日常生活・愛犬・漫画・ゲーム・小説・映画などハマリモノの紹介&感想

2019/11123456789101112131415161718192021222324252627282930312020/01

月日が流れるのが早いような、ゆっくりのような日々(10/3)






2019年8月、いきなりの別れでした。


夜、いつもより少し徘徊が多いかなという程度で、朝は普通に起き、
トイレもして、ご飯もしっかり食べて・・・。

かねてから心臓を患っていて薬を飲んではいたんだけど、
ここ数ヶ月、フラフラして突然パタンと床に倒れることが多くなり、
その都度、意識がはっきりするまでは抱きかかえていました。

その朝も同じ発作が起きて、すぐ抱きかかえて撫でながら待ってたのに、
いつまでも浮上しない。
それどころか動かない・・・・

ドッドッドじゃなく、最近ずっと聞こえてたドドドドという激しい心臓音も感じない。

「舌が紫になってきた」というダンナ様の言葉で、意識呆然状態から、
急に失う恐怖心が起こり、慌てて病院に電話したけど、その時点でもうダメだったんだと思います。
スリング(抱っこ紐)に入れる際にも、目は開いたまま、されるがまま・・・

泣きながら病院へ行き、臨終を告げられても、まだ信じられなくて・・・
処置をしてもらい、連れて帰ってきました。

まだ温かく、寝てるだけのようで・・・
冷たくなってきても、かたくなってきても、受け入れられず、
最後の夜を過ごしました。

夏だったので保冷剤をしても、家にずっと置いておくわけにもいかず、
翌日、私とダンナ様とボンズ兄で葬儀場へ行き、骨をみんなで拾って連れ帰り、
甘えん坊のさびしがり屋のために、居場所を作って・・・



15年間、家族でした
DSCF0174.jpg



迎えに行った帰り道の車の中で、段ボールをバリバリと食い破って出てきた時、
ダンナ様と私とボンズ兄があまりの音にビックリしたのを思い出します。
「返す・・・?」
2004年7月、我が家の子にしようと思って1時間足らずの出来事でした。


少しずつ慣れてきて
DSCF0358.jpg



兄とシンクロな寝相をしてた時は、感動し、
仲良くなれるかも?と期待してたけど
DSCF0419.jpg


DSCF0432.jpg


DSCF0454.jpg



やはり仲は悪く
DSCF0984.jpg


いつの間にか兄の体より大きく
DSCF1010.jpg

甘えたりもして
DSCF1447.jpg




散歩も大好きで東京住んでた時には葛西臨海公園によく行ってました
DSCF1569.jpg



近所の土手沿いも
CIMG1778.jpg



夏には何回も九十九里へ
DSCF2482.jpg

DSCF3831.jpg


日向ぼっこも好きで
DSCF4544.jpg

DSCF4934.jpg




2008年、新潟に来て、少し大人になったかと思いきや
CIMG1959_201908191352006a5.jpg



CIMG0642.jpg



ボール遊びが大好きで
IMG_1634.jpg

IMG_1495.jpg


お出かけも好きで
IMG_1603.jpg


CIMG1230_2019081914342004d.jpg




海が好きで
(遠浅ではないのであまり行かなくなりましたが)
CIMG2678_20190819135903b81.jpg

CIMG5280_20190819135906503.jpg


日向ぼっこも好き
CIMG5185_201908191359054c9.jpg

CIMG5801.jpg



信濃川沿いや鳥屋野潟もお気に入りでした
CIMG1928.jpg

IMG_1140.jpg

CIMG3565_20190819140738a8d.jpg




怒りん坊で吠えたり咬んだりいろいろやらかしてくれましたが
IMG_2223.jpg


IMG_3734.jpg


IMG_5013.jpg




寝るときはくっついてることが多く甘えん坊でした
こちらはリビング
IMG_6674.jpg

夜、寝る時は左側
IMG_6673.jpg


右側は兄
IMG_6671.jpg

挟まれて寝ることがなくなり、左側が寂しいです。
下の2枚は、7月末、兄と弟と私で一緒に寝てる最後の写真となりました。


1年半ほど前から痩せてきて・・・
6.3kgだった体重は亡くなる1週間前には4.6kgに。
食べても量が多かったり、高カロリーだとお腹が緩くなりました。

今年に入ってからは足腰がさらに弱くなり、少しずつボケも出て、
GWの帰省の際には水も飲まずご飯も食べずで繰り上げて新潟に戻ってきたり。

ちょっとずつその日がくるのを教えるように・・・
徘徊が増え、歩いてる途中に引っ掛かったまま寝てたりして
IMG_4613.jpg


喧嘩がなくなり兄と穏やかな日々を送れたと思います
IMG_5875.jpg



寝たきりになるのを覚悟していたので、動けるうちに亡くなるとは、
全く思ってもいませんでした。
覚悟と現実は本当に違う。現実はより厳しい。


されるがまま、何をやられても怒らない、咬まない、反抗しない。
可愛いおじいちゃんになってて、もっとお世話をしていたかった。


2匹分が1匹になるとこんなに違うのかと痛感してます。

とはいえ、兄がまだ17歳で、目が見えないだけで頭も足腰もしっかりしてるので、
寂しさや悲しさを抱えながらでも、一生懸命やらなくてはなりません。

その日が遠くならいいと思ってはいるけど、年齢的にもいつお迎えがくるか・・・
てんかん発作もあるし、脾臓拡大もあり、最近は咳もひどいので、
目が離せないことに変わりはない状態です。



いまだ、過去の画像を見ながら心の整理をつけている最中・・・
喪失感いっぱいで、日々の生活に慣れません。




ダンナ様、私、ボンズ兄がいる時が最期だなんて、親孝行な弟です。

IMG_2883.jpg