日常生活・愛犬・漫画・ゲーム・小説・映画などハマリモノの紹介&感想

2018/11123456789101112131415161718192021222324252627282930312019/01

5,20日暁のヨナ、15,25,30日他記事更新






前回続きです。

IMG_5465.jpg

諸田玲子さん、初めてでした。
時代小説ではなく歴史小説的な作品。


<美女いくさ>
織田信長の妹、お市の三女小督(記述がこの漢字。江ですね)の生涯。
まぁ、大河も見てたし、その時しっかり生涯を把握したし・・・ってことで、
途中で断念。



<遊女のあと>
ゆうじょ、じゃなく、ゆめ、です。
海で遭難した異人を助けるため、漁師の夫と姑から逃げた女、こむぎ。
妻が突然よその男といなくなり、女敵討ちのため旅出た武士、鉄太郎。
この2人が遠く名古屋の地でいろいろな人を介して出会い、
尾張徳川家と吉宗の裏での諍いに巻き込まれていく話でした。



<髭麻呂>
平安時代の検非違使、髭麻呂が主人公。
立派な髭とは裏腹に、気弱で怖がりでヘタレ気味な男です。
言葉は時代に沿ってなく、わりと現代風なので読みやすいかな。
時代背景はそのまま平安です。

事件の犯人として蹴鞠丸を追ううちに、いろいろ巻き込まれて、
なかなか楽しかった。





<相も変わらず きりきり舞い>
十返舎一九の娘、舞を主人公とした話。
まさかのシリーズ2作目でした・・・
そこにあったからつい借りてしまったけどリサーチ不足です。
1作目読んでないと登場人物への愛着が湧きにくい書き出しで断念。



<世直し大明神>
珍しく女性の飛脚の話でした。
短編通して1つの作品になってたけど、会話が多く、盛り上がりも少なく、
これまた途中で断念。


<やみとり屋>
私の理解力不足なのかな。
最初の方数ページ読んだけど、登場人物も話も頭に入ってこない。
流れが理解出来ない。
断念。






<おれは一万石>シリーズ
IMG_5518.jpg



千野隆司さんの作品を前回なかなかだなと思ったので、違うシリーズを借りてみた。
この方は婿入りが好きなんでしょうかね?

今回も、大名家次男坊が大名としてぎりぎりの一万石の家に婿入りする話。
1俵でもおとしたら旗本に転落ってことで領地の米を守るべく、
主人公、正紀が奔走、奮闘するんだけど・・・どっかで読んだ?
入り婿侍と似てました・・・同じ米、次男・・・
展開も1巻2巻同じようなパターン。

題名違っても同じパターンでは・・・と2巻途中で断念。








コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する