日常生活・愛犬・漫画・ゲーム・小説・映画などハマリモノの紹介&感想

2018/101234567891011121314151617181920212223242526272829302018/12

5,20日暁のヨナ、15,25,30日他記事更新






用事立て込んでて遅くなりました~。

<暁のヨナ 第164話/狙いは>
城外へ連れ出されたヨナ、ユン、ジェハ、ゼノ。
仲間を人質に取られ、不審な動きをすれば遠方からでも狙われるオギの顔色は悪い。

ジェハに向かって言う。
「あんた強いんだろ。それなら大丈夫だよな」

ジェハは気配をようやく察し、囲まれたと知り城へ戻ろうと、敵に暗器を投げるが当たらない。
向かって行ったゼノが捕えられ、ユンの喉に刀を突き付けられる。
それを見たオギは、四龍じゃなくただの子供だと言い募るが、
上半身を一文字に斬りつけられてしまう。
「ご苦労だったな、情報屋。こいつらは戒帝国に連れていく」

彩火城では、キジャとシンアがジェハとゼノの気配が遠いのを感じた。
そこにテジュンが部屋に入ってきて、ヨナ姫が城内にいないとハクとキョウガに言い、
キジャも気配が遠いことを話す。

母上の屋敷にいたはずなのになぜ・・・と不思議がるキョウガ。
オギが訪ねてきたと聞き探しに出る。

ハクは城外でオギが倒れているところに仲間が寄り添っていた。
「何があった?」ハクが聞く。
「黒い外套まとった集団がオギを斬り、赤い髪の少女と四龍ってやつらを連れ去った」

空の部族の駐屯地を訪れたキョウガ、ハク、キジャ、シンア。
「どういうことでしょう?ここには来てませんよ」

ハクやキョウガから戒帝国にヨナ達が連れ去られたと状況を説明される。
先日のクエルポとの戦で四龍の能力を目の当たりにし、目をつけられたと・・・

ケイシュクは言う「あの能力が戒帝国に渡った」
キョウガは言う「戦を前にして・・・」

「姫さんと仲間は俺らが取り戻しに行く」
千州へ乗り込むというハクに、ケイシュクは反対した。
残る四龍も絶対狙ってるし、罠をかけてでも手に入れようとするはず。
だが、ハクは1人でも行くと言う。

「勝算は?」
千州は広いし情報も不足。
クエルポは必ず再び大軍を率いて侵略してくる。
いくら雷獣でも1人でそこを突破できるとは考えにくい。

ケイシュクがハクを止めるのに疑問をもつ。
「参謀様にしてみりゃ俺や姫さんが消えた方が都合がいい。
姫さんがいなくなって自分が手を下す手間が省けたと?」

さぁ、そこはどうとでも思うがいい。
だが私が本当に成し遂げたいことはこの国を必ず勝利へと導く事。
四龍の力が敵国に利用されれば高華国もただでは済まない。
助けないとは一言も言ってない。
お前らだけでは無謀だと言ってるのだ。

「むろん、我々だけでも困難だ。利害は一致してるのではないか?雷獣」


ハザラの城では牢に入れられ、ジェハとゼノは鎖で繋がれていた。
そこへゴビがクエルポを連れてやってくる。
ヨナ姫だけ牢から出すゴビ。

ヨナ姫に危険が迫った時、四龍の中から龍の化身が昇る。
ヨナ姫を少し切り刻めば彼らの龍が発動する。
「御覧あれ!」
と刀を振りかざし、ヨナに迫るゴビ。
ジェハのヨナ!という声が響く。

が・・・ヨナのゴビへの飛び蹴りが決まる。
「ほぉ」




ヨナ、飛び蹴りの技の難易度が上がってるー!
というか武闘派になってきちゃいましたね・・・かっこいい。
だけどひ弱な神官だから通じること、クエルポ相手じゃ無理でしょう。

まさかの共闘になりそうです。
ここでスウォンに知らせが行くと思うんですが、スウォンは四龍の能力をアテにしますかね・・・?
アテにして戒帝国と闘いますかね・・・?
それが疑問です。

ケイシュクやキョウガはすっかりその気だけど、どうだかなぁ・・・

先が読めず、どうなっていくのか分かりませんね。



ですが、次回11/5です・・・・

コメント
この記事へのコメント
>プッキュー飼いたいさん
こんにちは。

私も買って運転信号待ちにペラっと見たところが最後ページのあの飛び蹴りで・・・
「えー!?」と独り言発しました。
驚きの方が強かったです。

スウォンやケイシュクの辺りの謎は解き明かされるんでしょうか。
そのまま進みそうな気もしなくはないし、それならそれでいいとも思ってます。
戒帝国全体で高華国を相手となると分が悪くなるし、そんなに話を広げちゃうと収拾つかなくなりそうな・・・

1巻冒頭をどう解釈するか、にもよりますが、
ヨナ姫であって、ヨナ王ではない。
妄想できる部分はまだ多いですよね。

あまり壮大になりすぎると間延びするので、綺麗に進んでくれるといいですね~。

2018/10/07(日) 21:27 | URL | 緑荻 #-[ 編集]
本屋で立ち読みしていて、危うく爆笑しそうになりました。クリーンヒットとはこのこと。そりゃ、四龍も唖然とするわ!
しかし、これからどうなるんでしょうね?北戒と戦にはなるんでしょうけど。
スウォンにも謎が多いですし、全てが明らかになるまで、まだまだかかりそう。ケイシュク参謀も最初から出ているにも関わらず、今回が初見せ場状態だしなぁ…
敵って追い詰められると強くなるんですよね。北と南の戒帝国が組むとか、高華国の南のどちらかでで反乱が起きるとか…
1巻の最初の描写から考えると、スウォンがそのまま王座にはいなさそうな気もしています。
2018/10/05(金) 22:50 | URL | プッキュー飼いたい #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する