日常生活・愛犬・漫画・ゲーム・小説・映画などハマリモノの紹介&感想

2019/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312019/11

月日が流れるのが早いような、ゆっくりのような日々(10/3)






恒例の年1回の旅行です。

今年は、<割烹の宿 いま井>さんに泊まってきました。
新潟にいくつかある五十嵐邸という結婚式場や料理のお店の系列です。



新潟駅で待ち合わせし、私の車でまず月岡方面へ。
一般道で1時間弱と近い立地です。
同じエリアの‘月岡わくわくファーム’内、農家レストラン‘ぶどう畑’でランチ。

と言っても、私は朝早く起きて食べてたのであまりお腹が空いてないし、
着いた時は2時だったので、夜ご飯考えて、私は抹茶パフェ、
他2人はこちらを頼んでたけど、野菜がおいしそうでした。

IMG_6282.jpg


IMG_6283.jpg


パフェなんていつ以来だろう・・・
外食しないから食べる機会が全然ないんですよね。



ここはあと野菜売り場があったり、なぜかうさぎと触れ合える場所があったり・・・と、
まぁ、かなり地味めなんですけれども、長いブランコがありまして・・・

IMG_6284.jpg



横に長いw
都道府県のプラがかかってて、みんなで一応乗ってみました。




IMG_6290.jpg


いやー、ブランコもいつ以来でしょうね・・・?



そうこうしてる間にチェックインの時間になり、車で1~2分で宿へ。
案内され、こじんまりと綺麗なラウンジに行き、お抹茶を頂けます。
ここはデロンギで入れるコーヒーも飲み放題です。


大好きなハンモックがあり・・・
また乗るw

IMG_6448.jpg

揺れまくってバカ受けしてる私です。



部屋も広かったのですが、館内も広かったようです。
あまり廊下を歩く機会がなかったのですが、人に会う事も少なかった。
元々あまり部屋数がないせいかもしれません。

IMG_6444.jpg



温泉はイオンの臭いがすごいんですが、美肌効果もすごいんです。
お湯がトロリとしていて、風呂上がりはしっとりしてました。
元々、月岡温泉が‘美人の湯’という名前でアピールしてるので、
その通りといえばそうなんですけどね・・・
長期滞在したら、現在悩ましい私の超肌荒れトラブルもよくなったのかもなーと。

露天と内風呂があり、気候もいいので露天しか入りませんでしたが。


夕飯は基本部屋出しのようですが、この日は余裕があったみたいで、
目の前の空室で準備してくださいました。


IMG_6446.jpg


色目は派手ではないけど、味は美味しく、珍しい料理が多かったです。
ハモってこちらではあまり出ないのに、出てきて嬉しかった。
でもって、母も母親友もその娘も食べなくて、全部私が頂きました。
数年分のハモ食べたかもw

肉~!とか魚~!みたいなのが少ないっていうか・・・
野菜をうまく調理してあるようで、若い人向きではないけど、
40~80代には良かったんじゃないかなと。

それでも、先付、前菜、お椀、御造里、焼物、温物、
酢物、ご飯&お味噌汁、があったので、お腹膨れまくりです。


でもって、コーン&ほたてご飯が最高でした!
デザートは、天の川豆腐(☆はかぼちゃ)、ルバーブムース、
ビワのコンポートです。

誕生日の母にはドリンク1杯サービス頂きましたよ。


朝も美味しく、ご飯を小盛で3膳食べて動けなかった。
IMG_6383.jpg



帰りの玄関でいつもの4ショット
IMG_6447.jpg


この後、20分くらいのところの瓢湖へ。
何年か前にも行ってます。


毎年、ハクチョウ到来の時期に必ずテレビで中継される場所です。
飛べなかったハクチョウが数羽いました。
IMG_2098.jpg


紫陽花がすごく綺麗で写真撮ってたところを撮られてたの図
IMG_2117.jpg


珍しいドピンクのもありました。
可愛かった
IMG_6395.jpg




この瓢湖から徒歩30秒くらいのところに、‘しょこら亭’
というチョコレート専門店があります。
店内でもかき氷など食べられるし、チョコだけじゃなく焼き菓子もありました。
新幹線の時間があったので、長居出来ず、店内では食べられなかったのですが、
アイスを買って、車で食べました。濃厚で美味しかったです。





そんなんで天候に恵まれ(ちょっと暑かったくらい)、楽しい旅行となりました。




余談
川沿いや崖下などの宿じゃないから、今年は天気悪くても安心~とか思ってたのに、
晴れて通り雨すらなく、この天気がなんでよりによって今年だったんだ?と思わなくもなかったです。
立地が危険な宿の時はいつも雨なのに・・・
まぁ、毎年梅雨の時期の旅行だから、こればかりはしょうがないですね。


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する