日常生活・愛犬・漫画・ゲーム・小説・映画などハマリモノの紹介&感想

2018/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312018/11

5,20日暁のヨナ、15,25,30日他記事更新






7~8月漫画新刊です。


<応天の門 9>
道真が表舞台に出る前の葛藤の巻、でしょうか。
学問だけをし政に興味がないとかねてから言ってた道真だけど、
ここ数巻、知ってるだけではダメだと気づき、力がないと知識を役立てることも出来ないと知り・・・
事件や人との関わりで自分が貴族で恵まれた環境にいることを自覚して、
悩んでこれからの行く道を模索してるような状態でした。

なので、事件はあってもわりと淡々とした巻だったかな。

最後に基経と出会ったことで次巻から大きく動きそう。




<雪花の虎 6>
虎が23歳と大人になってきました。
川中島の戦い第1次の直前、兄上がー!!
病弱でヘタレで戦嫌いな若隠居、晴景がとうとう亡くなってしまい、
泣ける最期の描き方で、うるうるとしてしまいました。
はー、妹思い、兄思いの兄妹の姿が描かれて良かった。

何気に宗謙が頼りにされてて、ここは安定の関係ですな。


上杉憲政が逃げ込んできて、関東管領を受ける事になる辺りは、
かなーりサッパリ描かれてましたが。
村上義清が援軍を求めて家臣になるまでのシーンはコメディタッチ。

いよいよ川中島の戦いですが、全部描くのかな?





<青楼オペラ 9>
やはり利一がカッコいいわー。
そして今巻は、紫の恋心の決着のつけ方がすごく良かった!
紫もカッコいい女でした。
これはいろいろな意味で利一にとって忘れられない人物となったはず。
思いが実る事はないのは分かってただけに、納得な恋の終焉でした。

若旦那はヘタレキャラですよね・・・?
完璧ではないというか?
可愛げはない利一と違い、若旦那はなんだかんだで弟気質だから、
何となく可愛く見えちゃうんでしょうか。

気になってた顔上部の真っ黒トーンもなくなり、見やすくなってたな。
そして、兼ねてからの若旦那の姉上はやはり、という感じ。
姉の弟への愛が強い!

真木村も好みです。かなり。

あれ?茜と若旦那は今巻いいトコあまりなかった?
佳境入りとのことで、先が楽しみです。




<ノラガミ 19>
え?買ってたの?ですよね。
連載再開したので既刊買い戻して新刊待ってたんですw
この世界観とか絵がやっぱり好きで~。
1年半ぶりの新刊、休みがあったせいか、絵の印象がやはり変わってました。
休載明けあるある、なんですが・・・ちょっと残念かな。

18巻でどうなるかハラハラで終わってたのでネタバレは読んでました。
それでもやはり気になってたので、読めてよかったです。
今回は長い争いの後だったのでわりと軽めな内容が多かった。

チビエビが可愛くて可愛くて。
そのエビちゃん誘拐事件や雪音の誕生日やら、コメディ要素の中に、
少しずつシリアスなネタがぶっこんである感じ。

・・・石棺に入れられた雪音がことあるごとに‘神の秘め事’に触れそうになり、
やはりハラハラ・・・これ、思い出しちゃっても、緋(螭)みたいに生き残る(?)可能性もあるんですよね。
その緋(野良)は、上手ですな~。
生きてる(?)年数考えたらそりゃ雪音なんか赤子も同然でしょうけど、
舐めた態度が術師の父同様、なんとなくムカっとしますね。

これからいよいよ親子対決でしょうか。
夜卜の生死もどうなるやら・・・
毘沙門と兆麻も気になります。

月日がね・・・まだ1年なのかーとそこにちょっとビックリです。19巻で1年・・・w

どの神も器も好きだなー。
父と野良以外。
この2人にも事情があるわけだから、どうにか好意をもてるような展開になるといいな。


くらは、なぜにライオンのまま?と思ってたけど、そっか、
毘沙門に名を呼んでもらえず戻れてないのか、とおまけ漫画で気付いた!



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する