日常生活・愛犬・漫画・ゲーム・小説・映画などハマリモノの紹介&感想

2019/04123456789101112131415161718192021222324252627282930312019/06

5,20日暁のヨナ、15,25,30日他記事更新






最初は図書館で借りました。
しかも、単行本のやつです。
(現在連載中の文庫は予約がつまってました)




IMG_5685.jpg



人さらいに遭い後宮に‘売られた’猫猫(マオマオ)。
字が読めることも薬師としての知識があることも隠して、2年経てば奉公期限が終わり家に帰れる、と、
その時を黙々と働き過ごすつもりだったが、妃の子供達が死ぬ事件が起こり、こっそり原因を究明する。
それに気づいた宦官の壬氏が、‘使わないのはもったいない’とばかりに、
帝に寵愛されている妃の‘毒見役’に抜擢する。


そこから猫猫の受難が始まるわけですが・・・・
花街育ちなのでたくましいうえに、冷淡なところもあるのに、意外とお人好しで、
薬や毒が絡むと見境なく知識欲が溢れ・・・・というキャラがなかなかいいんです。
宦官の壬氏は、超絶綺麗な顔で、仕事も出来る男なのに、
猫猫によって残念な性格が顕わになってきて、それがまたいい。

ネット投稿作品ってことで、やや素人感ある文章だけど、
それも気にならないくらいテンポも良く面白い!
登場人物の名前が中華的にベタ過ぎるけど、覚えやすくていいかも?

えー、1巻だけじゃ先が気になってしょうがないじゃないのよー。
と思って図書館で全部予約しようと思ったら、全巻は揃ってない。
マジか・・・これはストレスになりそうだ、ってことで、買いましたw
予約を待つのすらもどかしかった。


IMG_5687.jpg



全て新品購入です。

絵はイマドキな感じになり、挿絵やカラー絵もある。
何より加筆修正がすごくて、素人感は全くなくなってます。
言葉(単語)もきちんと選び直され、補足を増やし・・・謎解きも増えてました。
同じ作品でも印象が随分違う。
完全に作家となって成長されておりました。

デビュー作でこちらの文庫版なら、素晴らしい才能です。
久しぶりにライトノベルにハマってしまった感じ。

中華謎解きなジャンルでしょうか。
成長モノではない・・・はず?
健気でまっすぐな主人公とは言いがたい部分がありきたりではなくいいですね。
(まぁ、最近ライトノベルは読んでませんが)

薬屋の猫猫がきちんと弁えつつ対応してるのに、壬氏がね・・・粘着でね・・・w
哀れと言うか、不憫と言うか、いろいろ笑いを誘います。

この2人の関係が気になってしょうがなくて、おまけに謎解きも面白くて一気読み。
後宮のドロドロ、外政、内政、人事、公害、暗殺未遂や拉致、と盛りだくさんで、
ハラハラ、ドキドキ、キュンやニヤリ、クスッな場面もある。
飽きさせない展開になっていて、バランスがとても良い。
すごくいい作品だと思われます。

文庫版(ヒーロー文庫)にして正解じゃないかな。
挿絵あったり、今回のイラストの方が作風に合ってる。
作家さん自身が、書籍版は1度打ち切られてる、と呟いてたけど、
そういうことなのかな?

漫画化もされてるけど、2つの出版社から発売されてるんですよね。
これ、どうなってるんだろ?

小説は間違いなく継続。
早く新刊出てほしい。
それまではネットで公開されてるので我慢します。
(私は紙派)

猫猫は、妓女仕込みですよね。
そちら方面で自信あったっぽい、‘そこそこの蛙’をお持ちのお方との対決見たいですね!
是非そこまで書いて頂きたい。

少し気になることがあるといえば・・・ちょっとしたことなんだけども・・・
◯◯を人名だとすると、
なかなか◯◯は手が早い、という、なかなか、の使い方。
◯◯はなかなか手が早い、じゃないのかな。
こういうのが結構多くて、
原文→私的文章だとすると、

思わず◯◯は睨んだ→◯◯は思わず睨んだ
妙に◯◯は早い→◯◯は妙に早い
口を最初に開いたのは→最初に口を開いたのは


この作品だけでなく、最近目にする本にもよく見られる。
時代?流行?こういう文法だったのかなー?
私が忘れてるだけ?とモヤモヤする事が多いのです・・・







コメント
この記事へのコメント
>pepperさん
まいど!

テンポがかなり良いので読み飽きたり中だるみすることがありません。
設定が嫌いじゃなければ一気読み確実ですよー。
漫画化されてるので、内容をお試し的に読むのもアリかな、と。
私は原作主義なので未読ですが。


時代なんですか?
そっかー。
ライトノベルだけでなく、時代小説、歴史小説、など結構お堅いジャンルでも見かけるんです。
気になってしょうがないけど、時代なら慣れないといけませんね。

私自身、ブログに文章打つ際はそこでいつも悩みます。
2019/01/10(木) 19:33 | URL | 緑荻 #-[ 編集]
まいど!!!

>予約を待つのすらもどかしかった。
爆笑しました(笑)
待ってられないくらい面白かったんですね!!!
私も読んでみようかなぁ~。

>時代?流行?こういう文法だったのかなー?
時代だと思いますよ~。
ライトノベル系から始まったと思われるのですが、気が付けばこういう表現が多いですよね。
内容だけではなくこういう表現にも個性を!みたいな事かな?と思うようにしています。
2019/01/10(木) 16:03 | URL | pepper #6o342fbE[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する