日常生活・愛犬・漫画・ゲーム・小説・映画などハマリモノの紹介&感想

2019/11123456789101112131415161718192021222324252627282930312020/01

月日が流れるのが早いような、ゆっくりのような日々(10/3)






ヒット作が多かった。



IMG_5549.jpg


<大江戸科学捜査 八丁堀のおゆうシリーズ/山本巧次著>
江戸の両国橋近くに住むおゆうは、老舗の薬種問屋から殺された息子の汚名をそそいでほしいと依頼を受け、
同心の伝三郎とともに調査に乗り出す…が彼女の正体はアラサー元OL・関口優佳。
家の扉をくぐって江戸と現代で二重生活を送っていたのだ―。
優佳は現代科学を駆使し謎を解いていくが、いかにして江戸の人間に真実を伝えるのか…。
ふたつの時代を行き来しながら事件の真相に迫る! (amazon)


いやー、面白いです。
画像では、3巻でですが、読んだ時(2018年9月)には4巻まで出てて、5巻発売目前でした。

タイムスリップではなく、タイムトンネル。
行ったまま、来たまま、ではなく行ったり来たりしてるので、こういうパターンは初読だったため新鮮で、
おまけに、江戸に平成の捜査方法を持ち込みどうやってそれを‘誤魔化すか’という視点は、
サスペンス好きにも時代物好きにも、オイシイとこ取りで良いんじゃないかと。

ただ、1巻目、急に始まり、あれ?もう1巻前があったの?と思わせる進み方なんですよね。
読んでいくうちに説明はされていきそうじゃないのは分かるんだけど、唐突感が多少ありました。
設定や世界観が出来上がってから書き始めてるので、それに読者がy戸惑う感じかなぁ・・・
にしても、ぐいぐい惹き込まれました。

主人公、おゆうの視点で江戸、平成を駆け回るので、現代用語も出てくるし、
おゆうの胸の内がイマドキの女の子で面白かったり・・・
定廻り同心、鵜飼伝三郎の‘女’として見られ、‘岡っ引き’として手助けし、
なのに肝心の仲は・・・・というそっち方面もいろいろです。
これがね・・・捜査モノではなく恋愛モノみたいな展開なんですよ。
ベタベタな展開がかえって笑いを誘う。

捜査の方もこっそり証拠品の指紋やブツを集め、現代に持ち帰り、
高校同窓生の分析マニア宇田川に鑑定をお願いし、それをどう江戸で役立てるか、
その辺も見どころです。


余談だけど、この作家さん、髙田郁さんのみをつくし料理帖が好きとだけあって、
元飯田町、俎橋、滝沢馬琴こと清右衛門(4巻)という場所や人物が出てきます。
その辺もファンとしては何だか嬉しい。







IMG_5560.jpg



<鯖猫長屋 ふしぎ草紙>
人間の言ってることや気持ちが分かる、周囲の状況を把握する、
そして未来までも予測する?
ふしぎな力を持った長屋の猫‘サバ’、その飼い主の猫しか書かない絵描きの捨楽、
この1人と1匹には秘密があって・・・



くはー、猫好きにはたまらない作品ですね!
時たま登場する犬もいますが、やはり主役のサバがいい!
あんな能力持つニャンコだったら、誰だって飼いたいに決まってる!

サバの飼い主、捨楽にはこの長屋に住む‘理由’があり、
猫しか書かないのにも‘理由’がある。
それらは過去に関わることなんだけど・・・・

基本的に1話ごと、だけど1巻通して繋がっていて、その巻ごとにきちんと事件が完結するパターン。
ライトノベルのような気軽さで読めます。

継続して読むつもり。
ただ・・・買わないかなぁ・・・






IMG_5575.jpg


<藍染袴お匙帖>
父の跡を継ぎ、町で女医として働く桂千鶴。
御家人の菊池求馬や南町奉行の定中役の同心浦島亀之助らと江戸の事件を解いていく。


今、気づいた。浦島亀之助って名前が面白いなwww
いや、この同心は千鶴に惚れてるんだけど、人がいいってだけで、同心としてはイマイチ。
むしろ、菊池様がかなりキレるし剣も出来るので、こちらとの仲が気になる。
剣も出来る千鶴がわりと無茶な行動をするのだけど、
毎回のように求馬が現れるのはかなり無理があるようにも思えます。

女医が主役の事件モノで、すらすらと読めて面白かったです。
人物に嫌味もなく、むしろ懸命さが微笑ましい。

でも、言葉?単語?の選び方が気になるところはあります。
当時、抗菌や抗炎とかの医療用語はあったのかしら?とか。
まぁ、私の知識不足なだけかもしれませんが、
江戸時代には不釣り合いな感じはしました。
そういう気になる、があるのだけ難点かなー。


現在、11巻まで発売されてて全部読みました。
ただ、刊行が遅くなってて、2017年から新刊が発売されてない。
他のシリーズも並行してるせいかもだけど、続きが気になるので、
早く出してほしいです。








IMG_5577.jpg


相田みつをさんかっ!っていう・・・・突っ込みを入れたくなるような題名のアンソロジー。
超大御所さん達の忍者モノ。
やはり山田風太郎さんが格別。エロさとか戦闘とかグロさとか。








コメント
この記事へのコメント
>pepperさん
まいど!

基本的に株終わった15時から読んでます。
ボンズ介護のため出かけられないし、テレビはほとんど見ないので、
寝るまでずっと読書時間ですね。
最近、老眼が進んだので前より読む速度は落ちてますが・・・

読む本はその時目についたものや、amazonなんかで評価が良いものでしょうか。
だいたい、下調べとしてあらすじを見たりして、図書館で予約して借りてます。
2019/06/14(金) 09:06 | URL | 緑荻 #-[ 編集]
まいど!!!

いつもながら、沢山本を読まれてますよね。
色々忙しいと思うのですが、読書時間を作られてる事にいつも尊敬しております。

ちなみに、読む本ってどうやって選定されているんですか?
図書館のオススメとかでしょうか?
2019/06/14(金) 08:14 | URL | pepper #6o342fbE[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する