日常生活・愛犬・漫画・ゲーム・小説・映画などハマリモノの紹介&感想

2019/051234567891011121314151617181920212223242526272829302019/07

5,20日暁のヨナ、15,25,30日他記事更新






今まで間違えてました。
クエルポじゃなく、クエルボだったんですね・・・
今頃気づきました、すみません。


<暁のヨナ 第170話/最前線>
雷獣が現れたと知り、クエルボは最前線に向かう。
「その男は俺が仕留める」と剣を取ろうとするクエルボに千州軍の士気が上がっていく。

ジェハvsキジャ。
お互い‘加減’しつつ蹴り合い、殴り合いをしているのをシンアが見て焦る。
「よそ見してちゃダメだから青龍」
とゼノがシンアに殴り掛かる。
倒れたシンア。
そのまま縛れという千州軍の監視役に、ゼノはまだぴんぴんしてるからダメだと言い、
倒れたシンアに馬乗りになる。
「剣を抜いて」
「嫌だ」

シンアの胸ぐらをつかみ顔を寄せ、小声で言う。
このままでは青龍達まで千州軍に捕まる。ユンとヨナが人質に取られてて命令に逆らえない。
機会を待つために時間を長引かせるんだ・・・と諭すが、やはりシンアは「嫌だ」と答える。

敵には反撃するが、ゼノを殴ったり蹴ったりするのは嫌だ、と。
殴っても蹴ってもどーってことないんだから、時間稼ぎのためにやれ、と迫るゼノ。
でも絶対嫌だと拒否するシンア。

「一方的に俺に殴れってのか?」「それは別にいい」
「言っとくけど俺の腕そろそろ攻撃力なくなるから!単なる非力な腕になりかけてるから!」

お前が殴ったり蹴ったりしないと力が出ない・・・と叫ぶゼノの声を近くで聞いてたジェハは、
肩を震わせ、笑いをこらえていた。
「こっちは結構マジでやってるのにお兄さんを脱力させないで・・・」


千都ハザラの城では、ヨナが脱出の機会をはかっていた。
そこへクエルボの奥さんが食事を運んでくる。
「クエルボ様は従う者には寛大なお方。しかし刃向かえば罰を下されますよ」
「クエルボが帰るとは限らないわ」
ヨナのその言葉に顔色を変える奥方。

クエルボは戦女神ティティア様に代わり、トゥーリ族の軍を率いるようになって、
ただの一度も負けたことはない。
「高華国の誰だろうと討ち取ることなど出来ない」
「いいえ!」
強く反発し、ハクの武勇を語ろうと思ったヨナだが無意味なことに気づく。
奥方も取り乱したことを謝り、ヨナと向かい合わせに座る。

捕虜にとても丁寧に接するのを不思議に思うヨナ。
「あなたはトゥーリ族の女王にあたる人でしょう?」

クエルボはヨナを新たな戦女神にすると言った。
それは王の次に尊いお方を意味する、と。それに・・・
「第一の妻が第二の妻の世話をするのは習わしですから」
「・・・何の話?」

ヨナはクエルボのそばで休んだことにより(鎖で繋がれてたヨナを見張りがてら寝てた)
そういう立場と誤解されているようだ。

クエルボはヨナといる時楽しそうだったから、よほど気に入ったんだろう、と話すが、
ヨナは思い違いだときっぱり言う。
「私は高華国の人間、トゥーリ族の戦女神にはならない。
仲間を人質にする王の女神などには死んでもならない」
「ではそのようにお伝えなさいませ」

そこへゴビ神官が入って来る。
「ヨナ姫と四龍にとても興味がありましてね」


「よぉ、お前がハクか?」
たくさんの千州軍兵の屍の中に佇むハクの前に現れたクエルボ。
テジュンが敵の総大将だと声をかけるがハクは返事すらしない。

「聞くがヨナはてめぇの女か?」
「は?いきなり目ェ覚める大間違いかましてんなよ、クソが!」

テジュンは、お前がヨナ姫と緑龍・黄龍を攫ったのか?と聞くと、
ハクや、火の部族兵が一気に殺気立つ。
「我らを守護する四龍と赤い髪の姫を・・・」
「許さん」
「返せ」
「あれは高華国の神ぞ」
と声がかかる中、「四龍とあの女は俺が貰う」と宣言する。
即座に大刀で向かうハク。「誰が誰をもらうって?」
物もたいに扱うんじゃねぇよ、とハクは続けざまにクエルボへ攻撃をする。
「仲間と姫さんはどこだ?」
「姫さん?」
クエルボはヨナに‘姫さん’と呼びかけ拒否されたことを話す。「なぜだ?」
「俺に分かるわけねーだろーが」




クエルポだと思ってた・・・どんだけ長い間間違えてたんだ・・・
戦だけじゃなく、ハクとヨナの微妙な恋愛も微妙に進みを見せてる感じになってました。
でもハク、死にそうだよ・・・満身創痍だよ・・・

クエルボ奥方、ユーラン、きれいな女性でしたね。
ゴビが相変わらず嫌な感じではあるけど、奥方はそうでもない・・・
ヨナが助かる、とか、何かのキーマンになりそうです。

ヨナと一緒のアオが癒しだわ~。

にしても、攫われる→救出、のパターンはもうこれでやめてほしい。
確かにそういう危機が多いとは思うけども、国と国、人としての変化を表すときに、
毎回戦ではこちらの気持ちも萎えてしまう。
それが一番分かりやすかったとしても、です。

まぁ、そろそろ佳境だろうし、こういうのも最後かも~とは思うんですが、
日常的なほのぼのがそろそろほしいんです!
番外編とか挟むパターンかなぁ・・・



次回は、2/20です。
29巻は4/19発売。



コメント
この記事へのコメント
>承認コメント様
お教え頂き有難うございました。
まだ癖が抜けてなかったみたいです。
修正致しました!
2019/02/26(火) 16:10 | URL | 緑荻 #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2019/02/25(月) 13:10 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する