻と別れて3年後必ず戻る、その言葉を信じて破門されつつ生きてきた。
ようやく破門を許され、博多八景を描いてみないかと言われて・・・

絵を描くごとに人の人生や思いが重なり、その陰で外記をひたすらに待つ春香。
島送りになった父を待つ側付きのお文と捨てた母親。
師匠の忘れられない過去の女性。
いろいろな人の人生と思いを含んで絵が仕上がっていきます。

とにかく、春香と外記のお互い思う気持ちが切なくて・・・
外記の奥様も別れたくないし、外記は別れたいし、
春香は待つしかないし、で人を好きになることの大変さ、
不幸さ、幸せさ、がてんこ盛りでした。

はー、想像してたより悲しかった。
ハッピーエンドを予想してたのにとても悲しくて泣けたわー。


しかし、絵の方面、知識さっぱりな私です。

これも女性主人公。
葉室さん、結構多いよね。





<天の光>
仏師として過ごしながら自分にその力量がないと感じる清三郎。
師匠の娘おゆきと夫婦になりながらも、京へ修行に出る。
その3年の間に、師匠家は賊に襲われおゆきは行方不明に。


絵もだけど仏像の知識もさっぱりな私です。
清三郎、自分勝手で妻のおゆき置いて京へ行ったくせに、
その後はストーカーみたいであまり好きではありませんでした。
一途って相思相愛でなかったら犯罪ですよ。

そんな気持ちで読み進めてたけど、最後はそっかー、って納得出来た気もします。





他作品は次回。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する