日常生活・愛犬・漫画・ゲーム・小説・映画などハマリモノの紹介&感想

2020/02123456789101112131415161718192021222324252627282930312020/04

月日が流れるのが早いような、ゆっくりのような日々






後宮の烏と威風堂々悪女です。
(下鴨アンティークもあります)
挿絵がないのでラノベじゃないと思うんだけど・・・
どちらも後宮ものです。





後宮の烏/白川紺子著
IMG_6211.jpg



こちら、かなり評価が高い。

夜伽をしない、人前に出ず後宮でひっそりと住む烏妃の寿雪。
訪れた人達の失せ物探しや招魂、呪殺などをしてると言うが、噂の域を出ない。

そこへ慣例を破り、帝の高峻がやって来る。
翡翠の耳飾りを出し、「落とし主を探してくれないか?」
交わることがなかった2人だったが・・・



世界観もその背景もとても良くできています。
いやー、秀逸な作品で、評価高いの納得ですよー。
早く読めばよかった!

先々帝に滅ぼされた前王朝一族の生き残りの寿雪は、
幼少期に苦労し、突然、烏妃候補になったので、
人との接し方もまだ分かってないし、機微にも疎い、世間も‘知識’としてしか理解してない。

今帝の高峻は一度皇太后に廃太子されて不遇の幼少期を過ごし、
帝位を取り戻しため、弱みを見せないようにしてたせいで自分に厳しい。

2人の共通点がいくつもあり、ある意味同士っぽいんだけど、
元々は滅ぼした側と滅ぼされた側で、対極な位置にいる。
少しずつ、思いやったり歩みあったり、人と接していくうちに、
変化していく心情なども上手く書かれていて入り込みやすいです。

寿雪が‘人と交わって暮らしてはいけない’と先代烏妃に言われてたから、
周囲に人が集まってくることに戸惑いを覚えつつ、
それでも見捨てられない優しさがあります。
単なる‘ツン’じゃない、魅力的な人物像でした。
その魅力に気づいてる高峻が、どうしたら傷つけずに寄り添えるかを、
帝としてあれこれ無意識に模索してる姿も微笑ましいんですよね。

基本的には謎解き?推理?
毎回、誰かが烏妃のところへ訪れ、探し物をしてほしい、
幽鬼を救ってあげてほしい、と願い事を頼み、それを受けた烏妃が解決に乗り出すというのかな・・・

根底には、やはり歴史的背景が根深くあって(ネタばれなので詳細は書きませんが)、
それがまだまだ続きそうな感じなので、継続決定です。
(現在は3巻まで発売。もちろん買ってます)







過去作品は図書館で借りてみました。

下鴨アンティーク 全8巻
IMG_6573.jpg


古美術商の兄とその友人の居候と3人で暮らす野々宮鹿乃。
旧華族ということで敷地内に蔵があり、着物などが入っていた。
1年前に亡くなった祖母が管理していたが、そろそろ虫干しなどしないといけない・・・
「開けてはダメ」と言われてたが・・・


着物にまつわる不可思議なミステリーって感じ。
主人公自身も着物が好きで、多少の造詣が深い。
着物の柄が変わる変異があったりして、それを‘どう戻すか’が作品の主体です。
あちこちから頂いたり預かったりした着物なので、それぞれ前の持ち主を訪ねたりするので、
基本的には1話1話完結してる。
ただ、人間関係や恋愛面だけは作品の背景として繋がってます。

かなり面白かったです。
かなりファンタジーな世界でしたが、たぶん、ミステリーで通るんじゃないかと。

こちらも基本的な世界観や背景がしっかりできていてます。
そして、この作者さんは心の機微の書き方が上手だなーと。

兄の葛藤、妹の苦悩、友人の傷、いろんなことが混ざって現況があるんですが、
そこらへんが違和感なくすんなり入ってきて、また解決方法も納得いくような運び方でした。

本編は7巻までで、8巻は外伝みたいな感じ。
続き、読みたいです。
最後の方に登場する幸と良鷹の行方が気になる。

これももっと評価されてもいいかなー。
ドラマ化が向いてそう。









威風堂々悪女/白洲梓著
IMG_6212.jpg



この方のデビュー作、‘最後の王妃’は持ってます。
内容的に惹かれる部分はあったものの、盛り上がりが少なく、
可もなく不可もない、普通の小説となっていてちょっと残念だった印象。
(たぶん過去記事があると思います。感想はいまと違うかもしれない)
恋愛事情の話があるのに、心理描写やときめきがない!

それから単発を数作品書いて、ここにきてようやく連続モノとなったようで、
評価もよかったため気になってました。



瑞燕国で最下層とされる尹族の少女、玉瑛は尹族国外追放の勅命により、
下女として働いてた屋敷を出され、山中を彷徨う。
だが、騎兵に斬られてしまう。
かつて謀反の罪で尹族差別の元凶となった、
皇帝側室の雪媛を恨みながら、意識を失うが、
取り戻した時、その雪媛となっていた。


という、中華生まれ変わりファンタジーです。
自分が恨んだ相手に生まれ変わる、
しかも時代を遡って、という、面白いパターンです。
タイムスリップと生まれ変わりが同時に起こる中華ファンタジーは初めてでした。

自分を斬れと命令した大将軍の青嘉は、生まれ変わった先ではまだ下っ端。
皇帝も父親世代で、働いてた屋敷の主人も生まれたばかり。
元玉瑛、今の雪媛は復讐に燃えてますw


謀反失敗→尹族差別が始まる、という構図なので、
それを防ぎ、成功させるため策も巡らせてます。
なんたって、未来からきたから、先のことが分かるわけで・・・

そして青嘉側にも異変が起こり、この2人の距離も縮まってくる。
恋愛描写、とても上手くなってます!!
ドキドキもハラハラもある、切ない展開がよく書けてる!

作家さんの成長を見た気がしました。
内容も先が読めず面白くて、これは継続しようと慌てて最近出た2巻も購入。

中が玉瑛の雪媛って(ややこしいな)、自分が最下層の身分で虐げられてきたから、
そういう人達に優しいんですよ。
かと思えば、権力を得るために非道なことも出来る。
だけど、やはり根が優しいから、高飛車で嫌な女ってとは言い切れないんです。




私って、後宮ネタ好きなんですねぇ。
ずいぶん先の紹介になるけど、今、図書館で借りてるのも、
宮廷神官物語と紅霞後宮物語だし。
(おかげでいろいろ名前がごちゃごちゃしたw)


宮廷が好きなのかな・・・
あ、でも大奥も好きだからな・・・

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する