日常生活・愛犬・漫画・ゲーム・小説・映画などハマリモノの紹介&感想

2018/101234567891011121314151617181920212223242526272829302018/12

5,20日暁のヨナ、15,25,30日他記事更新






テジュンとキョウガ兄弟が良すぎです。
あの2人で漫才できる。
存在自体がコメディになってきてる。

しかし、ハク・・・。
「駄目?」なんて言ったの、初めてじゃない?
ぶっちゃけてからのハク様は本当に破壊力倍増。



<暁のヨナ 第159話/テジュンの不用意>
民や酔った兵の乱暴狼藉を土下座で謝るテジュン。
ヨナ達の安全のため、彩火城に連れてきていた。
兄に挨拶しなくていいの?というジェハにまだ報告して出来てないため、
使用人の部屋を貸すから、目立たず、静かに・・・・とお願いする。

そこに母のイグニが現れる。
「母上っ」

母に挨拶し、ヨナ達を‘友人’と紹介するテジュン。
イグニは彼らをじっと見つめ・・・
「あか・・・しろ、あお、みどり、き・・・」
とつぶやき、テジュンに労いを言って去っていく。

母はあまり我らのやることに口は出さぬが静かにしてろよ、と念を押す。

お風呂上りに食事をしていたキョウガ。
城にいるになら食事くらい共にしろと命じていたのに、テジュンは別室だ。
(フクチも別室にてヨナ達と一緒に食事中)

怒り余って卓を叩いた際に汁椀がこぼれ再度お風呂へ・・・

イン・クエルポの軍は追い払ったがいつまた攻めてくるか分からない。
今こそ火の部族一丸となって国の守りを固めないといけないのに、
度重なる戦で兵を多く失っている。
ヨナ姫達がいては国に混乱を招くだけ・・・
四龍の力もまやかしだ、と考えをまとめ風呂から出ようとすると、
扉が開き四龍達がやってくる。

「もうしません」
ゼノが開けた扉をぴしゃりと閉め、キョウガ将軍の入浴を後ろにいたみなに告げる。
将軍家専用男風呂のため、お兄さんは湯あみを済ませたと聞き、テジュンから鍵を預かってきたのだ。

「何だ貴様らー!」
起こって扉を開けようとするキョウガだが、四龍達も開けさせまいと必死に押さえる。
キジャが1人で押さえる役を買って出る。

キョウガの「引くわけにはいかん」と扉の向こうで健闘する声に燃えてくるキジャ。
結果、キジャの力が凄すぎて向こう側にいたキョウガごと扉を押し倒してしまう。

ヨナは部屋で桶一杯のお湯をもらい身体を洗った。
ヨナを1人にするわけにいかないとハクも同じようにした。
そこに女官が夜食の果物を持ってやって来る。

テジュン様の大切なお客様ってことで最高級の香水や絹の召し物を用意したが、
男性はなぜか超ボロボロのゴミのような服を渡されたので取り替えておいたと言い、
‘夜用’の香水を手渡し、去っていく。

よるよう?
分からないヨナは奥の布団を見てかたまる。
それを見たハク。
「・・・・あー・・・・ま、いいか」
「よくないっ」
「・・・駄目?」

今更でしょ、とハクが言う。
一緒の天幕で寝たりもしたし、むしろ天幕より広いし。

言いこめられ、せっかくテジュンが用意してくれたんだから、と納得したそぶりのヨナ。
「テジュン様は絶対こんなん用意してないと思いますけどねー」

香水もせっかくだから、とつけ始める。
「姫さん、夜用の意味分かってます?」

安眠できる香水だと思ってるヨナはすでにぬりぬりしてしまった。

「男を誘う香りでしょ」
むしろ寝れないやつ・・・

ヨナの手にある香水瓶を取り嗅ぐハクだが、「ま、これが好きなやつもいるか」と素っ気ない。
「テジュンの馬鹿」と布団のある所から飛び出した時、ユンと四龍が慌てて部屋に入って来る。

「大変なことが起きたんだ、これを見て」
布にくるまれ、額のホクロが腫れあがり気を失ってるキョウガ。
「よしどこ埋める?」
ハクに軽く事情を説明するジェハ。
どうしよう・・・と言い合ってると母が部屋に入ってきてしまう。


千州千都、リ・ハザラの城・・・
北戒トゥーリ族の王イン・クエルポが訪れていた。
千州の民、都を騙し討ちのように奪い、抑えつけ、ハザラも今はクエルポの翼下になっていた。

いずれは帝都を奪うつもりだが、まずは高華国が欲しいというクエルポ。
スウォンをなめない方がいいとハザラに言われ、右目もやられたのか?と尋ねる。
これは白き化け物が・・・

味方のほとんどが戦場に現れたその連中にやられた。
あれは人間か?
クエルポはもう一度高華国を攻めるため兵を貸せとハザラに迫る。

「早くあの化け物にひどく会いたい」




何気に、キョウガ・テジュン兄弟が好きになってますw
何ていうか・・・いい感じですよねぇ。
キョウガって真面目すぎて綺麗好きで意外とキジャに似てます。

そして母も一癖も二癖もありそうなんですよ。
ヨナ達を知ってどちらに動くんでしょうね。

イル陛下の娘のヨナ(緋龍王生まれ変わり)をテジュンかキョウガの嫁にと目論見、
スウォン討伐を掲げ、亡き夫の意思を継ぐべく謀反するのか。

粛清された夫と同じ轍を踏まぬとスウォンに従順な態度を示し、
ヨナを国賊扱いするのか。

まだまだいろんな可能性がありますが、母の行動は結構重要なポイントになりそうな気がします。

しかしお風呂シーン、楽しかった。
でもって部屋でのハクとヨナのシーンはニヤニヤが止まらないような状況でした。
逃亡してからあの破壊力で頑張れば、今がもっと違ったのかも・・・?
まぁ、ヨナの気持ちはそれどころじゃなかっただろうから、落ち着いた今が最適だったとも思いますが。

戦の気配ですね。



次回、7/5です。



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する